三井住友VISA太平洋マスターズ 2018

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

和製ケプカ!! 額賀辰徳が初勝利

今季13人目の初V者は、プロ13年目の34歳。誰もが羨む飛ばし屋が、やっと悲願のタイトルを手にしてポカンとした。「これまで何度もチャンスがあって、その都度これかな、あれかなとやって打ちのめされて。今まで色々やって全然ダメで」。 そのわりに、その瞬間は、あっけなく訪れた。 「今日は順位も、何も見ずにやって。これを入れたらかなりいいところに行くなという感触はあったがまさか、あれで優勝とは」。 1 ...

秋吉翔太はまた自滅に涙

溢れる涙に、しばらく声を失った。「また自滅して負けたのが本当に悔しい」と、声を震わせた。  ...

松山英樹は46位に終わる

サンデーチャージは、スタートから不発に終わった。右ラフから約1メートルにつけた絶好のバーディパットを外すと、その後は思うようなチャンスにも恵まれないまま、「ミスが先にスコアに出てしまった」と、4番のパー3では池ポチャのダ ...

藤田寛之が“特等席”で「最高に素晴らしかった」

伸び悩む松山の隣で気を吐いたのは、地元静岡県在住のベテラン。  ...

DAY 3

第2ラウンドが終了。秋吉翔太が賞金王争いに割り込むチャンス!

雨が上がった。霧も晴れた。9時から第2ラウンドの再開は雲の割れ目から一瞬、富士山も清々しい顔を出した。ちょうど見上げる13番のパー3からリスタートした秋吉。 6Iのティショットは3メートル弱についた。 「あんまりないような状況の中、いい形で再開できた」。 前日に7ホールを残した第2ラウンドの最終18番パー5は184ヤードの2打目を6Iで、同組の3選手の中でも、もっとも近いイーグルチャンス ...

売り切れ御礼!!

三井住友VISA太平洋マスターズのピンフラッグは、用意した1000枚すべて完売しました。  ...

黄重坤が「今日は長かった・・・(笑)」

すっかり覚えた日本語で、とぼけた。  ...

今平周吾は、秋吉さんを止められるように頑張る?!

リーダーと共に臨んだ3日目のヒーローインタビューで言った。「秋吉さんに負けないように頑張ります」とは、当の秋吉に促されてやっと出たセリフである。  ...

岩田寛は「ネガティブだけど、ポジティブ」

2日がかりの第2ラウンドは、最後の9番で3メートルのバーディチャンスを沈めてするっと、浮上してきた。  ...

シード復活を目指す額賀辰徳はグッと楽に

生まれ変わった御殿場で、きっての飛ばし屋が本領発揮だ。2日がかりの第2ラウンドで、3位タイにつけた額賀。「今までは、コースにあまりいい印象がなかった」。  ...

松山英樹は8打差から狙う監修V3

2日がかりの第2ラウンドは最後の18番で、左に曲げたティショットが木に当たった。さらに左に跳ねたが「前はあいていたので」。木の間を抜いて、175ヤードから8Iでグリーンを狙った2打目は、ピン5メートルに乗った。  ...

石川遼は2週連続の・・・

過去2勝を誇る御殿場は、松山英樹の提案を取り入れて、改修を済ませて最初の大会。  ...

無料観戦エリアのご紹介

改修を終えたばかりの御殿場で、トッププロたちの熱き戦いが無料で見られる!?  ...

DAY 2

ゲーマー!! 秋吉翔太の過ごし方

午後から降り出した大雨。2日目の第2ラウンドは、12時48分に一時中断となり、再開の時を待ったが天候の回復が見込めず残りは改めて、翌10日土曜日の朝8時からプレーすることが決まった。 「雨の中でもとりあえず、現状アンダーパーでいられるのでまずまず」と、朴と暫定首位タイ並んだ秋吉。 大雨に濡れながら今日中のプレーの再開を待ってくださった大勢のギャラリーのみなさん。 せめてものお礼の気持ちを ...

雨中の6番と11番でバーディ!! 暫定3位の藤本佳則

パー5からパー4に改められた難しい6番と11番で、バーディを奪った。  ...

まだボギーなし!! 暫定首位の朴相賢(パクサンヒョン)

この悪天候の中で、まだひとつもボギーを打っていない。「11番で、4メートルくらいのパーパットを入れてしのげた」。  ...

松山と石川には波乱の2日目

松山と石川には恵みの雨になるのかどうか。共に波乱の第2ラウンドは翌日10日に日を変えて、改めて巻き返しを誓うことになった。  ...

DAY 1

秋吉翔太は「賞金王という夢を」

松山英樹が監修に加わった御殿場。改修後、難易度を増したコースも「僕は前のを知らないから良かった」。 昨年は、繰り上がりの優先リストの1番目で会場入りして出番を待ったが結局、出場は実現しなかった。 「去年、練ランはしましたけどあまりコースは覚えていない」。 パー5から、パー4に変更された6番も11番も、「そういうものだと思って回れた」。 パー72からパー70に変わったタフなコースで余分な先入 ...

★JGTO TV★

★JGTO TV★ではJGTOオフィシャルInstagramやFacebookそしてYou Tubeと連動して最新の映像をお届けいたします。  ...

成績は振るわずとも。3アンダーの薗田峻輔は今年も感謝のパーティへ

今季はまだ、予選通過がブリヂストンオープンの1試合だけ。苦境の薗田が今年も大会初日の競技後に、コースのクラブハウスで行われたボランティアパーティに参加。  ...

松山英樹は自ら仕掛けた罠にはまる?

全面改修を済ませたばかりの御殿場。松山も、監修として設計家のリース・ジョーンズ氏に意見を出した。6番と11番は松山の提案で、パー5からパー4に改められたホールだ。  ...

朴相賢(パクサンヒョン)は松山との再戦を所望

今週、最終戦を迎える韓国ツアーで賞金1位。賞金王は、もう間違いない。そして、アジアンツアーでも現在2位。  ...

PREVIOUS

今週の大会ピンフラッグは5日間で1000枚限定!!

今季国内初戦に帰ってきた松山も大々PRだ!! 今週の大会オリジナルピンフラッグは5日間で、1000枚限定だがこの日水曜日のプロアマチャリティートーナメントですでに300枚が飛ぶように売れた。 さらなる売り上げを期して、松山のサイン入りピンフラッグの撮影会を始めたら「何やってんだ??」。 たまたま通りかかったのは、大学の大先輩。 ぜひ池田も一緒に、ということになった。 2人並 ...

賞金1位の周吾はぶっつけ本番でも大丈夫?!

水曜日のプロアマ戦。周吾のそばに、いつもの饒舌な相棒はいなかった。代打をつとめてくれた競技アルバイトさんを連れて、静かなラウンド。  ...

石川遼は金メダリストと「贅沢な時間」

この日のゲストは百獣の王と、霊長類最強女子。7日水曜日に行われたプロアマ戦を、2人のメダリストと過ごした石川は「贅沢な時間」。  ...

2年ぶりのV3を狙う松山英樹が会見。「優勝するのが一番」

今週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で今季国内初戦を迎える松山が練習日の6日火曜日、アウトの9ホールを回って感触を確かめた。  ...

水曜日は恒例のプロアマチャリティトーナメント!!

三井住友VISAカードとTBSテレビ、太平洋クラブが主催の三井住友VISA太平洋マスターズは今年も本戦前日の7日(水)に恒例のプロ・アマチャリティトーナメントを開催。  ...

松山英樹が今季国内初戦で、改修後の御殿場をPR

2011年大会は、アマの身でプロの試合を制した。2016年には国内プロ7勝目。今や世界を舞台に戦う歴代覇者が、2年ぶり6度目のコースに、監修者の立場を背負って戻ってくる。  ...

広告