日本オープンゴルフ選手権競技 2018

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

稲森佑貴が日本一の初優勝

日本一曲げない男は、目標にも真っ直ぐだった。 プロ8年目の初優勝を、日本一のタイトルで飾った。 歓喜のガッツポーズは「マイブーム」でキメた。 近ごろ、男子ゴルフではやりの「虎さん」。 コース上の愉快なパフォーマンスが一時期、世界中に拡散された。 「あの勢いが、僕にも欲しい。勝ったら、虎さんみたいなガッツポーズをしてやろうと決めていた」。 韓国の崔虎星(チェホソン)がモデルというVシーン ...

今年もアマが躍動!! 金谷拓実さんは史上4人目、2年連続3度目のローアマに

昨年の2位に続く貫禄の戴冠だった。先週、日曜日のアジアアマで、松山英樹に次ぐ日本人Vを飾って来季のマスターズと、全英オープンの出場権を取ったばかり。  ...

アダム・スコットは通算6オーバーに終わる

全員1番ティから順に出ていくこの日、アダムは最終組がスタートする前に、早々にプレーを終えてしまった。  ...

DAY 3

日本一曲げない男が挑むゴルファー日本一のタイトル

最終日を前に、稲森佑貴が3打差の首位に立った。上がってすぐに、臨んだ記者会見で翌日のプレーを想像して「今から若干、緊張しています」と言った。 「今日は寝酒でもしますかね」と、24歳が冗談めかして笑った。 今週、初めて2オンさせたという距離の長い11番のパー4(492ヤード)で迎えたバーディチャンスに「心拍数が上がって、それまであれだけ暖かかった手が、キンキンに冷えていた」。 ゴルファー日本一 ...

最終日もNHKの生中継でお楽しみください

今年のゴルファー日本一を決める今大会も、いよいよ最終日。今日もNHKによる生中継がすでに始まっている。  ...

初の最終日最終組! 竹安俊也は誕生日ウィークに狙え、夢の初V

首位と6打差から出た3日目に、V争いに飛び込んできた。プロ5年目の竹安俊也。スタートから快調に飛ばした。「今日は、本当にめっちゃ調子が良くて。伸ばしていけるところまで伸ばして行こう」と前半は、5番でバンカーからチップイン ...

梅山知宏へ、アダムから贈る言葉

本年度のゴルファー日本一を決める今大会は、決勝ラウンドからみな、2人組の2サムで1番ティから出ていく。この日、ロープの中で、豪州のスーパースターを独り占めしたのがプロ6年目の梅山だ。そんな誰もがうらやむアダムとの同組ラウ ...

DAY 2

単独首位は20歳のアマチュア!! 

ついに、昨年の金谷さんをしのぐ快挙がなしとげられるのか。大会2日目の競技ももう、終わりに近づいたころ。やにわに、リーダーボードの一番上に座ったのは、つい3日前に二十歳を迎えたばかりのアマチュア。 この時期の午後5時はもうすっかり薄暗い。2メートルのパーパットをしのいで握りしめたガッツポーズを、投光器の薄灯りが照らした。 日大2年の桂川有人(かつらがわゆうと)さんが、初出場の日本ツアーで単独首位 ...

三浦桃香さんの先生!! 日高将史が日本一の舞台でV争い

シーズンも押し迫って迎えた秋の大一番で、今年もまた一発大逆転といきたい。昨年の賞金ランキング75位は、第二枠ながら今季の初シードを果たした日高。  ...

リッキーにあやかれ! 鍋谷太一が首位と3打差

5アンダーで上がって、クラブハウスでばったり出会った同級生と、がっちり握手を交わして健闘を誓った。  ...

イーブンパーに後退したアダム・スコットはお買い物でリフレッシュ

2日目は、4アンダーから出たアダムが、まさかの乱調だ。「フェアウェイからスコアを叩いてしまった」と、前半の12番は2打目を左に曲げて、3打目は左のバンカー。寄らず入らずのボギーを先行させたばかりか続く13番では痛恨のダブ ...

昨年覇者が予選落ち。池田勇太は通算11オーバー

通算11オーバーで、予選落ちが決まった昨年覇者がちょっぴり慌てた。今週、カートを運んでくれたハウスキャディさんが、号泣していた。  ...

DAY 1

シード権の確保にあえぐ49歳が日本一の舞台で4年ぶりの首位に

今年の日本オープンは、初日から例年にない伸ばし合いに49歳も遅れずに乗った。 藤田寛之が、今季自己ベストの64で、4年ぶりの首位に立った。4番で、バンカーから寄せた1.2メートルを皮切りに、怒濤のバーディラッシュが来た。 3つめの6番では手前花道から直接、放り込むなど前半最後の9番まで、実に6連続バーディは2014年のANAオープン3日目以来。 「最近では連続というものも、ほとんどなかっ ...

アダム・スコットは11位タイ発進

アンカリングの禁止が施行されてから、精彩を欠いていたグリーン上も、今はパターの二刀流を駆使して、回復傾向を見せている。慣れ親しんだ長尺と普通丈のと2本をバッグに入れる。  ...

初日の豪州オープンを制した?! ブレンダン・ジョーンズが7アンダー

アダムの2年ぶりの出場に沸く今年。日本ツアーで活躍する豪州勢も負けてはいない。ジョーンズが、これまた豪州ツアーさながらの組み合わせで最上位につけた。  ...

昨年覇者に感謝!! 宋永漢(ソンヨンハン)が好発進

そして、こちらのリーダーは、初日のイケメン対決を制した?! 今日も片えくぼのヨンハン。  ...

藤本佳則は今度こそ

今度こそ、悲願のタイトルを逃したくない。藤本が6アンダーで回った。「日本オープンは、そんなにスコアが出るイメージがなかったので」と、自身の65にも、ちょっとびっくり。  ...

杉山知靖がアルバトロスを達成

ゴルファー日本一を決める大会で、25歳が人生初の快挙をやった。  ...

PREVIOUS

連覇を狙う、池田勇太

大会前日の夜は、勝者の晩餐。ゴルファー日本一のタイトルを勝ち得た者しか許されない。会場のレストランで毎年、おごそかに開かれる。今年は、自身2度目の昨年覇者として「チャンピオンズディナー」に列席した池田勇太。 髪を整えビシっとスーツにネクタイ姿で、しばし乾杯までのたそがれ時を過ごした。 クラブハウスの前にずらりと並んだ歴代勝者のパネルに目がとまった。2017年大会の、自身の優勝シーンを切り取 ...

アダムも注目!! スーパーアマが、昨年のリベンジ

ツアー通算14勝の石川遼がこの日水曜日に、報道陣に囲まれた際に、今週の優勝候補として迷わず挙げた一人が金谷拓実さんだった。  ...

うまいモン!! 食欲全開の秋吉翔太が、ビッグタイトルにも意欲

先週の日曜日も、熊本県の大津町長から地元名物「イモ天」をお土産にいただくなり、我慢できずにいっぺんに、5個も頬張っていた。  ...

日本のみなさん、ただいま!!(アダムがセミナーを開催)

2年ぶりに戻ったゴルファー日本一を決める舞台で、今年もアダム・スコットが日本の若者たちに、呼びかけた。  ...

アダム再び

ゴルファー日本一の舞台にアダムが帰ってくる。今年、横浜カントリークラブで行われる日本オープンに、2年ぶり4度目の出場を果たす。  ...

広告