RIZAP KBCオーガスタ 2018

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

出水田大二郎のツアー初優勝に泣き崩れる人続出

「おめでとう!!」絶叫しながら突進してきた大きな体。両腕でがっしり受け止めた。灼熱の福岡、真夏の芥屋(けや)で九州男児による熱い抱擁。感動のシーン。ふと腕をほどいて思わずその顔をのぞき込む。 「・・・なんで先輩が泣いてるんスか?!」。 出水田の地元鹿児島・樟南高校の寮で共に1年を過ごした。秋吉翔太。2つ歳上のルームメイトだ。祝福に来てくれたはずが、なぜか自分が号泣している。 「僕もウルっと来 ...

久常涼さんがベストアマチュア賞を獲得

近ごろは、高校生も普通にプロの試合で予選通過が出来る。今大会が2006年に「ジュニア育成プロジェクト」を起ち上げた当時から思えば考えられない現象である。  ...

熱中症の石川遼は7位タイ

回復は、本人が思っていたよりも遅々として進まなかった。大会2日目に、熱中症と診断を受けて以降も食は細いまま、前夜はうどんを数本すするのがやっと。最終日の朝もゼリーをつまんだだけで、石川は灼熱の芥屋に飛び出していった。  ...

ちびゆーた!! 木下裕太が自己ベストの7位に

最後の18番で、10メートルのバーディパットがカップに沈むと、自然とガッツポーズが出た。  ...

DAY 3

出水田大二郎が、自身初の最終日最終組を前に感じた幸せ

まだ3日目にして夢のような1日だった。「嬉しい、ラッキーでした!」。自身初の最終日最終組を前に、リーダーからこの日一番の笑顔が浮かんだ。 いよいよ最高潮に盛り上がった芥屋の夏フェス。 今年も第3ラウンドが終わったばかりの18番グリーンをステージに、地元福岡の人気アイドルグループ「HKT48」のみなさんが、1日限りのミニコンサートで最新曲「早送りカレンダー」など全7曲を熱唱して盛り上げてくだ ...

「お父さん、頑張って・・・!」40歳の武藤俊憲がアイドルからかけられた声援

3日目終了後に行われたアプローチコンテスト。6人の参加選手の顔ぶれを眺めて、武藤がつい、首をひねった。「なんで僕が呼ばれたのか・・・・」。  ...

最終日の大逆転Vの前祝い?! 秋吉翔太が“優勝”

後輩のルームメイトにもの申す?! 「昨日、JGTOの記事みたんですけどあいつ、俺の悪口書いてたんで」。  ...

石川遼は3日目も完走したが

3日目の終了後に参加を予定していた大会恒例のアプローチコンテストも、そのあとクラブハウス前で立つ予定だった西日本豪雨災害のチャリティサイン会も、とりやめるしかなかった。  ...

市原弘大がホールインワンを達成

初日の山下和宏に続いて、今季のツアープレーヤーNO.1が快挙を達成した。市原が今度は208ヤードの3番パー3で、自身ツアーでは2度目のホールインワンを達成した。  ...

★JGTO TV★

★JGTO TV★ではJGTOオフィシャルInstagramやFacebookそしてYou Tubeと連動して最新の映像をお届けいたします。  ...

DAY 2

ルームメイトに続け!! 出水田大二郎が今年も芥屋でV争い

西日本を立て続けに横断した台風の余波で、朝から荒れた2日目の芥屋。強風下に3アンダーで踏ん張ったのは「出水田」。シード1年目の25歳。今季、開幕時は「まだ名前を正しく呼んでもらえない。よく言われるのが“でみずだ”」と笑っていたが、もうシーズンも後半戦に突入した今はあえて、フリガナはつけないでおく。 風のゴルフは得意じゃない。むしろ「苦手意識を持っている」と弱みを素直に認めて「開き直った」。逆 ...

体調不良の石川遼が18ホールを完走

執念の完走だった。石川が、強風下で首位との差を5打にとどめて回りきった。  ...

49歳も暑さをこらえてV争い。藤田寛之が2打差8位

地元・福岡が誇るベテランが、2打差の8位に上がってきた。この日の2日目は強い風に「どこでやらかすか、分からない状況」と難条件にも69と、そつなくまとめてきた。  ...

時松隆光が芥屋で初の予選突破

賞金1位で凱旋してきた意地を見せた。ゲンちゃんが、芥屋で初の決勝進出。1アンダーは49位タイから予選通過をかけたこの日。前半4番でボギーが先行した。  ...

休業中には子宝も恵まれ・・・矢野東は「良い復帰戦になった」

2日間で通算7オーバーは、予選通過には遠い110番台。それでも約1年ぶりに戻ってきた男前の表情は、明るかった。  ...

今年の栄冠は誰の手に?!

HKT48のみなさんが、1日限りのステージで、歌って踊って盛り上げて下さる大会3日目。選手たちも得意技を駆使してご当地人気アイドルグループに対抗だ・・・・・・!!  ...

今年も夏フェス!!

「フェス」とはもともとは「ロック・フェスティバル」の略で、総じて音楽を扱う祭典のことを、縮めてそう呼ぶようになったらしい。この「フェス」を昨年、最初にゴルフトーナメントに持ち込んだのが今月23日に開幕する「RIZAP K ...

DAY 1

倒れるほどに強くなる・・・上井邦裕はスーパーサイヤ人?! 

ここでいろいろあったけど、芥屋はやっぱり相性がいい。最後の18番は、後ろのギャラリープラザから、大音響で聞こえてくる音楽をバックにバーディ締め。芥屋の夏フェス。「・・・去年より、音がでっかくないですか?」。 でもそれだからこそ、ノリノリで上がってこられた。 「こういう雰囲気は、好きですよ」。 リズムに合わせてかすかに首を振り振りスコア提出書に入った。 6番でカラーから4メートルを入れた ...

おっばけ~のアンジェロ・キュー?!

キュッキュッキュッ、おっばけ~のアンジェロ・キュー?!  ...

西日本豪雨災害のチャリティ活動を実施

選手会長をはじめ7選手は猛暑の中、笑顔でペンを走らせ続けた。「RIZAP KBCオーガスタ」の会場で、先の西日本豪雨災害のチャリティサイン会を実施した。  ...

金庚泰(キムキョンテ)は不運が重なる中でもこのスコア

後半の6番で、この日7つめのバーディを獲ってここまで6アンダーで来ていると気づいたとき、ふと我に返った。  ...

丸山大輔の残念な夏?!

初日の芥屋は相変わらず余裕の30℃超え。日頃から、ジムやランニングでこの夏のケアも、怠らないとはいっても「どう考えても、この暑さは老人にはキツいよね」。  ...

旅から戻っても、愉快なゴルフライフ。川村昌弘が5アンダー

この日、奪った7つのバーディのうち「会心」の2番は「テレビで撮っておいて欲しかったです!」と大会主催のKBCさんに、熱烈アピールしたくらい。  ...

1日2個目のイーグルはホールインワン。山下和宏に起きた珍事

195ヤードから、5番アイアンで打った2打目を直接入れた11番パー4に続いて2個目のイーグルは、17番。「なんか珍しいことが起きてしまいました」と本人も一瞬、きょとんとした美味しい1打。  ...

PREVIOUS

本番を前に熱唱・・・!!

大会3日の“本番”を前に、今回の出演メンバー揃って新曲を披露してくださった。地元博多のご当地アイドルグループ「HKT48」のみなさんが、22日水曜日のプロアマ戦で「早送りカレンダー」などを熱唱。 @jgto  ...

西日本豪雨災害のチャリティサイン会を実施

福岡県の芥屋ゴルフで始まった「RIZAP KBCオーガスタ」では先の西日本豪雨災害で、甚大な被害を受けた被災地の早期の復興と回復を願って、会場内でチャリティサイン会を実施します。  ...

池田勇太が思う、ジャンボ超えの条件

暑さで、フラフラになりながらも灼熱の芥屋を、共にトップで歩ききった。ウィニングボールも一緒に投げた。優勝スピーチも並んでマイクを握った。何から何まで、共同作業の昨年大会。  ...

矢野東が復帰戦

この日水曜日。やっとひとつ関門を突破できた。「レジスト、今回はしたよ!」。“レジスト”とはレジストレーションの略で「出場登録」のこと。出場選手は大会前日の17時までに、ツアーメンバーフィーの1万800円を収めてその意志を ...

片山晋呉が復帰初戦のプロアマ戦で優勝

騒動から3ヶ月。ツアーを自粛していた片山晋呉が今週の「RIZAP KBCオーガスタ」で復帰する。  ...

今年も一緒に盛り上がりましょう~~~!!

今年も選手たちがお気に入りの勝ちウタに乗ってスタートしたり、常に会場のどこかから陽気な音楽が聞こえてくる“芥屋の夏フェス”。地元出身のゲンちゃんも大賛成だ。  ...

2年越しの“連覇”がかかる?! 石川遼

この夏、選手会長は神出鬼没。7月。スナッグゴルフの全国大会で、予告もなく突如、表彰式に現れ子どもたちを絶叫させると8月には群馬でサプライズ。  ...

池田勇太が連覇を狙う

久々の日本ツアーで、偉業がかかる。池田勇太が連覇と、大会4勝目と、節目のツアー通算20勝目を狙う。「RIZAP KBCオーガスタ」は今週、23日に開幕する。  ...

広告