東建ホームメイトカップ 2018

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

最終日こそ、10万馬力・・・・・・?!

泣き虫アトムが泣かなかった。「泣くと思っていたけどそこは、自分でもびっくり」。1打差で迎えた18番は、震える手で8メートルのバーディトライ。カップまで、ほんの数センチに寄った。もう心配ない。タップインの直前は、じわじわとこみ上げてくるものがあったはずだが「ウィニングパットを入れた瞬間に引っ込んじゃった」と、本人が一番拍子抜けした。 自身4度目の最終日最終組は「永久シード選手のシンゴさんと、一 ...

石川遼は2位に敗れて「100点ですね」

6年ぶりに戻ってきたこの国内開幕戦。1打差で、重永のツアー初優勝を許しはした。  ...

永野竜太郎もアトムに続け!!

大差を承知で、7打差の7位タイから幼なじみのライバルを懸命に追いかけた。  ...

今年はいっぱいタイを釣る!! 小鯛竜也が強風下で65

昨年、1勝の小鯛が強い風の中で6アンダーを記録した。前日3日目を終えて、イーブンパーの43位タイ。  ...

DAY 3

最終日こそ、10万馬力だ!!

あの日から、2年を経た14日。この日は、18番グリーンに場所を移した“お立ち台”で、リーダーとしてマイクを握ったのは“アトム”。 「昨日はかなり弱音を吐いていましたけど、そうもいってられない。頑張らなくちゃいけないと思った。それがうまくかみ合った」。 ファンサービスの一環として、今年から選手会が始めた公開インタビューでは前日の永野に続いて重永亜斗夢も、故郷への熱い思いを吐露した。 熊 ...

★JGTO TV★

★JGTO TV★ではJGTOオフィシャルInstagramやFacebookそしてYou Tubeと連動して最新の映像をお届けいたします。  ...

4打差をつけられた石川遼。「最終日はパットに賭けたい」

前日2日目から一転、この日はカップに嫌われ続けた。「狙ったラインより、右サイドに一筋違うというのが続いた」と1番のスタートから、何度も苦笑いで空を仰ぐというのが続いた。  ...

熊本地震から2年

熊本地震から、ちょうど2年が経った大会3日目の14日・土曜日。会場で、熊本県花のりんどうの花をイメージした紫色のリボン型バッジが関係者、ギャラリーに配られ、選手もウェアやキャップにつけてプレーした。  ...

朴相賢(パクサンヒョン)は「今年も勝ってシリーズへ」

しとしと雨で、しっとり濡れても相変わらずカチコチのグリーンは、それでも若干、速さがやわらいだ。  ...

Abemaにあやかれ!! 堀川未来夢が66

3日目の65は「アベマ」のおかげ?! みくむがボギーなしの5アンダーで回った。「今日は雨が降ってた割に、コンパクションが、出ていましたね」と、あれれ口調が“解説調”なのは、2週前の名残?  ...

今週の大会オリジナルピンフラッグの販売所

今週の大会オリジナルピンフラッグはギャラリープラザで販売しています。  ...

DAY 2

自分を信じてどこまでも!! 石川遼が4打差首位

2日目にして、2位と4打差つけた。6年ぶりに吹かれた多度の風をも、味方につけた。 先週、“連勝”を飾った地区競技の千葉オープンも、岐阜オープンでも、この日以上の強い風が吹いたという。 「先週で、風に対する免疫がついていたので。今日は風を意識することなく出来た。難しいとは思わなかった」と、さらりと言った。 それでもこのコンディションでは、ドライバーを駆使した戦略は、より風の影響を受けや ...

大会オリジナルピンフラッグ残りわずか!

石川遼選手会長発案の大会オリジナルピンフラッグが売れ行き好調!  ...

時松隆光は「じみじみ、こつこつ」

同組で回った2つ上の石川も舌を巻く、意思の強さを見せた。「時松選手は、自分の球筋を信じてプレー出来ている。かなり強いフォローのときに、風に球を落とされることがあってもそれを受け入れてやっている。心の強さを感じた」と、証言 ...

好物はカレー。宋永漢(ソンヨンハン)が強風下で68を記録

2日目に“お立ち台”にのぼったのはヨンハン。午前組のこの日は猛烈な風の中で、3アンダーで回った。  ...

もぐもぐタイムは僕が先?! 高山忠洋が68

耐えてしのいで迎えたバックナイン。「今日は名物の風が吹いた」。7メートルを越える強風に、「難しい・・・。凄く苦しかった」とスタミナも、集中力も限界を超えようとしていた。  ...

氷河期を経て・・・。自宅通勤の川村昌弘が上位争い

5アンダーから出た2日目は、強い風の中でオーバーパーを打ったが「こういう日もないと! 今日で良かった」と、すこぶる明るい。  ...

あれから2年。永野竜太郎の心はいつも故郷と共にある

ヨンハンと共に、臨んだホールアウト後の公開記者会見。赤い絨毯の台にのぼって、詰めかけたギャラリーに故郷への思いを語った。  ...

DAY 1

新選手会長が、自作自演の開幕初日

新選手会長が、国内初戦で最高のスタートを切った。自ら発案した“お立ち台”に、率先して一番乗りした。 プレー後のギャラリープラザでの公開記者会見。ファンサービスの一貫として、石川遼が考え出した施策のうちの一つである。 この日、同組で回った大槻智春を伴い、「フレッシュな顔ぶれも知って欲しい」と“同僚”の宣伝活動にも人肌脱いだ。 この日のリーダーへのギャラリーからの質問には自らマイクを差し向け ...

マスクのアトムが好発進

ひどい花粉症のアトムこと重永亜斗夢。この時期、欠かせないマスクも「今日はちょっとましだったかな」と、あごの下までずり下げて、ギリギリセーフで顔見せショット。  ...

タイのクロンパが2位タイに

こちらはタイの25歳。「パターが良くて、ティショットはすべてのショットで自信があった」と、徐々に風が吹き始めた中で、64で回った。  ...

オフはセミナー漬け?! 開幕からシンゴ先生、大発奮!!

国内初戦で久々に、永久シード選手が躍動した。過去5度の賞金王が、6アンダーで回った。  ...

チャレンジの星改めAbemaの星! 大槻智春が初体験尽くし

昨年のチャレンジ改め「Abema TVツアー」で賞金1位に輝き今季は初のツアー本格参戦の新顔。大槻智春は、初出場の今大会で初日から、貴重な体験をした。  ...

PREVIOUS

新選手会長が打ち出した3つの施策

史上最年少の新選手会長は、寝ても覚めてもツアーの活性化が頭にあるようだ。妹の葉子さんをキャディに従え今週は、自身4度目のツアーに挑戦する弟の航さんが明かした。 「お兄ちゃんは(家でも)ずっとそういうことを考えているみたい」。 今週火曜日の選手会総会では、就任初年度に絞り出した案を披露した石川遼。 「新たに取り組みたいことがありますので、みなさんにも協力をお願いしたい」と、約100人の出席 ...

今年全25試合の大成功を祈って・・・!

ジャパンゴルフツアーの国内開幕を前に、会場の東建多度カントリークラブ・名古屋は、今年も神聖な空気に包まれた。  ...

プロアマ戦がスタート

鏡開きのあとは、プロアマ戦。選手たちは11時の花火の合図とともに、お客様と和気藹々とコースに散らばった。  ...

連覇を狙う、梁津萬(リャンウェンチョン)

昨年の覇者も、プロアマ戦に花を添えた。中国の梁津萬(リャンウェンチョン)は、1番ティからのトップスタートで、さっそく連覇の思いを語った。  ...

石川遼選手会長が発案の大会オリジナルピンフラッグを発売

石川選手会長が発案した大会のロゴマークを入れ込んだオリジナルピンフラッグを各大会ごとに発売する。1枚2,000円(税込)で1,000枚限定で大会会場内で販売する。大会会場に行ったらまず初めにゲットしよう!  ...

今年もフォトエリアで観戦の思い出を

宮里優作が、選手会長2期目の昨年。ジャパンゴルフツアーでは、トーナメント会場での一部エリアでの写真撮影を解禁。今年も引き続き、観戦の楽しい思い出を、カメラに収めていただければと思います。  ...

今年は石川遼が鏡開き!!

ジャパンゴルフツアー国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」は今年も、水曜日のプロアマ戦(4月11日)のスタート前にJGTO会長と、選手会長による鏡開きで、シーズンの幕開けを祝います。  ...

2018年ジャパンゴルフツアーはいよいよ本格シーズンイン

今週のマスターズから、次週はいよいよシーズン国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」へ。  ...

広告