レオパレス21ミャンマーオープン 2016

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

矢野東が2位タイに

最終日は、首位と7打差からの優勝争いも、まったく隙がなかったわけじゃない。南アフリカのノリスは、いきなり2番から連続バーディ。今年から、パターを体の一部に固定して打ついわゆるアンカリングの禁止となってもなお、長尺パターを器用に使いこなして、3番では矢野が外したのとほぼ同じ距離のバーディチャンスもあっさり沈めて、「そりゃ(昨日)61も出るわ」と思わず苦笑いも、途中でひとつリーダーの弱点を見つけた。  ...

ゴルフでミャンマーと日本の橋渡し! 池田勇太はまだ走る

18番でティショットを池に入れ、最後のパー5は5メートルがパーパットになってしまったのは残念だったが、奥のVIPテントで見守るスポンサーの方々に、渾身のガッツポーズを見せることが出来て良かった。  ...

新選手会長も奔走中!!

選手会長の海外2連戦も終わった。今季、初就任の最初の大仕事もまずは、無事閉幕して「帰るまでが遠足というけれど」。翌月曜日はJALのシンガポール経由で無事、名古屋の自宅にたどり着くまでは、気を緩めないにしても戦い終えて、ほ ...

永野竜太郎も、もっと世界へ!

最終日は出だしの1番で「1メートルちょっと」の絶好のチャンスを外した。16番では3パットのボギーもあった。最終日は今週、一番の風が吹く難条件とはいえ、「もう少し伸ばせたと思う。60台を出したかった」。  ...

DAY 3

まさに鳥肌もの・・・!! 矢野東がアルバトロスを達成

今のミャンマーはカラっと乾いた乾期でも、3日目は今週で一番の暑さ。焼き付くような日差しの中でも、矢野は「鳥肌が立っていた」。ヤンゴンで、人生の初体験を味わった。14番のパー5は、194ヤードの2打目は「7番アイアンで、距離が合うかどうか。乗れば100点」と、一か八かの2オンを打って歩き出したら、遠くのギャラリーから歓声が起こった。 まさか・・・・・・・。 同じ組で回っていた金庚泰(キムキョ ...

兄ちゃん、見てて・・・! 福永安伸が通算12アンダーに浮上

初めてミャンマーの地を踏むまでは、本当にばたばたしたが、そんな舞台裏も感じさせないくらい堂々と、スコアを伸ばしてきた。  ...

永野竜太郎は6位タイで最終ラウンドへ

日に日に、ショットの技術と精度の向上を感じる。「先週より今週。昨日より今日」。初優勝に向かって、永野が着実に段階を上がっている。  ...

DAY 2

矢野東が首位と2打差で決勝ラウンドへ!!

鬱屈した思いも最後にすべて吐き出して、上がってきた。インスタートの9番は、奥から急な下りの4メートルは、フックして、スライスしてすとんとカップに消えた瞬間、声が出た。 「お~っし!!」。 右の拳を振り下ろした。 「ここのグリーンは、思ったとおりに打っても入らない。余り期待せずに」と、初日から決めていても、やっぱりカップに嫌われ続けると、萎えてくる。 しかも後半の2番では、90ヤード ...

今週は先輩と優勝争い! 宋永漢(ソンヨンハン)が2週連続Vのチャンス

国もコースも変わっても、世界一を破った男の勢いが止まらない。宋永漢(ソンヨンハン)が2日目にして、通算9アンダーまでスコアを伸ばした。「先週とは全然違うコースだけれど。自分の調子が良いから大丈夫!」。  ...

賞金王がやっぱり来た! 金庚泰(キムキョンテ)が通算9アンダーに

さすが鬼はすぐによみがえってきた。あっという間に、いま絶好調の後輩を捉えた。ふわりと、通算9アンダーまで上がってきた庚泰(キョンテ)。  ...

もう2位はいらない! 永野竜太郎がV争い

前半の最終ホールは18番で、長い長いイーグルトライ。右横から10メートルは「1.5メートルは曲がるフックライン。バーディでいいや、と」。難解なグリーンは、たとえラインを読み切ってもその通りに転がる保証はないと割り切ったの ...

2試合連続の推薦出場! 丸山大輔が語るミャンマーでの苦い記憶

先週の「SMBCシンガポールオープン」から、2試合連続の推薦出場をいただいた幸運な男。丸山大には、これが自身4度目のミャンマーになる。  ...

復活元年! 上平栄道は2度目のミャンマー

2度目のミャンマーで、あのとき損した分を取り返す?! 2日目は66で回ってきた上平。この日はスタートでいきなりのピンチを切り抜けた。1番で10メートルのバーディパット。早朝はべっとりと朝露で濡れたグリーンを警戒しすぎた。 ...

高校生2人は予選落ち

日本の大手不動産「レオパレス21」を冠スポンサーにお迎えして3年ぶりに、復活した今大会は「高校生招待枠」と称して、未来あるトップジュニアにプロの真剣勝負を味わってもらう計画だったが残念ながら、2人の高校生は揃ってカットラ ...

日本でもお馴染み! フランキー・ミノザがホールインワンを達成

世界各地で百戦錬磨のベテランが、自身7度目のホールインワンを達成した。美味しい一振りは、13番のパー3。6番アイアンで、みごと直接カップを捉えた。  ...

DAY 1

6年ぶりのミャンマーで復活を期す。矢野東が3位タイに

7番と最後の18番。3パットを2度したが、そんなことは気にしない。「このコースでは仕方ない」。熱帯の気候柄、どこまでが芝生で、どこまでが雑草なのか。グリーンも複雑に入り組んだ芝目は、真剣にラインを読んで・・・なんて、バカ丁寧にやっていたら、それこそバカを見る。 「適当でいいんですよ。こういう運、不運があるコースでは、欲をかくと心が折れちゃう」。良い意味で、開き直って66。 それよりもまず、 ...

先週、シニア入り! プラヤド・マークセンが今週もまた・・・

掛け持ち参戦の日本ツアーでも、もちろん元気いっぱいだが“ホーム”ではなおさら水を得た魚。先月の30日に、50歳の誕生日を迎えたばかりのタイの英雄が、ここミャンマーでもまた、リーダーボードの上に来た。  ...

新選手会長も好スタート

前日まで前夜祭や、プロアマ戦。日本の大手不動産「レオパレス21」の冠スポンサーを受けて、3年ぶりに新たに復活した大会で、開幕目前までおもてなし役に奔走した新選手会長も、いざ本戦で好発進した。  ...

勝ち星に飢えた藤本佳則「優勝したい」

今年は、早々にスタートしたシーズンに「まだ何も準備が出来ていない状態」。昨年は、第二子が誕生して「一人目が泣き止むと、今度は2人目が泣き出す感じ。僕も可愛がっているけど、抱っこして、お乳が出るわけでもないし、お母さんは大 ...

はるばるミャンマーまで来て良かった・・・! 山岡成稔(やまおかなるとし)が好発進

ショットは悪くないのだが、やっぱりネックはパッティング。「けっこう、チャンスを外してしまって」。特有のゴワゴワの芝は、しかしだからといって、「練習のしようがない」。後半は2番のイーグルも含めて「3~4メートルのが何本か決 ...

高校2年生の岡崎錬さんが2アンダー

灼熱のヤンゴンで、清々しい丸刈りが新鮮だ。福井工業大付属高校2年生の岡崎さんが、上々の滑り出しだ。「久しぶりに、まともなゴルフが出来ました」。先月、挑戦した豪州アマは、「本当に絶不調で。自分のゴルフが出来なかった」と、主 ...

PREVIOUS

さあ、いよいよ本戦・・・・・・!

火曜日の前夜祭に続いて、3日水曜日はプロアマ戦。ベストボールのチーム戦は、結果も大事だけれど、もてなす側の選手たちにとってはそれ以上に、大切なのが「みなさんをシングルプレーヤーにして差し上げること!」(優作)。 先週は雨期の真っ只中のシンガポールとはうってかわって、乾期のミャンマーは、日差しこそきついが、時折さわやかな風も吹いて、プレーの進行もスムーズに、参加したプロたちはみな、アマチュアの ...

カワムラがタナカに

選手仲間にからかわれながら、今日は1日この顔で回ってきた3日のプロアマ戦。「スタートでそれは何?って。キャディの女の子に聞いたら、塗られちゃったんですよ」。今年は海外限定として契約した専属キャディのグナさんと18ホール、 ...

2人の高校2年生もミャンマーに挑戦

はるばるミャンマーの地で、高校生がアジアと日本のプロゴルファーに挑戦だ。広島国際学院高2の金谷拓実さんは、さすが昨年の日本オープンはV争いの末に、ローアマに輝くだけのことはある。  ...

3年ぶりの復活! レオパレス21ミャンマーオープンは4日開幕

2013年の13回大会で一度は途絶えていた大会は、東京に本社をおく大手不動産「株式会社レオパレス21のタイトルスポンサードを受けて、新しくよみがえった。  ...

必勝祈願! 小林伸太郎がシエダゴン・バゴダを参詣

儀礼にのっとって、裸足になった。足の裏の焼き付けるような熱さにも耐えて、灼熱の太陽にさらされた大理石の上を歩くと、自然と厳かな気持ちに包まれた。  ...

あるぞ、2週連続V! 宋永漢(ソンヨンハン)もミャンマー入り

次なる戦いの場は、ミャンマー。いにしえより欧州とアジアを結ぶ交通の要衝として栄え、昨年には政権交代したばかり。ますます破竹の勢いで経済的発展を続けるこの国で、再びアジアと日本が両ツアーのプライドを賭けて、激突する。  ...

広告