HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2016

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

あきらめの悪い男。谷原秀人が連覇を達成、賞金ランクは1位に

谷原が、賞金1位に返り咲いた。池田との直接対決で、プレーオフ2ホールを制して奪い返した。自身初の連覇と、自身最多の今季3勝目は、最後まであきらめない心が生んだ“男気V”だった。 賞金2位で迎えた今週は、「ここまでは初めてというくらいにショットが悪くて。試合にも、出たくないくらい」。 首位タイで、出た最終日も10番で右の林の木の根元に打ち込みダブルボギーで「メンタルは崩壊寸前」。 12番で ...

池田勇太は賞金1位をいったん譲って「応援してください」

最初の4打差は埋めても、土壇場で競り負けたのは、「自分が悪い」と繰り返した。誰かに聞かせるように、「自分の責任」と断じて言った。  ...

稲森佑貴は3位に「存在感だけは見せられた」

土曜日から2日連続の最終組で、賞金1位と2位に挟まれ22歳が奮闘した。「これぞ賞金王争い」という名勝負の間に挟まれ、大健闘の3位につけた。  ...

トロフィーを変えっこ! 高校1年生の池田悠希さんがベストアマチュアを獲得

勝者と並んで座った表彰式で、おずおずと申し出た。「トロフィーを持たせてください」。高校1年生の切なる願いを快諾したチャンピオンにもまた、プロへの憧れが強まった。  ...

今年も地元ジュニアが活躍!

2013年から始まった「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」は毎年、地元の小学校にゴルフの基礎を学ぶスナッグゴルフのコーチングセットを寄贈し、今年は市原弘大が、1日火曜日に行われた印西市立平賀(ひらか)小学校で ...

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP スナッグゴルフ交流大会を開催

谷原秀人が池田勇太とのプレーオフを制し、2連覇を飾った、HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP最終日に、地元の印西市の小学生と、隣接の茨城県霞ヶ浦周辺の小学生を対象とした、スナッグゴルフ交流大会が開催され、28人が ...

DAY 3

谷原秀人が首位を死守

ショットがダメなら、パットがある。12年から3連続で平均パット1位が賞金1位の後輩と、22歳を相手に執念を見せた。 目下賞金2位が、首位を死守した。 稲森は「谷原さんのパットは神がかっていた」と言った。 「明日僕も入りますように、と。お賽銭を入れないと」との稲森の冗談は大げさ過ぎるかもしれないが、それくらいにこの日、谷原のグリーンには目を見張るものがあった。 10番で稲森が単独首位に躍 ...

賞金レースに割って入った稲森佑貴(いなもりゆうき)は「最後に勝つというのをやってみたい」

賞金1位と2位が激突した最終組で、未勝利の22歳がふてぶてしいまでの存在感を示した。  ...

池田勇太は4打差の3位に後退

賞金1位は最終日を前に、ひとり遅れをとったかっこうに「今日みたいなゴルフじゃ、話になりません」。  ...

チャリティオークションを開催

宮里兄弟が、総武に戻ってきた。残念ながら、今年はそろって予選2日間で戦いの舞台を降りることになったホストプロの聖志と優作がこの日の3日目は、競技終了後に行われたチャリティオークションで再び顔をそろえて、せめて大会を盛り上 ...

DAY 2

3日目にして賞金1位と2位が激突! 池田勇太は昔馴染みと狙う今季3勝目

賞金1位と2位の直接対決。「俺も見てみたかった」とは1位の池田。2位の谷原も「ファンや支えてくださる方に、喜んでいただけるプレーがしたい」。誰もが見たい一騎打ちは、本人たちこそ望んでいた。3日目にして、最終組で実現させた。 1位の池田は、昔馴染みとともに挑む。今週、思いがけずにタッグを組むことになった。開催コース勤務の佐藤真弘さんが池田のバッグを担ぐことに決まったのは、開幕前日の水曜日だった ...

谷原秀人は黒田さんの生き様に触発されて

谷原は愛する地元、広島のヒーローに感銘を受けて、実現させた。3日目にして池田との直接対決は、せめて近づくための第一歩だった。  ...

稲森佑貴は今年こそ、勝って行く

賞金1位と2位の直接対決に、22歳が割って入った。シード2年目の稲森が、首位タイに浮上した。  ...

プロの試合で勇気をもって攻めていく! 高校1年生の池田悠希さんが決勝進出へ

賞金1位の池田が首位タイに躍り出た日に、アマの池田さんが予選通過を果たした。憧れはバッバ・ワトソンだ。身長164センチで、300ヤードは飛ばす。「僕もバッバのように、ドライバーで飛ばしてわーっとギャラリーを沸かせるような ...

宮里兄弟は予選落ち…(チャリティオークションのお知らせ)

今年は兄弟そろって唇をかんだ。主催のPGMホールディングス株式会社とサポート契約を結ぶ兄の聖志も、弟の優作も今年もまた、兄弟で優勝争いの夢は消えた。  ...

DAY 1

単独首位で出たのは堅実な飛ばし屋! 韓国系豪州人のウォン・ジョン・リー

この日最後の18番ホールを上がって、同組の若い2人のつぶやきが聞こえた。「異次元のゴルフだ・・・」とは森本雄と、堀川未来夢。誰もが一目置く飛ばし屋の31歳。単独首位で出たリーはしかし、「今はドライバーの調子が悪い」とこの日はほとんどのホールで刻んでも「今はドライバーより飛んでいるかもしれない」と、スプーンで300ヤードは軽く行く。 ここ総武は丈高い林に囲われて、狭いコースで確実にフェアウェイ ...

今大会の申し子! 今平周吾が2位タイに

主催の株式会社平和と、PGMホールディングスは、今大会のみならず、レギュラーツアーの登竜門でもあるチャレンジトーナメントでは2大会を開催してその勝者には、今大会の出場権を与えるなど、大きく門戸を開けている。  ...

今年もここで一発逆転!? 冨山聡が今季ベストの2位タイ発進

ここ数年は、2年周期で好・不調の波が来ているようだ。今年は、また“土壇場の男”として、脚光を浴びそうな冨山。  ...

韓国の高校生プロ! 任成宰 (イムソンジェ)が今週も好発進

今年、本格参戦の18歳には、どのコースも初体験でも、週替わりでコース攻略を変えるしたたかさで、今週も好スタートを切った。  ...

藤田寛之は「残り5試合にしたい」

シーズン終盤のこの時期に、賞金ランク40位は賞金王に輝いた2012年から見ても、ワースト記録といってもいいのではないだろうか。  ...

初日は文化の日。池田勇太が大ギャラリーを連れて「ボチボチの出だし」

初日の朝から大勢のギャラリーに、「今日は祭日だって、朝気づいた」と、文化の日に賞金1位が踏ん張った。  ...

高校1年生の池田悠希(いけだゆうき)さんが1アンダーの滑り出し

株式会社平和と、PGMホールディングスが主催する「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」では2013年の1回大会から、その年顕著な成績を残したジュニアにも今大会への出場権を与えて、プロの試合を経験する希有なチャン ...

2週連続Vがかかる片山晋呉がきっと勝つ差し入れ

初日の競技が終了して、報道陣のみなさんが、執筆活動に励む夕方のプレスルームに、大きな段ボールを抱えて入ってきた、時期はまだちょっぴり早い“シンゴサンタ”。  ...

PREVIOUS

去年勝ったことすら忘れていた?! 連覇がかかる谷原秀人

大会開幕前日の2日のプロアマ戦は、12月並みの冷え込みに、まるで毎年のシーズン最終戦を彷彿とさせて、「シリーズみたい」と、おっと自ら口を滑らせた。 谷原は「ゴルフ日本シリーズJTカップ」のことを言ったのだが「シリーズ」といえば、今はまだ「思い出したくない!」。つい先日の苦い記憶を連想させる。 先週、終わったばかりといえば、そうプロ野球の「日本シリーズ」だ。 残念ながら、ライブでは見ら ...

賞金1位! 地元Vを狙う池田勇太

2日水曜日のプロアマ戦は真冬並みの冷え込みの中で、“ヘッドコーチ”と、明るい笑い声をあげた。  ...

金庚泰(キムキョンテ)は「もう1勝できないと・・・」

鬼も、松山の近々のメジャー制覇を確信して戻ってきた。松山が大差優勝を飾った先週のHSBCチャンピオンズに、庚泰(キョンテ)も出場していた。  ...

片山晋呉はきっと勝つ・・・!

先週ツアー30勝の翌日は、公言どおりしっかり“マイナビバイト”してきた。31日月曜日に、銀座に2店舗目をオープンした和食店「尾崎幸隆」でオーナーとして、店を切り盛り。優勝疲れと「働き疲れ」と、43歳はそれでも2週連続優勝 ...

今年も兄弟揃ってちばるよ~

兄弟で、ホスト試合に挑めるという贅沢。今年もそんな希有な挑戦が出来る。宮里兄弟が、揃ってスポンサーの舞台に立つ。  ...

市原弘大が大会の地元小学校でスナッグゴルフの講習会に参加

11月3日に、千葉県印西市の総武カントリークラブで開幕する「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」は、2013年の第1回大会からジュニア育成にも力を注いできた。  ...

広告