マイナビABCチャンピオンシップ  2016

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

片山晋呉が区切りのツアー通算30勝

史上7人しかいない、永久シード選手の最年少がまたひとつ、勝ち星を重ねた。 アナウンサーに促され、マイクジャックで可愛く、 「私、片山晋呉、43歳、B型。30勝、したぞぉ~!!」。 年甲斐もなく、と言われても構わない。 「その中でも30勝を味わった人は、6人(※)しかいないんだから!」。 ここに辿り着くまでもがき苦しんでも、歓喜は一瞬。 「キツいもん。最後のパットだってシビれるもん。あの ...

小林伸太郎は片山に脱帽

ベテランが最終ホールで見せた駆け引きを、小林も見て取った。「片山さんは、自分のゴルフを知ってらっしゃる。だから、あそこに刻んだ」。  ...

ホストプロ、井上信(いのうえまこと)は「来週もお騒がせします」

2年ぶりの決勝ラウンドは恩人の前で、せめてカッコ良く最後を締めたかった。18番のパー5はしかし、ティショットを左のフェアウェイバンカーに入れた。  ...

金谷拓実さんはプロ転向前に、実になるベストアマ受賞

アマとして出るのはこれが最後となるかもしれないプロの試合で、どうにか最低限のノルマは達成出来た。  ...

DAY 3

3年前から地元プロ、小林伸太郎が単独首位に

3日目は雨、風、ときどき晴れ間。めまぐるしく天候が変わる中で、いつのまにかトップに立っていた。「僕は7番、8番、9番あたりが一番苦しかった」。この日は前のティを使った7番パー4では、強いアゲンストの風に、ワンオンできなかった。 8番のパー3ではいつもの4アイアンか、3アイアンか。「攻め方が明確に出来なかった」と、結局4アイアンで、右に逃げてボギーを打った。 なんとかこらえて前半をくぐり抜けると ...

3日目の確変!? 片山晋呉が挽回の2位

3日目の最終組は、負の連鎖のきっかけを作ったのが実は片山だった。2番でティショットをOBゾーンの池に打ち込み、打ち直しの3打目からラフを渡り歩いて「7」を打った。  ...

孔明は「明日5アンダー出した選手が勝つ」

強い雨と風に見舞われたタフな1日の締めに孔明が、天に祈った。「神さまあ、最後くらいバーディ獲らして!」。  ...

香妻陣一朗が、自身初の最終日最終組に挑む

女子プロの琴乃さんの2つ弟。22歳の香妻が、自身初の最終日最終組に挑む。  ...

ホストプロ! 井上信(いのうえまこと)は「よく耐えた」

主催者が誇る歴代覇者が、レギュラーツアーで2年ぶりに過ごす週末。「久々の3ラウンド目。ドキドキしました」と 2年ぶりの決勝ラウンドに挑む緊張感に加えてこの日は、朝から強い雨風に、「大丈夫か」と、不安な面持ちで出て行った。 ...

ジュニア育成プロジェクト! 高校生たちの競演もお見逃しなく

高校生たちによるベストアマ争いが熾烈だ。  ...

DAY 2

元空挺兵が首位浮上

韓国の趙炳旻 (チョビョンミン)がデビュー戦Vを飾った5月の関西オープンに続き、今度は兵庫を舞台に、近畿V2を狙っている。 そのために、申し分ない助っ人を連れてきた。 今週、バッグを担いでくれる宮川恭輔さんは、先週の女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」で、全美貞(ジョンミジョン)選手を24勝目に導いたばかり。 「宮川さんに良い気をもらってます。すべてを任せ、楽 ...

マイナビで正社員を募集中! 片山晋呉が単独2位に

43歳からのスイング改造が、そろそろぴたりとハマりつつある。いくつになっても創意工夫の男は、「毎年、歳をとっているから。昨日までと同じではいけない。振り返るのも嫌。僕は常に進化して、新しいものを追いかけたい」と、今年もま ...

初Vを狙うはずの小林伸太郎がツアー3勝って・・・?!

お久しぶりです。焼き鳥まさやの社長、見てますか!?  ...

小田龍一は相変わらず不安で一杯

大きな体をして声がちっちゃいのも、自信のなさの現れだ。通算7アンダーの3位タイは「不安ながらも入ってくれた」と小さな声で、4番からの連続バーディなど、この日のプレーを振り返った。  ...

小池一平は「出来れば人に見られたくない・・・」

小田龍に続いて、こちらも不安の中でのV争いだ。  ...

姉ちゃんに、追いつけ追い越せ!マンデー組の香妻陣一朗が7位タイに

すでに、来季ツアー前半期の出場権は確保。来シーズンに向けて、スイング改造中の22歳が、残り試合で今度は初シードを目指して頑張っている。  ...

ホストプロ! 井上信(いのうえまこと)が2年ぶりの決勝ラウンドへ

本当に、久しぶりに予選を通った。レギュラーツアーで2年ぶりの決勝ラウンドが、このホスト試合で本当に良かった。  ...

DAY 1

マンデー組の高校生プロ、任成宰 (イムソンジェ)が単独首位に

韓国の高校生プロが、単独首位に立った。4番のイーグルは、17度のユーティリティを握った260ヤードの2打目が、入りかけ! ピンそば30センチにくっつけ、人生初のアルバトロスを逃して悔しがった。 先週の韓国ツアー「DGBテグ キョンブオープン」では最終日にホールインワンを達成したばかりだ。9歳のときに一度、プライベートでは経験があったが試合では自身初の快挙から、引き続きショットはキレキレ。  ...

片山晋呉は5アンダーにも「ゴメンね、また明日!」

大会3勝を誇る5度の賞金王が、初日から魅せた。最後の18番パー5は、186ヤードの2打目を6番アイアンで4メートルにつけてイーグルを奪った。  ...

元パラシュート部隊! 趙炳旻 (チョビョンミン)が久しぶりの好スタート

元空挺邸が、久しぶりに好発進した。前半の3連続バーディは、圧巻のゴルフ。アプローチで3メートルに寄せた6番のパー5でこれを逃さず、7番は362ヤードのパー4で、あわやアルバトロスの1.5メートルにワンオン。「でも、このイ ...

孔明の尻に火がついた

孔明に、やっと兆しが見えてきた。「ドライバー以外は、昔の感じに戻ってきた」と、強い風の中でも「よく耐えた」。  ...

またもや土壇場の男・・・小田龍一が4位タイに

スコアとは裏腹に、まったく自信が持てない歴代覇者だ。15番のパー5は、240ヤードのフェアウェイから乗っただけ、という20メートルのイーグルトライが入ってしまって、「あれはもう、ラッキーでしかない」。  ...

今平周吾は今週こそ!!

初優勝が待たれる24歳が、ボギーなしで回ってきた。「ショットが良かったので普段どおりにプレーが出来た」と、初日を4位タイで飛び出した。  ...

PREVIOUS

今年こそ、マイナビ社長を喜ばす! 2人のホストプロが復活に賭ける

26日水曜日のプロアマ戦。ハーフターンのインターバルで、ホストプロが力説していた。クラブハウス前の軽食会場に年代順に展示された歴代覇者を紹介する看板は、就職、転職、進学情報の提供や人材派遣の「マイナビ」が、大会の冠スポンサーについた2008年から飾られているのだが、「僕は、本当にここまではすごく良かったんです!」と、矢野が指で示した2011年までは本当に、それまで10回出て7回トップ10入りと、今 ...

賞金1位の池田勇太が「頑張る」

この日は、プロアマ戦で接待に徹して18ホールを回ってくるなり、ロッカールームに駆け込んだ。  ...

2週連続Vがかかる小平智

先週のブリヂストンオープンで、ツアー通算4勝目を飾り、2週連続Vがかかる今週は、開幕前に“共働き”で士気を高める!  ...

時松隆光が必勝祈願(9月26日メディア懇親会)

お参りの雨は、禊(みそ)ぎの雨・・・・・・!  ...

マンデートーナメントを開催

朝日放送株式会社の主催、特別協賛に株式会社マイナビを迎えて開催されるマイナビABCチャンピオンシップは、27日から始まる本戦に先駆けて、24日月曜日に予選会「マンデートーナメント」を行い出場85人のうち、10選手が狭き門 ...

広告