HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2015

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

谷原秀人が総武で“連勝”、ツアー通算11勝目

後輩との雨中の直接対決を制した。2年ぶりのツアー通算11勝目は、思い出のコースで「2連勝したような気持ちです」。3回大会から会場を移したここ総武カントリークラブは、2007年のサントリーオープンでツアー通算5勝目を飾ったコースでもある。 同オープンは、その年をもって35回という長い歴史の幕を閉じたこともあり、チャンピオンとしても、いちプロゴルファーとしても、あのときはずいぶん寂しい思いをした ...

3年目のホスト試合での自己ベストだ! 11位タイの宮里優作

大会主催のゴルフ場運営大手「PGMホールディングス」と、共に歩んで3年目にしてこのホスト試合での自己最高の11位タイに終わっても、優作には満足出来るわけがない。  ...

プロ顔負けの飛ばし屋! 亀代順哉さんがベストアマを獲得

3回大会のベストアマは今週、一番の飛ばし屋だった。総武カントリークラブの10番と13番で計測されたドライビングディスタンスで、並み居るプロを抑えて1位に輝いたのが、大阪学院大3年生の亀代さんだった。  ...

プロゴルファーがキッズエスコートで子どもたちを応援

大雨が降る日のゴルフは忙しい。傘を差したり、合羽を着たり。ただでさえ用事が一杯あるのに、自分が濡れるのもそっちのけで、子どもたちに傘を差し掛けてやるお兄さんたち。みんな、優しかったね。  ...

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPスナッグゴルフ交流大会を開催

谷原秀人がツアー11勝目を飾った、HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP最終日に、地元の印西市の小学生と、隣接の茨城県霞ヶ浦周辺の小学生を対象とした、スナッグゴルフ交流大会が開催され、29人が参加してプロと同じ舞台 ...

DAY 3

後輩のカムバックに燃えた!! 谷原秀人が単独首位に

孔明が、一念発起の筋トレを再開するなど、先月の日本オープンで来日したアダム・スコットに何らかの影響を受けた選手は数知れず。谷原も、その恩恵を受けた一人といっていい。 ただし、谷原の場合は、圧倒的なあの飛距離ではなくてパット。しかも、長尺から短尺に挑戦中のアダム本人ではなくて、そのお取り巻きから仕込まれた。 この日は特に、上がりホールで火を吹いた。 立て続けに長いのを沈めた。17番で8メー ...

ナイスカムバック! 藤本佳則が2位タイに

この日は3日目にして、コースに出るなり敗北宣言!?  ...

なるか、3年目のホストV?! 宮里優作は8位タイで迎える最終日

この日最後の18番ホールで、3メートルのきわどいパーパットを沈めて、見上げたグリーン奥の白いVIPテント。  ...

DAY 2

今日は安全運転! 崔虎星 (チェホソン)が首位を死守

2日目は、昨日よりもグリーンが速くなった感じがした。「昨日はすごく良い“運転”が出来たと思いますが、コースコンディションが難しくなった今日は欲張らずにプレーした」と、最初の9ホールはじっと我慢の42歳。 前半はすべてパーでしのいで、ようやくこの日最初のバーディは、後半の2番だった。3メートルのチャンスを沈めたのもつかの間、次の3番では3パット。 再び振り出しに戻しても、焦らずに続く4番パー ...

市原弘大(いちはらこうだい)は、ありがとうキャンペーン中?!

大ピンチもことごとくチャンスに変えるしぶとさで、最終日最終組に加わった。その最たるが、15番だった。ティショットを右の林に打ち込んだ。「下は芝が薄くて、ベアグラウンドで、風は左から来ていた」。ピンまで128ヤードの2打目 ...

勝者の強み! 谷原秀人が1打差の2位タイ浮上

2日目は、誰もが難しくなったと感じたこの日のコースコンディションも、谷原には「おだやかな1日」。選手の多くが速くなったと感じたグリーンも「変わんねー気がする」と、堪えていない。  ...

2日目は我慢の1日。永野竜太郎は依然として2位タイに

首位と1打差の2位からスタートした2日目は、「引き続いてはいなかった」。前日初日とは打って変わって「なかなかチャンスにもついてくれなかった」と、インスタートの10番でフェアウェイから打った2打目が「引っかかった」と、バン ...

休暇が吉と出るか!? 冨山聡が今年もV争い

昨年もこの大会で、2日目にやはり66を出して、首位と1打差の3位タイにつけたが、当時の心境を思い返せば、心は断然軽い。「去年のこの時期は、シード権のことばかりがあったので」。今年は早々と、賞金ランク60位から75位までの ...

片山晋呉が「大波賞」

先週のマイナビABCチャンピオンシップから、数えてシーズン最終戦まで5試合は、すべて勝ち星を挙げているコースでの開催である。3回大会の今年から、会場を移した千葉県の総武カントリークラブは、やはりここで行われていた2002 ...

コース所属! 阿久津由生 (あくつよしき) が人生初の・・・

人生初のツアーで、人生初の快挙を達成した。ここ総武カントリークラブの所属プロが、197ヤードの11番で、ホールインワンを達成した。  ...

ホストプロの兄は予選落ちをしても・・・(チャリティオークション開催のお知らせ!)

兄弟揃って優勝争い、とはならなかった。大会主催のゴルフ場運営大手「PGMホールディングス」と今年、スポンサー契約を結んだばかりの兄は、予選落ちを喫した。  ...

DAY 1

髪もクラブも短くして一新! 崔虎星(チェホソン)が単独首位に

がけっぷちの“タイガースター”が、髪もクラブも短くして、好発進した。この日実に7つのバーディは、「ティショット、アイアンショット、アプローチもパターもすべてパーフェクト」と、完璧なゴルフは上がり2ホールで、渋いパーパットもしのいで、単独首位につけた。 2013年は、ワンアジアと日本の共同主管で行われたインドネシアPGA選手権で、日本ツアー初優勝を飾った際に得た複数年シードも今年いっぱい。  ...

永野竜太郎が因縁のコースで・・・

前半の3番で、ボギーが先行したが、「特に焦らずにやれた」と、すぐに連続バーディで取り返したのも、確かな成長の跡である。  ...

米ツアー1勝! 今田竜二が2位タイの好発進

米ツアー1勝の実力者も、今年は7月にアラバマ州で行われた「バーバソル選手権」に出てから、これが本当に久しぶりの実践である。今田がフルシードの米出場権を失ってからもう3年が過ぎようとしている。  ...

スナッグ育ち! 吉田泰基(たいき)さんが挑むプロの初舞台

今週月曜日には“アトム”が地元印西市立牧の原小学校に、スナッグゴルフのスクールセットを届けに行くなど、ジュニア育成にも力を注ぐこのHEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」。  ...

PREVIOUS

プレッシャーも、兄弟で分け合えば・・・

男子ゴルフの珠玉の兄弟が、今週揃ってホスト試合に挑む。今大会主催のゴルフ場運営大手「PGMホールディングス」と、3年前にスポンサー契約を結んだのは弟。 優作に続いて、今年から晴れて、ホストプロの仲間入りをしたのは兄、聖志。もともと、プロゴルファーに大変ご理解のあるスポンサーは、今週の火曜日にも食事会を開いてくださって「そんなに力まず、リラックスしてやってくださいね」と、いつも暖かな言葉をかけ ...

池田勇太はまさに“鬼”の居ぬ間に?!

今週の米ツアーは世界ゴルフ選手権「HSBCチャンピオンズ」。日本の賞金ランク上位2人にその出場権があったが、同2位の池田が辞退したのは、「どうしても、この大会に出たかったから」。  ...

見た目もココロも20代?! まだまだ若々しく連覇を狙うぞ、近藤共弘

株式会社平和と、PGMホールディングス株式会社の主催で今年、3回目を迎える「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2015」は、今年は会場を千葉県の総武カントリークラブ総武コースに移して連覇を狙うのは、近藤共弘。 ...

広告