日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 2015

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

2015年のツアープレーヤーNO.1は梁津萬 (リャンウェンチョン)

待ちわびた日本での初優勝は、何よりのタイトルになった。中国の雄が、参戦12年目の日本でやっと、栄冠をつかんだ。梁津萬 (リャンウェンチョン)が今季のツアープレーヤ-NO.1の座についた。 今その謎が解き明かされた。「世界であれほどの実績がありながら、なぜいまだに日本で勝てないか」。そう問われ続けたここ数年。「今もこれと言うのは難しい。でもきっと、その原因は心理的なもの」。世界各地で勝ち星をあ ...

2位タイの永野竜太郎が「優勝したい」

茨城県水戸市の水城高校ゴルフ部のOBとして、スタートから地元の期待を一身に背負って出ていった。「朝の練習場から緊張していた」。しかし、同じ最終組の梁(リャン)は、もっと緊張しているように見えた。  ...

ルーキー! 堀川未来夢が宍戸に恩返し

宍戸に恩返しの単独7位だ。昨年11月にプロ転向したばかりのルーキーが、課題の最終日にひと皮むけた。先週のミズノオープンは、10位タイから出ながら、結局23位に終わって肝に銘じた。  ...

星野英正が鳥肌

最終日は湿気が強く、汗ばむ天候も、歴代覇者はひそかに背筋を寒くしていた。16番は190ヤードのパー3。  ...

子どもたちがキッズエスコートで活躍

優勝賞金3000万円をかけて戦いに出る時の気持ちって、どういうものだろう? 家が買えちゃうくらいのお金・・・。  ...

DAY 3

インターネット中継もいよいよ最終日

宍戸の1番、18番のプレーを中心に4日間ぶっ通しで放送してきたインターネット生中継もいよいよ最終日。今日はチャンピオン誕生の瞬間まで、お届けします。 歴代覇者の髙橋竜彦は前日6日に41歳の誕生日を迎えて、ツアー通算16勝の鈴木規夫がバースデーソングを歌いながら、プレゼントを持って現れるサプライズを受けて、いっそう解説に力が入ります。 最終日はブースに座る前に、ネタ集め。スタート前の選手 ...

コラボグッズの最終日限定セット登場!

今週から会場でお目見えした手塚プロダクションと、大会主催の日本ゴルフツアー機構(JGTO)のコラボ商品。同プロダクションを代表するアニメキャラクター「鉄腕アトム」とゴルフのコラボレーションがとっても楽しいJGTOグッズの ...

単独2位のブラッド・ケネディは「少しでも食らいつく」

3位タイの永野とともに、この日もうひとり、ボギーなしで回ってきたのが豪州のケネディだ。「今日もタフな1日だったけど、堅実なゴルフが出来た」。  ...

第二の故郷! 永野竜太郎が母校の声援を受けて

2009年のデビューから数えて、6度目の宍戸。「この3日間はゴルフの内容も、精神的にもすごく安定して出来ている」。2位タイで飛び出した初日から、「欲をかかない」と言い続けている。  ...

孔明は嘆き節

3日目に6つのバーディなら、もっとリーダーに食いついていてもいいくらい。「こんなけ獲っても2アンダーじゃね。ショック・・・」と、孔明が泣き笑い。  ...

スナッグゴルフ対抗戦茨城地区予選会と東京地区予選会を開催

日本ゴルフツアー選手権森ビルカップShishido Hillsが開催されている、その同じ会場内で、スナッグゴルフ対抗戦茨城A地区予選会と東京地区予選会が開催され、全国大会への出場権を狙った真剣勝負が繰り広げられた。  ...

悲願の日本ツアー初Vへ王手、中国の梁津萬 (リャンウェンチョン)が王手

中国の雄が、早くもスパートをかけた。この日の65は、5位タイから追いかける歴代覇者の小平智も「リャン選手は、違うコースを回っているんじゃないかと思う」。だれもが度肝を抜くスパートも、本人にはいくつリードがあっても満足出来 ...

大会専用アプリをご用意しました!

大会期間中、会場内に限りオーロラビジョンの映像を見ることができるアプリをご用意しました。そのほか、選手データやスコア速報、選手の現在位置情報、ホール解説など、お知りになりたい情報が盛りだくさんです。ぜひご活用ください。  ...

インターネット放送のお知らせ

今年は3年振りにインターネット中継を放送します。大会4日間、1番ホールと18番ホールのティーグラウンドから、グリーン上までの一部始終を当ホームページでお見せします!  ...

今年から駐車場が変更! 会場まで、ますます便利に

ギャラリーのみなさまの駐車場は昨年の笠間市畜産試験場跡から、今年は「常磐自動車道友部スマートI.C.」付近に変わりました。  ...

ギャラリーバスは、友部駅南口より毎日運行!

大会期間中は毎日、便利なギャラリーバスを運行します。出発はコース最寄りの友部駅南口から!  ...

DAY 2

熱戦の模様はインターネット中継で!

3年ぶりに、今大会で復活したインターネット中継は、スタートからホールアウトまで、宍戸の1番、18番をぶっ通し生放送! 大会3日目ももちろん、やります。この日も、歴代チャンピオンの髙橋竜彦をテレビ解説に迎えて、ときにはぶっちゃけトーク(?!)で生解説。 前日2日目は、先週優勝の手嶋多一や宮里優作、川村昌弘をホールアウト後にブースに呼んで、生トークを繰り広げました。 さあ、大きくゲームが ...

土日限定のあたり付き“がちゃがちゃ”が登場

今週から会場でお目見えした手塚プロダクションと、大会主催の日本ゴルフツアー機構(JGTO)のコラボ商品。同プロダクションを代表するアニメキャラクター「鉄腕アトム」とゴルフのコラボレーションがとっても楽しいJGTOグッズの ...

梁津萬 (リャンウェンチョン)が首位キープ

そのまま地面にひっくり返ってしまいそうな、変則スイングが特徴も目下、一生懸命に改造中という。「もともとアウトサイドに上げて、インサイドで下ろしてくるくせがあるのだけれど、そのままフィニッシュを取ると、右に行っちゃいそうに ...

宋永漢 (ソンヨンハン)はツアー初Vのチャンスも「僕にはまだ、難しいです」

日本ツアーも今年で3年目ともなれば、なかなか日本語も上手になってきた。「いやいや・・・」と、まだあどけない表情の23歳は照れて、「スーパーキャディのおかげです」。  ...

選手会長が「ここでは執念深く戦ったヤツが勝つ」

3打目勝負の長い池越えの17番パー4で、2メートルのパーパット。「入った、と思ったのが、最後にすっと曲がった。今日のゴルフを象徴している」と池田勇太。前ホールのボギーにちょっぴり浮かない表情で、上がってきた最後の18番は ...

小平智は通算3アンダー5位タイに「何の変哲もないゴルフ」

3バーディ2ボギーの70で、2日目も確実にスコアを伸ばしても「今日は何の変哲のないゴルフ」。一見、自嘲に聞こえる言葉も、2013年のチャンピオンにとっては、それこそがここ宍戸で優勝争いに加わる秘訣だと知っている。  ...

来たぞ、アトム~!!

本家本元の声援を受けて、ゴルフ界のアトムが踏ん張った。ここ宍戸は、過去2度の出場も、「かすりもせずに落ちた」と重永亜斗夢。昨年は2年連続の予選落ちを喫した苦手なコースで、成長の証を見せた。  ...

孔明がじわり浮上

賞金王は「よう耐えた」。宍戸でこれ以上は、望まない。「パーパットも渋いの入れたし」。68で回って通算2アンダーは8位タイにも「パッティングが紙一重。ティショットも一発曲げてからは、アッパー気味に打ってしまって。びびりなが ...

最年少ツアーメンバー。鍋谷太一が来年のリベンジを誓った(大会2日目)

悔しさをこらえて、宍戸の森を振り返ってぺこりと一礼。QT91位までの“ツアーメンバー”としては、最年少の18歳の初挑戦が終わった。2日目は、6時30分の一組目で出ていった鍋谷は、コースの洗礼をもろに受けた。2アンダーをマ ...

今年もチャリティフォトサービスを実施します

大会初日の4日木曜日から6日の土曜日まで、お好きなプロと写真が撮れる「チャリティフォトサービス」を実施します。1組1枚1000円以上のチャリティで、選手1人につき10名様まで受け付けます。  ...

今年も週末はグリーンフェスタかさまへGO!

大会の地元・笠間市のみなさんと一緒に大会を盛り上げる毎年恒例のイベント!! 「グリーンフェスタ笠間」は今年も、大会3日目(6日・土曜日)の夕方、最終組のホールアウト後に宍戸ヒルズカントリークラブ内のイベント広場にて開催さ ...

DAY 1

中国の梁津萬 (リャンウェンチョン)が単独首位に

今年はどの大会でもリーダーボードに名前を連ねる中国の英雄が、好スタート切った。「上がりの2ホールはとても難しいんですけど、ティショットが上手く打てた」と難関の17番、18番でも残した1メートルのパーパットを辛くも沈めて、苦笑い。 「この難しいコースでは、とにかく我慢すること。それが今日は良いスコアにつながった」と、4アンダーの単独首位にタイにつけた。 今年は、自慢のパンチショットにさらに磨 ...

インターネット中継を放送中です!

初日は、まず大会主催の日本ゴルフツアー機構(JGTO)の理事で、ツアー通算16勝を誇る鈴木規夫が座り、同日午後から同競技運営管理部部長の小山和顕があとを引き継ぎ、そして2日目からは、歴代チャンピオンの登場だ。  ...

ツアー初Vを狙う41歳はボギーなしの68にも山下和宏は「落ち着いていきましょう」

481ヤードと距離が長く、池越えの17番パー4は、2打目をグリーンの奥に打ち込んで、アプローチも寄せきれず「3メートルの曲がるフックラインは、うまく入れることが出来た」と、この日最大のピンチもしのいでボギーなしの68。  ...

2位タイの永野竜太郎が「宍戸は名前だけで難しい」

このツアープレーヤーNO.1決定戦は、2008年のプロデビュー前から毎年、NHKで見ていた大会である。「いつも、大変そうだ、と。相当に難しいんだろう、と思いながら見ていたので」。  ...

深堀圭一郎が、男同士の裸のつきあい

46歳のベテランは、2アンダーの8位タイにも「話せるようなことはまだ・・・。まだ試行錯誤の塊なんで」。すっかり慣れ親しんだはずの宍戸も、おそるおそる回ってきた。  ...

3時半起き! 河野祐輝(こうのゆうき)が上々の滑り出し

このツアープレーヤーNO.1決定戦に出られることが分かったのは、大会週に入った月曜日の昼。昨年、シード落ちを喫して、出場優先順位をかけた昨季末のファイナルQTでも、ランク89位に甘んじて、厳しい今季は今週も当初は出場権が ...

最年少ツアーメンバーは、今季本格参戦の18歳! 鍋谷太一が2アンダー

手引きカートをカラカラと引いて、キャディバッグを運んでくれるお父さんと、楽しそうに上がってきた。ファイナルQTランク20位の資格で今季、初の本格参戦の18歳。今季のQTランク91位までの選手を称する“ツアーメンバー”の中 ...

アトム来場・・・!

10万馬力の最強タッグが実現した。アトムの後押しを受けて、ツアープレーヤーたちの士気もますます上がる!  ...

PREVIOUS

連覇がかかる、竹谷佳孝!

昨年覇者は、今年も静かに開幕の時を待っている。「この1年は早かったですが、それでも自分なりに良い形で、ここに戻ってこられたな、という思いがある」と、竹谷佳孝。 本戦前日の3日水曜日に会場で行われた大会公式記者会見は、主催の日本ゴルフツアー機構会長の海老沢勝二と同・理事兼事務局長の秋田敏彰が大会の開催意義とみどころを語り、ツアーディレクターの中島和也が今年のコースセッティングについて説明するの ...

孔明が「俺もそろそろ初メジャー」

人生初の歓喜から、もう半年以上も過ぎてしまったけれど、改めて芽生えた喜び、そして自覚。「そろそろ、本当にエンジンをかけんといかん」。  ...

選手の目の色が変わる豪華特典が満載

ツアープレーヤーNO.1を決める今大会。優勝賞金3000万円に加えて、世界ゴルフ選手権「ブリヂストンインビテーショナル」の出場権と、そして何より勝てば5年シードのご褒美は、「やっぱり大きな魅力です」とは、片岡大育(かたお ...

今年のツアープレーヤーNO.1が決まる!!

2015年のジャパンゴルフツアーのトーナメント規程によると、“ツアープレーヤー”の定義は「ジャパンゴルフツアーの各トーナメントに出場する資格を有するプロフェッショナルゴルファーとする」。  ...

今年も将来を担うジュニア育成に取り組みます

「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」では毎年、将来を担うジュニア育成にも力を入れて参りました。今年も、“生涯スポーツ・ゴルフ”の魅力を若い方々にも積極的に伝えていきたいと、高校生以下のみ ...

宍戸でも、全英への道!

今年は5年に一度のセントアンドリュースを舞台に開催される全英オープンの“日本予選”は、ひとまず先週のミズノオープンで、同大会の最上位者4人に権利が与えられたが、もうひとつの“道”はまだ、続いている。  ...

広告