ゴルフ日本シリーズJTカップ 2015

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

石川遼が初の日本タイトル制覇!

 2015年ジャパンツアー最終戦第52回ゴルフ日本シリーズJTカップ最終日は、2位と4打差のトップでスタートした石川遼が、攻めるゴルフを貫き通し後続との差を広げ、14アンダーで本大会初勝利を挙げた。  スタートホールを3パットのボギーで発進した石川だが、「ショットがよければ勝ちきれる。それよりも次の1打に集中して」とあまり気にはしなかった。かといって、もちろん気持ちが緩んでいたわけはない。「 ...

昨年の賞金王はとうとう未勝利に終わる

石川遼の3打差を追う立場の小田孔明は、「勝つか、負けるか」。いちかばちかの最終日は、「崩れてもいいからがむしゃらにやる」。捨て身の覚悟で懸命に、追いかけたが前半早々に一度は6打差つけられて、いよいよ勝負の後半も、12番で ...

藤本佳則も未勝利のまま、まもなく2児の父も「お金より勝ち星が欲しい」

絶好調の石川に、後半いちどは3差まで詰め寄った。“ビリケンさん”はこのシーズン最終戦でなんとか、今年初めての勝ち星が欲しかった。特に後半は、そんな強い思いが詰まった9ホールになった。  ...

とにかくやり遂げた! 3期目の選手会長もフィナーレ

選手会長の、2015年も終わった。3期目の“重責”も、「集大成の年にする」と公言して、今年は「選手会長として、最多勝利で賞金王」との公約も掲げて、懸命に走り続けた1年も、金庚泰(キムキョンテ)の独壇場には、そんな池田勇太 ...

石川遼が14アンダーで逃げ切り優勝を決める。

第52回ゴルフ日本シリーズJTカップは2位の小田孔明と4打差のトップでスタートした石川遼が6アンダー3ボギー、通算14アンダーで後続を振り切り、本大会初優勝を挙げた。  ...

DAY 3

石川遼が最終日を前に、2位と3打差つける猛攻

ムービングサタデーの“遼劇場”はスタートホールでまさかの「フォア~」から始まった。ドライバーで打ったティショットは右へ。先週のカシオワールドオープンでも足踏みしたのは3日目。よぎる不吉な予感も、この日の石川はあっさりと吹き飛ばしてみせた。 右ラフからの2打目を確実にグリーンに乗せて、無難にパーで切り抜けると、そこからあとは「好調」と自認するアイアンで、ことごとくピンに絡めた。 「先 ...

「最後だから。明日は勝つか負けるか」孔明が捨て身の覚悟で挑む今季初V

6番パー5では、5番ウッドで打った残り252ヤードの2打目をグリーンの右奥から、うまく傾斜を使って、ピンまで5メートルにつけた。みごとなイーグル獲りも、この日は4バーディの66も、「自分なりに、良いゴルフはしていた」と ...

「イマイチだ!」といいながらも谷原秀人が4位タイに

初日、二日目と共にパーで身を潜めていた谷原が、6バーディ2ボギーの4アンダーで、4位タイに浮上した。この日のラウンドを振り返った谷原は「4アンダーって十分でしょ。良い日だったね」と話した。  ...

DAY 2

石川遼が良いフィーリングの中で4アンダートップタイに

先週のリベンジに燃える石川が、4アンダーで首位タイにつけた。前日初日に掴みかけていた好感触を発揮できたようで、「ショットが非常に良かったです」。パットの調子も良く、本人としては納得の出来である。  17番まで3バーディノーボギーと完璧なゴルフ。この日は次第に強い風が吹き、多くの選手が難条件に苦戦しスコアが伸び悩む中で、このまま単独トップの座に居座るかと思われたがピンチは最後に訪れた。   ...

策士、策に溺れる!? 孔明の秘策も泡と消える?!

2015年最終戦となるゴルフ日本シリーズJTカップ。2日目のこの日は、陽が高くなるにつれて風が強くなり、グリーンの速さも増していった。その難易度に、多くの選手が苦しみ、なかなかスコアも伸びない中でも、この日は2バーディ ...

黄重坤(ハンジュンゴン)は、2週連続優勝となるか

 2日目にして2週連続Vもにらめる首位タイ浮上だ。先週のカシオワールドオープンでツアー通算3勝目を挙げた韓国の黄重坤(ハンジュンゴン)。  ...

17番でチップインイーグル! 選手会長が集大成の年の瀬に大会初制覇を睨む

3期目の選手会長から、特大のガッツポーズが飛び出した。17番は535ヤードのパー5。ピンまで40ヤードのアプローチは、「キャリーするところも受けてるし、そんなに球を上げられるような感じでもなかったので、35ヤードくらいキ ...

DAY 1

ふすまで開眼!?片山晋呉が6アンダーの好発進

夏以降調子をグイグイ上げ、先週も3位タイでフィニッシュした片山晋呉が今週もノリにノっている。この日初日は1イーグル4バーディノーボギーの6アンダー、2位と2打差の単独トップで飛び出した。  「出だしから、い~いパットが入りました」と1番から3連続バーディのロケットスタートには実はある秘密があった。  前日水曜日のプロアマ戦終了後に自宅に戻った片山は、部屋のふすまを閉める際に、ふとその手の ...

有終の美を飾りたい小田孔明

 昨年は、最終戦である本大会で藤田寛之との賞金王争いに決着をつけて、初の王座を決めた孔明だが、今年はここまで優勝なしと自分への不甲斐なさで胸一杯だ。  ...

藤本佳則も勝ち星が欲しい。

 2015年の最終戦となるゴルフ日本シリーズJTカップ。出場人数30人の狭き門は、もっぱら今年の勝者が占めるが、その中でも今季未勝利ながら、賞金ランク4位で出場資格を得たのが藤本だ。  ...

PREVIOUS

ディフェンディングチャンピオンは、今年も大会を楽しみ尽くす!

 1998年と2001年、そして昨年と3度の優勝経験がある、まさに“シリーズ男”だ。それだけに宮本勝昌の、この大会への思い入れは並大抵のものではなく気合を入れて今週は、会場への一番乗りを目指したが、そこは残念ながら韓国の宋永漢(ソンヨンハン)に先を越されてしまって悔しそう。  それでも気を取り直してさっそく月曜日から、コース攻略に虎視眈々。 「今までで一番グリーンが難しいんじゃないかな。ラフも ...

先週2位の石川遼は「今週こそは!」

 先週のカシオワールドオープンではトップで最終日を迎えながらも黄重坤(ハンジュンゴン)に逆転負けを喫した悔しさを何よりのモチベーションに、今週はリベンジに燃えている。  ...

お久しぶりの日本ツアーで「何かきっかけをつかめたら」と岩田寛

入れ替え戦である「ウェブ・ドット・コムツアーファイナル」を経て、今季米ツアーへの本格参戦を果たした岩田が、このシーズン最終戦に合わせていったん帰国した。  ...

出場選手一覧

金庚泰 (キム キョンテ)の2度目の戴冠はすでに決定したが、今年選ばれし者たちの戦いは、まだ決着がついていない。  ...

広告