カシオワールドオープン 2015

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

黄重坤(ハンジュンゴン)が激戦を制して逆転優勝を決める!

 ハンは集中していた。ショットやパットを常に良い状態に保つ為に。ただそのことに意識を集中させていた。  3番ホールから3連続バーディを獲るもトップの石川も4番ホールから3連続バーディ。9番ではボギーを叩いてしまい、一方の石川はバーディで3打差に。石川との差は縮まらずにむしろ開いていた。さぞハンは焦ったと思いきや「あまり考えていませんでした。ぼくがバーディ、バーディ、バーディって獲ればチャンスはあ ...

自分を出し尽くす事はできたけど…石川遼は優勝を逃し悔しさの残る結果に

 2位と1打差でスタートしたホストプロ石川遼は、4番でこの日初のバーディを獲ると5番、6番でも連続バーディ、さらにフロントナインの締めくくりとなる9番でもバーディを獲り、この時2位だった黄重坤(ハンジュンゴン)との差も3 ...

鬼が笑った!金庚泰(キムキョンテ)が2015年賞金王の座に。

 2015年ジャパンツアーは、次週が最終戦となるが、それを待たずして今大会で今年の賞金王が決定した。今季5勝と圧倒的な力を見せつけ、キョンテが2010年以来となる2度目の賞金王となった。  ...

賞金シード争いもひとまず決着。初シード選手は?

 ツアーは来週のゴルフ日本シリーズJTカップが最終戦となるが、シード権争いを繰り広げる選手たちは今大会が最終戦となった。  ...

初の賞金シード入りに歓喜するものがいる一方、シード陥落に涙する者も

 シード権争いをするものにとってはこのカシオワールドオープンが最終戦となり、1年間戦い抜いた結果が現れる日となった。多くの選手があと一歩に泣くことなり、勝負の世界の厳しさを改めて感じさせられた。   ...

黄重坤(ハンジュンゴン)が逆転優勝を決める。

2015年のカシオワールドオープンは本大会の2012年の優勝者である黄重坤が通算15アンダーで逆転優勝を決めた。  ...

DAY 3

トップで最終日を迎えるも危機感を持つ石川遼

好調だった予選ラウンドとは一変し、この日の石川遼はスタートからピンチだった。1番ホールでは右方向に飛んだティショットは斜面に止まり、スイングしづらい状況に。「僕的にはあのような状況が一番いけないと思いますね。前に木があったり、スイングできないような」。何とかうまくグリーンに乗せ、パーで切り抜けたものの、この日はここまで好調だったパットがなかなか決まらない。2番と15番では3パットを叩いてのボギー ...

ブレンダン・ジョーンズが1打差の2位タイに

 2001年より日本ツアーに本格参戦し、通算13勝を挙げているブレンダン・ジョーンズがトップの石川に1打差の2位タイとなった。  ...

韓国出身23歳の黄重坤(ハンジュンゴン)がトップと1打差に。

 本大会2012年のチャンピオンであり、石川遼よりも1つ年下の黄重坤が4バーディ2ボギーの通算9アンダーでトップを行く石川との差を1打に縮めた。  ...

DAY 2

ホストプロ石川遼が2位と4打差のトップに。

初日に続き、この日もノーボギーで猛チャージ!予選ラウンドを二日ともノーボギーでラウンドしたのは2012年の本大会以来2回目だ。さらにこの日はトップタイとなる7個のバーディを量産し、11アンダーで2位の黄重坤(ハンジュンゴン)と4打差のトップへと躍り出た。  「課題としていたショートアイアンの部分が10%~20%くらい良くなりました」と引き続き好調さをアピールした。しかし、「パットもショット ...

「ここはオレの庭だから」小田孔明が通算6アンダー3位に浮上

本大会2008、2009年のチャンピオンである小田孔明はこの日7バーディ1ボギーでラウンドし、通算6アンダーの3位に浮上した。  ...

今野、塚田、丸山といったベテラン勢がシード落ち

 今週のカシオワールドオープンは、シード権争いの選手たちにとっては事実上の最終戦となるが、決勝ラウンドに進むことができずに5人の選手のシード落ちが確定した。  ...

DAY 1

ベテラン44歳平塚哲二が初日トップスタート

 昨年の10月のトップ杯東海クラシックを左肘痛で棄権し、そのまま戦線離脱。今年2月に左ひじの手術を受け、懸命のリハビリの末、9月のANAオープンに復活を果たした平塚が5バーディノーボギー、5アンダーの単独トップでスタートをきった。  トップに立つのは2014年関西オープンゴルフ選手権以来の平塚、アテスト終了後に記者に囲まれると「どうもこうもないよ。楽しんでやりますよ。」と落ち着いた様子で答え ...

ホストプロ石川は二人三脚で4アンダーの2位タイに

大会主催のCASIO所属のホストプロ石川遼は、昨年の妹の葉子さんに続き、今年は弟の航(わたる)くんがキャディーとなり二人三脚でのプレーとなった。「本当によく頑張ってくれました。僕にとってはまだまだ赤ちゃんのイメージしかな ...

スポンサーへの恩返し!小林伸太郎がトップと一打差2位タイの好発進

 マイナビABCチャンピオンシップ以来3試合ぶりの出場となった小林が4バーディノーボギーで2位タイの好スタートをきった。  ...

2位タイに韓国の27歳趙珉珪(チョミンギュ)

 韓国の趙珉珪が2011年の関西オープン以来のツアー2勝目を目指し好発進となった。  ...

PREVIOUS

石川遼がCASIOとの所属契約更新を発表

世界を舞台に戦う石川遼に改めて心強いサポートがついた。今大会の主催者であり、2013年4月より所属契約を結んでいたカシオ計算機株式会社(以下CASIO)との契約を2016年4月より2年間の契約で更新することが発表された。    石川は「僕にとって時計は(大事なものとして)最前列であり、世界を旅する自分にとって身近に感じるもの」と自身がプレー中常に身につけており,CASIOが持つ時計ブランド“ ...

ホストプロ片岡大育はプレッシャーを跳ね除け地元初優勝を狙う

 去年までの片岡大育とはひと味もふた味も違う。今年は『関西オープン』でツアー初優勝を挙げさらに『マイナビABCチャンピオンシップ 』では2位タイの好成績。賞金ランキングも14位と急成長をとげ、所属となって6年目となるKo ...

深堀圭一郎、宮里聖志、アントキの猪木の3人が爆笑トークを展開!

夕暮れ時の買い物客でにぎわうイオンモール高知 南コートに深堀圭一郎、宮里聖志、アントキの猪木の3人が登場し、「トークアンドライブ CASIOだ~」が開催された。これはカシオワールドオープン(Kochi黒潮CC)開催に合わ ...

連覇がかかる、片山晋呉

昨年は、シーズン最終戦から数えて伝統の4戦のうち、唯一勝てずにいたこのカシオワールドオープンで、弟子の冨山聡に3打差をつけて、自他共に認める“横綱ゴルフ”でツアー通算28勝目を飾った片山。  ...

広告