ダンロップフェニックス 2015

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

宮里優作がぶれない心でつかんだツアー3勝目

フェニックスカントリークラブで開催された「ダンロップフェニックストーナメント」は宮里優作が通算14アンダーで逃げ切り、ツアー3勝目を挙げた。  「ほんとにねぇ、良かったですよ~。(若手の)壁になることができました。あっさり乗り越えられたらどうしようかと思ってましたよ。こうやって勝つんだぞ!ってところを見せることができてよかったです」と満面の笑みで答えた。  さらに粘って勝つことの大事 ...

2日連続のイーグルフィニッシュ!松山英樹は2位タイで大会を終える。

 イーグルパットを決めた瞬間、18番グリーンを囲んだ大勢のギャラリーから割れんばかりの大歓声が起こった。最終日18番での唯一のイーグル、そして2日連続のイーグル締めで大会を終えた松山英樹は「獲るしかないと思っていた。入っ ...

藤本佳則は、「もう2位は大丈夫です…。」

2日目、3日目とバーディを量産しギャラリーを沸かせた藤本佳則も、最終日は「静かにしていた部分が裏目に出てしまった」と我慢の展開に苦しんだ。結局2打差の2位タイでのフィニッシュとなり「お互いが動く展開ではなかったですね。 ...

宮里優作が1年7ヶ月ぶりにツアー3勝目を挙げる!

 フェニックスカントリークラブで開催された「ダンロップフェニックストーナメント」は宮里優作が通算14アンダーで逃げ切り、ツアー通算3勝目を挙げた。  ...

DAY 3

宮里優作は「壁になる!」

スタートの1番でボギーが先行しても、「落ち着いてやれた」と、微動だにしなかった沖縄魂も、さすがに最後の18番では「気合いが入った」。235ヤードの2打目は、17度のユーティリティアイアンで、カップをかすめてぴたりと寄った。 2.5メートルのイーグルパットは「これはちょっと、入れとかなあかん」。この難コースでは、2位との差はいくつあっても足りないくらい。「このチャンスを逃したらあかんやろう」と ...

藤本佳則は2打差の2位に「勝つだけ」

前半9ホールでパーなしの31をマークした前日の2日目に続いて、ビリケンさんには、相変わらず忙しい1日。  ...

18番でイーグル! 松山英樹が連覇にチャンスを残した

最後にやっと、喜びの笑顔が出た。18番は240ヤードから、2オンに成功して2メートルのイーグルチャンス。「今日はなかなかああいうパットが決まらず、外してばかりで、ため息ばっかりだったので」。  ...

レッスン料をせびられながら、今平周吾がV争い

初出場の大会で、世話焼きの先輩たちの優しさが身に染む4位タイ浮上だ。ましてこの日は同組で、かたわらの恩人の嫌味も心地よい?!  ...

DAY 2

藤本佳則が前半パーなしの珍スコアで首位タイに

前半の9番で7メートルのバーディトライが沈んで、とうとうめったにないスコアカードが完成した。“ビリケンさん”自身も途中からそんな予感がしていた。「途中から、俺このままパーが1個も取れへんのん違うかな」。 的中した。9ホールすべて丸と三角が並んだ31は、大会の9ホール最多獲得数タイ記録の7つのバーディと、2つのボギーで埋め尽くされて、「なんか、自分でも気持ち悪かったよ」と、笑った。 「だけど ...

ホストプロ! タンヤゴーン・クロンパは晴れてシード権が取れて、自信満々!

優勝争いも、難コースも、ひとつ足かせが取れたら、どれも簡単に思えてくるから不思議だ。今週も、タイ出身の25歳が絶好調だ。  ...

勝負メシはチキン南蛮!? 竹谷佳孝が粘った

単独首位で出たこの日2日目は、前半のインコースで、3つのボギーが先行しても、みじんの動揺もなかった。「このコースはちょっとでも曲がると、キックして、簡単に林に入ってしまう。分かっているから。今日も落ち着いてプレーが出来た ...

賞金1位と2位が同スコアで決勝ラウンドへ・・・! 週末は賞金レースも見もの

賞金ランク2位の池田勇太は、相変わらずこの日もグリーン上で、苦戦を続けて「ま~あ、よう外すわね。昨日から」と、苦笑いも通算5アンダーは、首位と2打差の4位タイにつけて、さすが2010年に今大会を制したことはある。  ...

DAY 1

宮崎合宿の成果を今こそここで!! 竹谷佳孝が単独首位に

昨年悲願のツアー1勝は、ツアープレーヤーNO.1決定戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」を制しても、35歳は相変わらず控えめだ。 初日からさっそく、呼ばれた記者会見は、壇上のふかふかのソファでマイクを握って「僕なんかがおこがましい・・・。今日だけです」。おどけて照れたが、心に秘めた思いは熱い。「今週はどれだけドキドキしても、守らないと決めている。今週は守ら ...

宮里優作はツアー通算3勝目も寝て待て!

プロ14年目の35歳が、首位タイで呼ばれたテレビインタビューで戸惑った。「えっ、どこに行けばいいの? 俺初めてだから・・・」。今大会は、連続の11年目の出場も途中成績を含めても、トップ5入りはまだなく「大好きなコースなん ...

ホストプロ! 星野英正が余裕の3位タイ発進

大会主催の契約選手として、この大会に立つのも、もう15回目。「グリーンの速さも、もう身体で覚えているから」。大会の常連だからこそ、前日18日に中止となったプロアマ日も含めて、大雨続きのグリーンは、ついいつもの高速グリーン ...

賞金ランク2位の池田勇太は「自分が頑張るだけ」

初日から、全体のスコアが伸び悩んだので、初日のスタートとしては、「悪くない」。首位との差も3つは、悲観する差でもない。  ...

額賀辰徳は好発進で、新クラブをアピール

2010年に2年連続の受賞を含む、3度のドライビング王が、大事なホスト試合で、今冬発売予定の新クラブの何よりの宣伝となる好発進をした。  ...

松山英樹は17位タイスタート

初日から、世界ランク22位のジミー・ウォーカーと、ニュージーランドのダニー・リーと本場米ツアーさながらの組み合わせも、連覇を狙うホストプロは駆けつけた宮崎のゴルフファンにも「今日はいいところがあまりなく、盛り上がることも ...

PREVIOUS

松山英樹は「苦戦」を覚悟も連覇は譲らん!

日本勢としては、1996年に3連覇を達成したジャンボ尾崎に続く大会連覇にむけて、沸々と高ぶってくるものがある。「連覇への気持ちは強い」。ホストプロとして、2年連続で主催者を喜ばせたい気持ちも強い。 「だけど、今からそれを意識しても、良いことはないでしょうから、昨年勝ったことは忘れる」。 なぜだろう。「去年はコースが広く、それほど難しくないと思ってプレーした。自信も、あったからかな」。今年は前週 ...

鬼の霍乱! 金庚泰 (キムキョンテ)が2試合ぶりの復帰も

あまりにベタで申し訳ないが、これぞまさに鬼の霍(かく)乱。今週も、白いマスク姿で会場に現れた庚泰 (キョンテ)は、いまだ目はうつろで、けっして本調子とはいえない。  ...

2週連続優勝がかかる! 片山晋呉は「丸4日、何もやっていない」

この日18日水曜日は朝から、雷を伴う激しい雨。プロアマ戦が中止になり、前日火曜日にはコースに移動してきたばかりで、ほとんど何も手つかずで、さらに月曜日は「ファミリーセールに行ってきた」。ツアー通算29勝の余韻も1日リフレ ...

プロアマ戦は中止

18日水曜日に行われる予定だったプロアマトーナメントは、朝からの悪天候のため、中止となりました。豪雨に加えて時折、雷が鳴る不安定な天候が続いており、ご来場のみなさまは、くれぐれもご注意ください。  ...

松山英樹が連覇を狙う

11月19日から4日間の日程で、今年も宮崎県のフェニックスカントリークラブで行われる「ダンロップフェニックス」に昨年覇者のホストプロ、松山英樹が帰ってくる。  ...

広告