東建ホームメイトカップ 2015

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

2015年のチャンピオン第1号はマイケル・ヘンドリー

今年、最初のトーナメントを制したのは、ニュージーランド出身の35歳。今年3年目の日本ツアーは、「絶対に、勝ちたいと思って戻ってきたけれど。まさかこんなに早く勝てるとは!!」。 3打差の4位タイから出た最終日は、逆転V。大混戦の前半も虎視眈々と、いよいよサンデーバックナインは2度の連続バーディで勝負に出た。 「12番でバーディを取って、その気になった」。単独首位に踊り出ると17番は、この日6 ...

山下和宏が単独2位に「これからまだゴルフが出来そう」

17番でグリーンの手前から、ユーティリティアイアンで1メートルに寄せて、3連続バーディを奪って首位とは1打差。迎えた最後の18番は、フェアウェイのど真ん中から右手前7メートルに乗せた。  ...

宮本勝昌が「さい先の良いスタート」

昨年のツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」に続く年またぎの連勝には、「あと一歩でしたね」とそこは残念だった。昨年大会の優作の再現・・・とはいかなかったが、「今年も頑張るぞ、って」。早速そんな気持ちになれそうな好発 ...

開幕戦で過去2勝! 高山忠洋が64をマーク

前日3日目を終えた時点で、「俺の今シーズンはもう終わった」。開幕戦から早々に白旗は、「パットが全然入らない」。昨日はわずか80センチを外した。昨年から、持病の手首痛もほぼ完治したのを契機に、「これからはもっとスケールの大 ...

道具もスポンサーも一新! 心新たに藤本佳則

愛息の応援に、ビリケンパパが発奮だ。最終日は、14番からの4連続バーディで、一気に8位タイ浮上。  ...

最年長賞金シード選手! 室田淳は今年もすごいぞ

今年もさっそく春から、存在感を示した59歳。室田が最終日に66をマークして、12位タイで2015年の幕を開けた。この日奪った8バーディは、愛するゴルフファンのため。「見に来てくれた人たちに、楽しんでもらいたいんだ。だから ...

東建ホームメイトカップキッズイベント第15回桑名スナッグゴルフ大会を開催

ニュージーランドのマイケル・ヘンドリーが、日本ツアー初優勝を飾ったその同じ会場で、東建ホームメイトカップキッズイベント第15回桑名スナッグゴルフ大会が開催され、市内の小学生40人が参加した。  ...

DAY 3

韓国のH・W・リューが単独首位浮上

日本ツアーは4年目の33歳が、65で回って2位と2打差の単独首位に躍り出た。韓国のリューは、2012年に愛知県の三好カントリー倶楽部で行われたコカ・コーラ東海クラシック(現・トップ杯東海クラシック)で、異例の無観客試合を制してツアー初優勝を飾った選手。 台風の襲来で、やむをえない処置もあの片山晋呉とのプレーオフを制した勇姿も、お客さんに披露出来なかったことだけは、今でも心残りだ。 それ ...

出社拒否寸前!? 山下和宏がV争い

せっかくの開幕戦も“出社拒否”寸前だった選手が、優勝争い加わった。9位タイで決勝ラウンドに進んだ前日の2日目には、「明日、アンダーパーが出れば本物」と話していた。  ...

片岡大育(かたおかだいすけ)が自身初の最終日最終組に挑む

いよいよ最終日につながる大きな1打。最後の18番は、ティショットを右のバンカー。「あごが高くて、グリーンを狙うのは、厳しい」。左サイドのバンカーを狙った。  ...

谷口徹が4位タイ浮上に「がつがつしなくてもいける」

2015年のジャパンゴルフツアー開幕戦も、週末の決勝ラウンドを迎えてベテランが、じわじわと戦闘モードを上げてきた。谷口が、弟子を蹴散らす65。  ...

桑原克典が三文の徳で8位タイ浮上

早起きは三文の徳を、地で行く急浮上だ。この日3日目は、1番から8時10分の第一組で出ていったベテランが、66で回って8位タイの急浮上だ。  ...

DAY 2

プロは何より体が資本! 韓国のベテラン、I・J・ジャンが単独首位に

プロ17年目、日本ツアーは11年目。42歳のベテランにはもはや、2015年の開幕戦にも気負いはない。この日2日目の強い風にも、「朝は雨も降ってて寒かったぁ~」と、どこかノホホンと「でも、風が吹くと集中出来る」と、技と経験を駆使してうまくスコアをまとめてきた。 予選ラウンドが終わって、単独首位と絶好の位置にも目下、気にかかるのは体のことで、「40を過ぎたらとにかくケアが大事」と、しつこいくらい ...

祝・予選突破! 片岡大育(かたおかだいすけ)が2位タイに

美人キャディとの二人三脚も足並み軽く。プロ9年目の片岡が、強い風の中で69で回って順位を上げてきた。後半の7番では、バンカーから迷いながら打ってボギーを打った。すぐにかたわらから、力強い声がする。「風の中のラウンドで迷い ...

今季初シード入りの20歳。稲森佑貴の見聞録

昨季の賞金ランク75位は、いわゆる“第二シード”の枠ながら、出場わずか7試合で“初シード入り”を果たした20歳は、初出場の今大会に「開幕からこうして出させていただいたのは、光栄なこと」と、ぺこりと律儀に頭を下げた。  ...

QT1位! C・キムが4位タイ

身長188センチ。体重105キロの体躯が、開幕戦でひときわ目立つ。C・キムことチャン・キムは昨季のファイナルQTランク1位の資格で、今季日本ツアー初参戦の25歳。  ...

推薦出場! 小袋秀人が好機を生かすか

多度に、いつもの風が吹いた大会2日目。ゴルフ界の“コブクロ”が、オフの特訓の成果を示した。  ...

DAY 1

シード復活組! 市原弘大(いちはらこうだい)が首位発進

昨季の賞金ランクは57位で、3年ぶりのシード復帰を果たした2015年の開幕戦は、いきなりのスタートダッシュだ。2番から4連続バーディで、スコアボードを駆け上がっても、浮かれない。「このくらいで満足している場合じゃない」と、6番では風向きを意識しすぎて右の池ポチャも“OKボギー”で踏みとどまって、このオフの“初合宿”の成果を示した。 ホールアウトするなり、どや顔の大ベテランに言われた。 「俺 ...

連勝がかかる。宮本勝昌はいくつになっても甘えん坊・・・?! 

プロ20年目の42歳とて、「いくつになっても甘えん坊じゃないけれど。開幕戦は、何年たっても緊張するもの」。どの選手にとっても心が震えるこの瞬間。2015年の開幕戦の初日の第1打は、ツアー10勝の実力を持ってしても、出だし ...

初シード組! 正岡竜二が「父ちゃん、稼ぐよ~!」

昨季の賞金ランクは56位で初シード入りを果たした32歳には、まさに緊張の開幕戦。スタートの1番で、フェアウェイのど真ん中から、右のバンカーに打ち込んでボギー発進。続く2番もまたボギーで、顔面蒼白。  ...

マイペースが一番?! 復活を目指す甲斐慎太郎

昨季のチャレンジトーナメントの賞金ランク2位からの“復帰組”は、このオフもJGTO主催の“宮崎合宿”に3年連続の参加を果たして、刺激を受けた。  ...

夢は息子とマスターズ! 鈴木亨がボンバー

開幕戦初日のリーダーボードから、一度は消えたベテランが、やにわに盛り返してきた。上がりの2ホールで、一気に3つ縮めてボンバー鈴木。17番のパー5は、ピンまで228ヤードの2打目も、「20年くらい前なら、3番アイアン」と苦 ...

58歳! 尾崎直道が3アンダー

ホールアウトするなり、大きなため息。「あ~、疲れた!」。ツアー通算32勝の永久シード選手も来月18日に、59歳。今年も開幕戦からレギュラーツアーに乗り込んで来たが、「まさか、3アンダーで上がれるとは思わず」。  ...

PREVIOUS

今年全27試合の大成功を祈って・・・!

早朝の豪雨が、うそのように上がった。会場の東建多度カントリークラブ・名古屋に、ひととき神聖な空気が流れた。 恒例の鏡開きは今年、おごそかな神楽の音色で幕を開けた。 上げ馬神事(あげうましんじ)でも有名な、コース近くの多度大社は、地元の方々の崇敬を集める古式ゆかしい神社である。古くは相撲や馬くらべなどの勝負事で、右方の勝者を祝して奉納されたという「納曽利(なそり)」の舞。2015年のジャパンゴル ...

「最多勝利で2年連続の賞金王」孔明は今年もブレない!

背中に刺さる、ライバルたちの視線が痛い?! 誰もかれもが口にする。15日水曜日は、開幕前日のプロアマ戦。スタートはそのトップを飾った昨年覇者の宮里優作も、その次の組は大会2勝を誇る高山忠洋も、声を揃えたのが「ストップ・ザ ...

藤田寛之が目指すもの

午前中のハーフで、弟弟子の宮本勝昌と、上井邦裕との練習ラウンドを切り上げると、練習場へ。時折、激しく降る雨も、強風にもかまわず居座った。冷たいしずくが肩を濡らす。黙々と球を打ちながら時々、顔をしかめて背中をそらす。  ...

マー君が2年ぶりの開幕戦

交通の利便を考えて、今は関西在住だが、三重県の四日市市出身の川村昌弘。2013年の「アジアパシフィック パナソニックオープン」でのツアー初優勝を足がかりに、世界に飛び出し、日本の開幕戦は実に2年ぶりだから、今週は本当に久 ...

諸藤将次が復帰戦!

ツアーきっての飛ばし屋が帰ってきた。2015年の開幕にぎりぎり間に合った。表舞台から一時、姿を消してほぼ丸2年。2013年のつるやオープンの後から戦線離脱。  ...

そして鏡開きは15日水曜日!

そして、いよいよ15日水曜日は、恒例の鏡開きでファンのみなさまとご一緒に、今年の開幕をお祝いしたいと思います。10時より、東建多度カントリークラブ・名古屋のクラブハウス前のパッティンググリーンで、選手会長の池田勇太と、日 ...

さあ、待ちに待った開幕です!!

選手会長の威勢のよい一声で、始まった。「さあ、僕らも待ちに待った開幕です!」。ファンのみなさまにも、大変長らくお待たせしました! 16日木曜日に、いよいよ三重県桑名市の東建多度カントリークラブ・名古屋で始まるジャパンゴル ...

広告