中日クラウンズ 2014

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

金亨成が55回大会を制す、ツアー通算3勝目【インタビュー動画】

55回という長い歴史に新たに名前を刻んだのは、韓国出身の33歳。5人の歴代覇者を向こうに回して金が余裕綽々と、逃げ切った。「優勝は神様が決めること」が、V争いの際の口癖だがそれをまさに地でいくツアー通算3勝目だった。 2打差の単独首位で迎えた最終日は、この日も強い風が吹く中で、とことん神懸かっていた。7番ではあわやホールインワン。8番アイアンでピンそばを捕らえる会心の一撃で、同ホールでダブル ...

55回大会は韓国勢のワンツーフィニッシュ

金には4打差つけられてしまったが、単独2位につけたのはやはり韓国出身のベテラン。I・J・ジャンは先週5位のつるやオープンから引き続き、母国の大惨事を悼む喪章をつけての渾身プレーだ。  ...

今野康晴は上がりの連続ボギーで

岐阜県出身の今野は、きわどいパーパットを拾いまくって一時は首位に1打差と迫ったが、ついに上がりの2ホールで失速した。プレーの進行状況に関して注意を受けて、集中力を切らせてしまったようだ。 ...

初Vは近いぞ! 岩田寛

今年のヒロシは一味違う。「よくみんなにも言われます。変わったね、と」。以前はひとつのミスに、キレてますますミスを重ねる悪循環で、優勝を逃してきたが、「今はボギーを打ってもこれで終わりじゃないと思える。33歳になって、気付 ...

石川遼は5位タイに終わる

勝負の分かれ目は、早い段階でやってきた。7番パー3だ。9番アイアンのティショットで風の強さを読み違えた石川は、奥のバンカーに打ち込んだ。  ...

DAY 3

単独首位の金亨成(キムヒョンソン)は「母国に良いニュースを届けたい」

強い風が、木を揺らす。「今日の風はハンパない」。特に午後から勢いを増して、しかも上空をくるくる舞った。「1分前にはアゲンストの風が、打つ瞬間にいきなりフォローになったり。ジャッジがとても難しくて」と、いまはショットにかなりの自信がある選手にとっても、タフな1日。 たとえ会心の1打を打っても、あっけなく風に持って行かれる。その中で、いかにパーを拾っていくか。 9番で、2打目をグリーンの奥に打 ...

近藤共弘はついに4日間とも・・・

2008年大会のチャンピオンで、昨年も地元和合で初日に単独首位。地の利は確実にあるはずだが、今年も最終日を最終組で迎えることが、本人には不思議で仕方ない。  ...

今年の和合は、石川遼にも興味深い現象が

歴代チャンピオンの包囲網だ。単独首位の金亨成を取り囲むのは、一度は和合を制した男たち。「そうなんですよ・・・! 僕もそこは興味深かった」と目を輝かした石川もまた、2010年大会のチャンピオンだ。  ...

岐阜県出身! 今野康晴は「こっちはこっちで頑張ります」

5位タイの今野もやはり、歴代覇者だ。ツアー通算7勝は、99年の今大会で初優勝を飾った。  ...

DAY 2

松村道央が首位を死守

選手の誰もがいうとおり、和合はそんなに甘くない。石川遼のギネス記録にも迫る「60」を出した翌日ならなおさらで、この日も出だしこそ連続バーディで、「最高のスタートが切れた」と、喜んだものつかの間、風も吹き、徐々にグリーンも硬く締まってくる状況に昨年覇者も改めて痛感した。 「和合は手強い」。 初日の差はあっという間に詰まった。首位は死守したが、金亨成に並ばれた。団子状態の上位争いの中には、5打 ...

金亨成(キムヒョンソン)は名古屋コーチン

韓国勢には名古屋グルメが、力のみなもと。「ハンパない、ちょー美味しい」と、金の大絶賛は名古屋コーチン。「焼き鳥、美味しいですね」。特にお気に入りの味付けは「ゆじゅ」。ちょっとナマッてしまいましたが、「柚」のお味がお好きな ...

I・J・ジャンはひつまぶし

後輩の金が名古屋コーチンなら、ジャンはうなぎだ。一昨年に、大会初制覇を達成した際にも話していたが、名古屋名物ひつまぶしはジャンの大好物だ。  ...

石川遼は3打差4位タイに

ドライバー一辺倒で、樹立した2010年のギネス記録。あれから4年が経ち、2年ぶりの和合は攻め方も、心構えも石川はがらりと、変化していた。  ...

DAY 1

昨年覇者が10アンダーをマーク

昨年は通算2アンダーで和合を制した選手が、今年は初日から、なんといきなり10アンダーの大盤振る舞い。松村道央が、2010年に石川遼が達成したギネス記録の58にも迫る勢い。 1番は、1.5メートルのバーディが決まると、「あれで波に乗りました」。打てば寄る、打てば入ると、この日の松村は、何をやっても上手くいく。16番では、手前から30ヤードのアプローチがチップイン! 「10バーディ目で、50台 ...

I・J・ジャンはレジェンドたちに刺激を受けて

9番でイーグルを奪って「すげえな!」と、レジェンドから賞賛を浴びた。「青木さんと今日は、生まれて初めて一緒に回るんです」と喜々として、52度のウェッジで打った残り92ヤードの2打目が直接カップを捕らえれば、なおさら「今日 ...

金亨成(キムヒョンソン)は「今年もハンパない」

昨年は、史上初のルーキーキングに輝いた松山英樹に次いで賞金ランク2位につけた金が今季も相変わらず、ノリノリだ。  ...

岩田寛は「おめでとうは、結果が出てから」

5アンダーをマークして、いよいよあがりの2ホールは、ピンチをしのいで上がってきた。17番のパー3は、バンカーから左足下がりの2打目を80センチに寄せた。最後の18番も、手前のバンカーは目玉のライからパーセーブだ。  ...

PREVIOUS

藤田寛之は「ぜひ勝ちたい試合のひとつ」

先週日曜日の夜は、珍しく眠れなかった。「0時にようやく寝れたと思ったのに、3時半にはもう目が覚めてしまって」。そのまま寝付かれずに、月曜日は寝不足のまま、トレーニングに向かった。 大会3勝目をあげたつるやオープンは、最後まで息詰まる展開に加えてプレーオフで決着。「神経が刺激されて、なかなかリセットされないというような状態で。こんなことは、最近なかったんですけれども」と、藤田。 「先週の ...

宮里優作は“地元”で連勝!

昨年2月に引っ越しをしてきた名古屋はもはや、“地元”といってもいい。年またぎの国内連勝を達成したジャパンゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」もまた、三重県のコースまで毎日、車で通ったが、今週の和合はさらにご近所。 ...

親子で和合に挑戦

近頃はテレビ解説でもお馴染みの加瀬秀樹のバッグを担ぐのは、18歳になる長男の哲弘さん。高校の米留学からいったん帰国して、9月から再び米留学前の武者修行?!  ...

ギネス対決!!

スポンサー競技としては、もっとも古い歴史を持つ中日クラウンズは今年、節目の55年大会。記念の年は火曜日に、実に20年ぶりに開催されたチャンピオンズマッチ(5日CBCテレビ15:56~16:50)をはじめ、本戦に入っても見 ...

レジェンド集結!

蒼々たる顔ぶれは、55回の歴史があればこそ。今年の記念大会は、あのマスターズさながらに、伝説の男たちが和合に集結する。  ...

今年もけなげに咲くたんぽぽの花に励まされ・・・【動画UP】

今年も、けなげに咲くたんぽぽの花に遭いに行くためには、どんな面倒もいとわない。常連メンバーたちにとってはもはや、欠かすことのできない大切な恒例行事だ。中嶋常幸が、和合の1番パー4で、ティショットを直接入れるアルバトロスを ...

チャンピオンズマッチを開催

これだけの顔ぶれが一堂に会すとは。ゴルフファンにはたまらない1日。それもこれも大会が、55回という長い長い歴史と伝統を守り続けてきたからこそ。  ...

連覇がかかる、松村道央

今年は春から、楽あれば苦あり。今季ツアー初戦の「インドネシアPGA選手権」で逆転Vを飾って、幸先の良いスタートを切ったのは良かったが、続いて国内開幕戦の「東建ホームメイトカップ」は初日にスコアカードの自著漏れで痛恨の失格 ...

広告