ゴルフ日本シリーズJTカップ 2014

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

宮本勝昌が3度目の頂上決戦を制す【インタビュー動画】

ツアーきっての“営業マン”が、今年最後の舞台で輝いた。宮本が、4年ぶりに戻ってきたこの頂上決戦で、逆転の今季2勝目をあげた。最終組の3つ前で上がって、結果を待つ間。“勝利の美酒”ならぬ、缶コーヒーの「ルーツ アロマブラック」。ついでに、祝福に駆けつけた兄弟子は「アロマゴールド」。藤田とボトル缶の栓をプシっと開けて、小さく乾杯。カメラ目線でグビッとやって、「JTさんとともに、歩ませていただいている宮 ...

孔明が悲願の天下取り!【インタビュー動画】

師走に候補が乱立した2014年の賞金王争いも、ついに決着の時を迎えた。孔明が逃げ切った。孔明が天下を取った。「これでやっと寝れる」と笑った。「めっちゃ嬉しい」と36歳がおいおい泣いた。  ...

藤田寛之は孔明に敗れる

最終日には、また師匠の芹澤信雄や家族、大勢の関係者や知人が応援に駆けつける中で、「今年を象徴するようなゴルフを見せたかった」。そんな45歳の熱い思いとは「正反対のゴルフになった」。左肩に痛みを抱えた手負いのベテランは、「 ...

選手会長は今年も全員参加の表彰式で

2年連続の登壇は、ちょっぴり複雑な気持ちで立った我らが選手会長だ。毎年、このツアー最終戦では出場選手が表彰式で、一同に顔を揃える中で、選手会長がこの1年の感謝の気持ちをファンのみなさんに直接、お伝えするのが恒例だ。  ...

DAY 3

李尚熹(イサンヒ)が日本ツアー初Vのチャンス!

この試合が終わったら、犬を飼うつもりだ。「プードルにしようか。ビションフリーゼにしようか・・・」。ラウンド中もそんな無邪気な会話で盛り上がる22歳が、いよいよ今季のラストゲームを前に、単独首位に立った。 初出場の頂上決戦。この日は、宮本と優作との最終組に「最初は緊張して・・・」。スタートの1番で80センチのバーディチャンスを外したが、若い2人はニコニコと、二人三脚で次第に緊張を溶かして言った ...

今年はケガに泣いた武藤俊憲が最後に笑うか

大ピンチを、最高の形で乗りきった。541ヤードの6番パー5。「力が入った」と、第1打を左にOB。打ち直して4打目は、238ヤードで4アイアンを握った。ピン左10メートルを捉えたが、「まさか入るとは思っていない。これでもか ...

優作は一歩後退も「3日目で良かった」

大会史上6人目の連覇達成の前に試練が襲った。364ヤードの14番パー4。フェアウェイの真ん中から打った2打目がグリーンに届かず、3打目のアプローチはピン奥7メートル。  ...

いよいよカウントダウンの18ホール! 孔明も「せめて笑って終える」

いよいよ最終日を前に、賞金ランク2位の藤田は同4位の岩田とともに19位タイに沈み、同3位の近藤は18位。むしろ、藤田との賞金差は1500万円ほどで、この今季最終戦を迎えた初日の時点で、「間違いなく自分が有利だったことは、 ...

さすがの藤田寛之も・・・

朝はさんさんと輝いて、遠くの富士山を照らした太陽も、午後から雲の向こうにすっかりと隠れ、冷たい雨も降り出した。厳しい冷え込みが、手負いの45歳を容赦なく襲った。  ...

近藤も岩田も依然として伸び悩み

最終戦までもつれ込んだ賞金レースももはや、最終日を前に終戦ムードか。賞金ランク3位の近藤も、4位の岩田もここでの優勝が絶対条件という中で、3日目を厳しい順位で終えた。  ...

DAY 2

宮本勝昌が首位タイに浮上して「報知新聞の一面に載りたい」

この日ただ一人、ボギーなしで回ったのが過去2回の歴代覇者。98年と、2001年のチャンピオンが「今日は出来すぎ。100点のゴルフができた」。 今年の東京よみうりは、グリーンの全面張り替えが行われてから最初の大会で、「14年前よりも、かなり難易度が上がっている」。 宮本も難条件と、厳しいピン位置に苦しみながらも、左の林に打ち込んだ11番では60ヤードのアプローチを1.5メートルにつけて「あそ ...

宮里優作が「今日は落ち着いてやれた」

両親が応援に駆けつけるのに合わせてこの日は前日の初日よりも緊張感が和らいでいた。連覇がかかる優作が、首位タイに浮上した。  ...

藤田寛之は18位タイ

相変わらずこの日も上がってくるなり、練習場に直行した。左肩に痛みを抱えておきながらも、たっぷり1時間半あまりを打ち込みに費やして「ボギーの数が、ちょっと多すぎる」。  ...

孔明は一歩後退も

孔明には試練の1日。2オーバーの72を打って前日の首位から一歩、後退して1打差の4位タイに、しょんぼりと「賞金王への道は、まだ遠いわ」。  ...

近藤も岩田もグリーン上で苦しむ

大逆転の賞金王の可能性が残っている賞金ランク3位の近藤と4位の岩田。しかし、この日もやっぱりグリーン上で苦しみ、順位が上げられない。  ...

DAY 1

いよいよ今季最終戦の幕があく! 孔明が単独首位に

この日初日は選ばれし30人の中でも、ただ一人ボギーなしのラウンドも、スタートこそ、「こんなシリーズは、初めてかなという雰囲気」。 8年連続8度目と、すでに慣れ親しんだはずのこの頂上決戦も、賞金レースを引っ張る存在として臨めば地に足がつかないような、「フワフワした感じがあった」という。 まして、初日は慣例により、賞金ランキング順の組み合せ。「他の2人はさすがだと思った」。同3位の近藤はも ...

藤田は9位。近藤、岩田は・・・

初日の直接対決は、完敗だった。「今日の孔明は、してやったりという感じでしょう」と、苦笑いの藤田。スタートの連続バーディに、「今日は藤田さんに61を出されるか、と」。序盤こそ、そんなふうに怯えていたという孔明にも、「知らな ...

最初と最後をしっかり締めたい道央パパ

ご報告が遅れましたが今年8月に、パパになりました。でも、今年は今季ツアーの第一戦にあたる「インドネシアPGA選手権」でツアー通算4勝目を飾ったのは良かったのですが、あとが続かなくて当ホームページでも、好成績と合わせて出産 ...

宮里優作が「十分ですね」

意外にも、昨年覇者が緊張していた。「自意識過剰かもしれないですけど、スタートはなんか凄い見られている感」。そのせいとは言い切れないが、注目を集めたティショットは右へ。「なんとか打てるところにあればいい。パーで上がれればい ...

小平智が「僕が40代に立ち向かう」

飛んで、曲がらないショットなら、いまピカ一との評判高い25歳が、今週もまた、好発進した。「今日の悔しいのはほんと、16番だけ」。完璧なショットも運悪く、上空の電線にぶつけて「打ち直したら、左に曲げて木の後ろ。あれはほんと ...

PREVIOUS

揺れる孔明

どんなに勇ましいことを言ってはみても孔明の、最後の偽らざる本音はやっぱりこれだ。「もう人頼みですよ」。 泣いても笑っても、これが今季の最終戦。最終日には、答えが出る。 孔明が勝って今季3勝目ならば、文句なしの賞金王が決まる。 もしくは、勝てなくても他の3人が、優勝しなければ自身初の戴冠だ。 しかし藤田が勝って、一昨年の3連覇以来の大会4勝目なら、逆転される。 または、賞金ランク3位の ...

藤田寛之は「別に意地悪してるわけじゃない」

先週のカシオワールドオープンは、ギリギリの予選通過ですっかりと孔明を油断させて、最終日にまた大まくり。  ...

近藤共弘は「僕も盛り上がっていきたい」

とうとう4人が残った今年の賞金レースの中でも、ゴルフも体調も、もっともいい状態で、この今季最終戦に乗り込んできたのは近藤。  ...

ヒロシは「黙ってて欲しい」

ヒロシの気持ちも分からないではない。いつも言っている。「賞金王は意識にない。考えたこともないですね」。それでも、いよいよ今季の最終戦を前に、賞金ランク4位につける岩田が今大会で勝てば、孔明の順位次第でヒロシにも、大逆転の ...

感動再び?! 連覇がかかる宮里優作

屈指のパー3で、膝から崩れ落ちたのは昨年の最終日。劇的チップインパーで、プロ11年目にして、誰もが待ちわびたツアー初優勝を飾った優作。  ...

恒例の開会セレモニーは8時50分から!

今週は選ばれし者たちの祭典。今季ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は毎年、初日のスタート前に、出場選手が一堂に集う開会セレモニーを開催します。  ...

ギャラリーの皆さまへ

今年からよみうりランド遊園地内にギャラリー駐車場はございません。  ...

出場選手一覧

今週はいよいよ、今季のツアー最終戦。報知新聞社、読売新聞社、日本テレビ放送網主催、特別協賛JTの「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は選手たちにとっては、まさにこの1年間の集大成だ。  ...

広告