カシオワールドオープン 2014

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

片山晋呉がツアー通算28勝目!【インタビュー動画】

賞金レースがますます熱く燃える真っ只中で、5度の賞金王が貫禄を見せた。片山が逆転のツアー通算28勝目をあげた。最終日はひとつ前の組で、若い最終組を蹴散らした。平本と小平と今平は、いずれも20代の3人に真の強さを見せつけ「今日は横綱のようなゴルフができた」。 大混戦の序盤も後半は、12番で3メートルのバーディを奪うと、火を吹いた。「ここからは全部、ピンを狙っていこう」と13番は1メートルの連続 ...

賞金レースはいよいよ次週の今季最終戦に持ち越し!

もう散々同じことをやられてきて、いい加減分かっているはずなのに、いつもなんでまた動揺してしまうのだろう。  ...

冨山聡が土壇場のシード権確保!(※来季シード権のボーダーラインについて)

つくづくと、土壇場に強い男だ。冨山がこの単独2位で、いわゆる「第一シード」の賞金ランク上位60人に潜り込んだ上に、同36位で今シーズンを戦い終えた。来季から、出場資格が大幅に改訂されて、今年はボーダーラインが2つ発生した ...

平本穏(ひらもとやすき)が大逆転の初シード入り!

初優勝には届かなくても、自己ベストの3位タイがもたらしたものは、あまりにも大きい。こぼれた涙。「泣くつもりはなかったのですが・・・」。応援に駆けつけてくれた家族の顔は笑顔で見れてもこの人の顔を見れば、泣かずにはいられなか ...

昨季のチャレンジの星も、堂々の初シード入り!

カシオワールドオープンを持って、今季のシード権争いが終了した。初シード組では、なんといっても竹谷佳孝。今季のツアープレーヤーNO.1は、目下賞金ランクは9位から、次週の最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の初舞台に臨む ...

昨年のQT1位! アトムも初シード入り

今季、初シード入りを果たしたのは12人(下記参照)。賞金ランキングは59位で今シーズンを終えた正岡竜二は、チャレンジトーナメントの賞金ランキングでも7位につけて、来季前半戦の出場権は獲得していたが、この事実上の最終戦とな ...

横尾が、矢野が・・・シード陥落

初シード組のほか、シード復活組も見逃せない。今年は、破天荒なゴルフでツアー1勝をあげた韓国のI・H・ホ(賞金ランク14位)や、マイナビABCチャンピンシップで2009年の日本オープン以来のツアー2勝目を飾った小田龍一(同 ...

DAY 3

チャレンジの星! 今平周吾がツアー初Vのビッグチャンス

1粒のガムが、22歳に大きなチャンスをもたらした。初日に、今週バッグを担ぐ小野郁さんが、噛んでいたガムをもらってラウンドしたら、66が出た。首位で迎えた翌日の2日目は、噛まずに71を叩いて5位タイに後退してこの日はスタートから試してみると、「ラウンド中の高ぶりみたいなものが無くなって」。 18ホールで4つのガムは、だいたい4ホールに1個の計算で、緊張もプレッシャーもかみ砕いて、再び首位に返り咲い ...

小平智は「後輩には負けたくない」

特に、強い風が吹いた後半に、スコアを伸ばしてきた。最後の18番は、左からアゲンストの風にも「思い切り打った」と、250ヤード超の2打目をスプーンで楽々と乗せてきた。  ...

平本穏(ひらもとやすき)は「人事を尽くして天命を待つ」

名前は温厚そのものでも、その名前を間違えられたらガツンと言いたい。「“隠れる”・・・って、そんな名前、誰がつけるんじゃ」と、そこはつい広島弁もきつくなる。ダイレクトメールの宛名や、コースのロッカーキーを入れた封筒の宛名。 ...

片山晋呉は、4位に後退も「最高だね」

この日3日目は特に後半から、強い風に「いやー、難しかった。後ろの組になればなるほど、びっくりするくらいに大変だった」と、最終組で回ったさすがの永久シードも13番でダブルボギーを打つなど、厳しい1日。  ...

小田孔明は首位と5打差も諦めない

スタートから2ホール連続でギャラリーの携帯電話に仕切り直してもも「人のせいにはしたくない」と、男らしく言った孔明だったがさすがに12番では自分にブチ切れた。  ...

DAY 2

片山晋呉が単独首位に浮上

最後の18番は、250ヤードの2打目をスプーンでピン左20メートルに乗せて、最後は長いイーグルトライ。「言っといてよぉ!」と駄々をこねた。これが入ればコースレコード新だった。 「まあでも、狙っていって、奥に外して3パットで意気消沈、なんてのがオチだから」。この日の64は、ボギーもなしだし「チャンスはほとんど取れたし、これ以上ないでしょう」と納得のタイ記録に胸を張る。 通算27勝の永久シード ...

孔明が3位タイ浮上!

最後の18番は、252ヤードの2打目を5番ウッドでピン4メートルのイーグルチャンス!  ...

1日2個のホールインワン!

まずはアトム。地元熊本県から、応援にかけつけた家族を喜ばせた。現場は8番ホール。3番のユーティリティで打ったボールは、それほど会心の当たりではなかったし、同組の横尾要に「いいとこついたんじゃない?」と言われても、あまり実 ...

シード落ちが確定した5人・・・。五十嵐雄二は「もう一度、頑張ってみようと思う」

今週のカシオワールドオープンは、シード権争いの選手たちにとっては事実上の最終戦となるが、今大会も最終日を待たずして、シード落ちが確定した選手は5人。  ...

DAY 1

チャレンジの星! 今平周吾(いまひらしゅうご)が好発進

今週は事実上のツアー最終戦は今年、“賞金王”に輝いたチャレンジトーナメントの最終戦「JGTO Novil FINAL」で“有終の美”を飾り、出場権を得た。 シード権争いが熾烈を極める今週も、すでに“初シード入り”が決まっている今平は、「だいぶ、楽な気持ちで戦える」と、雄大な太平洋を望むコースで伸び伸びと、「今週は行けるところまで行きたい」と、この日はボギーなしの66で回ってきた。 5番 ...

横田真一は実は今週はゴルフどころではないのだけれど・・・?!

初日から首位タイにつけても、この日のゴルフの話はほとんどなかった。インスタートの10番パー5で、60ヤードのアプローチを20センチにつけるピンそばのバーディや、15番は2打目をウェッジで、20センチにつけたバーディも、最 ...

久保谷健一は「今週は4日間やりたい」

同年代の選手たちがシード権の確保に奔走する中で、2012年の日本オープンを制した42歳は今は5年シードの真っ只中で、対してこの日は同じ組で回った3つ年上の深堀圭一郎は、いわゆる「第二シード」のボーダー線上にいて、久保谷よ ...

4位タイの冨山聡は「毎年、毎年崖っぷち」

今年は、賞金ランク上位60人までの「第一シード」と61人目から75人目までの「第二シード」と2つのボーダーラインが生まれたシード権争いで、「第二シード」のまさに、線上に位置するのが、冨山だ。  ...

今年のシード権争いは“圏外”にベテランの名前が目立ち・・・

来季ツアーから適用される出場カテゴリーの大幅改訂が行われ、賞金ランキングの上位60人までと、61人目から75人目までのいわば“二段階方式”になった今年のシード権争いも、そのどちらにも遠く及ばない“圏外”にいるのが横尾要。 ...

賞金レースの主役たちは

初日は3アンダーで上がってきた孔明は、開口一番「腹減った」。前週は、自称「ストレス性」の腸炎にかかり、先週末からずっとおかゆの生活に、パワー不足に加えて、この日はボギーなしのゴルフも「3つしか、取れなかった」と、ゴルフの ...

ホストプロ! 石川遼は3アンダーの13位タイ

大会主催のカシオ所属。ホストプロの石川遼は、今週も妹の葉子さんとの二人三脚に、同組のベテランも感動しきりだ。「いや~、いいですよね兄妹であんな・・・」と、一人っ子の九州男児は羨ましそう。  ...

PREVIOUS

ホストプロ! 片岡大育(かたおかだいすけ)が「落胆させたくはない」

Kochi黒潮カントリークラブに所属して5年目の今年は、2年連続のシード権もがっつりと手中におさめて会場入りだ。 「ここに来るまでに、2000万円以上は稼いでおく」と決めていた。現在賞金ランク51位は、まさに公言どおりに、今年も心置きなくホスト試合を戦える。 今年からキャップに新たに刺繍が入った。「酔鯨」は、ここ高知県を代表する銘酒で、このご当地プロに賭ける地元の期待のほどが伺える。  ...

石川遼がカシオの新商品をアピール!

大会主催のカシオ計算機と所属契約を結んで2年目。「経営理念でもある常に世界一であろうとする姿勢。それに対してチャレンジする姿勢には、改めて非常に共感させられています」と石川。  ...

賞金レースはいよいよ佳境に・・・!

前日火曜日には地元の小学校を訪れ、子どもたちと優しい笑顔でスナッグゴルフに興じた孔明だが、先週の日曜日にはのたうつような腹痛におそわれていた。「朝からえぐられるようだった」。孔明は、痛みに耐えて頑張った。  ...

シード権争いの選手にはこれが最後の戦いだ

例年のごとく、今年のツアー最終戦は「ゴルフ日本シリーズJTカップ」だが、同大会はその年の優勝者など、出場枠は30人と限られた選手しか権利がないため、ほとんどの選手にとっては、今週のカシオワールドオープンが、事実上の最終戦 ...

21世紀少年! 12歳の三田真弘(さんだまひろ)さんが出場

とうとうそんな時代がやってきた。男子ゴルフツアーに、初めて21世紀生まれの選手がお目見えした。  ...

賞金レースのトップを走る小田孔明が地元の小学生とスナッグゴルフを楽しむ

カシオワールドオープンを2日後に控えた練習日の火曜日に、会場のKochi黒潮カントリークラブの近隣にある、香南市立赤岡小学校を小田孔明が訪れ、3年生から6年生の63人とスナッグゴルフを楽しみ、熾烈な賞金王争いが続く終盤戦 ...

今週も兄妹で挑むホストプロ! 石川遼

大会主催のカシオ所属。23歳のホストプロは今週も、兄妹で高知県のKochi黒潮カントリークラブに挑むことに決めた。  ...

広告