長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 2013

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

薗田峻輔が怪我からの復帰V、圧勝のツアー通算2勝目【インタビュー動画】

王様が、たくましさを増して帰ってきた。3日目に61のコース新を出した薗田が、今度は最終日に大会レコードを塗り替えて圧勝を飾った。 今年は1月に左膝の半月板を壊し、2月20日に手術に踏み切り、その翌日にはさっそくリハビリを受けたが、直後は「一歩も歩けない。こんなんで、大丈夫なのか」と、よぎった一抹の不安。開幕には当然、間に合うはずもなく、やっとまともに練習出来たのも、5月の声を聞いてから。「こ ...

薗田峻輔と小平智のライバル関係、ホントのところは?!

今週は無二の親友と、それこそ毎晩ご飯を食べた。和気藹々とした時間を過ごしながらも、目の前の相手には「絶対に負けたくないと、思っていた」。良き親友は、良きライバルでもある。中学時代からの大親友は、薗田が怪我で苦しんでいる間 ...

河野祐輝が自己ベストの2位に、シード権に大きく前進【インタビュー動画】

良きライバル関係は、互いの成長の何よりの糧になる。たとえば藤田寛之と谷口徹。若手なら石川遼と松山英樹。そして今週なら薗田峻輔と小平智のほかにも、もう一組の物語があった。  ...

長嶋茂雄賞は、今年は2人

優勝には届かなかったが、ミスターから直々に賛辞を受けて「光栄です」とは近藤共弘。バーディ以上のスコアをポイント化して、その最上者に贈られる長嶋茂雄賞の100万円を、同点の26ポイントで、韓国のS・H・キムと分け合った。  ...

松山英樹はミスターの言葉に素直にうなずく【インタビュー動画】

あのミスターが、思わず腰を浮かせた。満面の笑みが広がった。手を叩いて喜んだ。最終18番。松山が、果敢に2オン狙い。みごと、ピンの右側10メートルをとらえた瞬間だ。  ...

選手たちがミスターに贈った黄金のアイアン【動画UP】

選手会長が一瞬、目を疑った。いま手渡したばかりのクラブでミスターが、確かにいま、素振りをした。「しかも2回も!」。さすがの池田勇太も驚いた。「まさかあの場で振ってくれるとは!!」。選びに選んだ甲斐はあった。  ...

丸山茂樹は32位タイに

ホストプロとして、3年目の今年。まったくの本調子ではなかったが、所属契約の最後の年に、どうにか完走出来た。最終日は8番で、残り144ヤードの3打目を、8番アイアンで直接入れるバーディを奪うなど、4日間で自己ベストの68に ...

セガサミーカップでは今年も子どもたちが大活躍!

今年も、ここザ・ノースカントリーゴルフクラブで子どもたちが胸一杯の思い出をお土産に持ち帰った。ミスターとの共同作業で緊張しきりは、地元千歳の少年野球チームのこどもたち。  ...

セガサミーカップ付帯イベント第1回北海道スナッグゴルフ大会を開催

薗田峻輔のケガからの復活優勝で盛り上がった、長嶋茂雄インビテーショナルセガサミーカップゴルフトーナメントの、その同じ会場内で、第1回目となる北海道スナッグゴルフ大会が開催され、地元の千歳市や近隣の北広島市などから、23人 ...

DAY 3

薗田峻輔がコース新、単独首位浮上【インタビュー動画】

後輩の石川遼がかつて、その強さをして言った。「薗田先輩は王様」。デビューから、5戦目の初VはJGTO発足後でいえば、当時の最速タイ記録でそれを証明してみせたのは、2010年。改めて、そのポテンシャルの高さを示すこの日のラウンドだった。 このセガサミーカップは、怪我からの復帰4戦目。今季は初戦から、6試合を棒に振った選手が、本当にふいに息を吹き返した。あまりの大爆発に、やにわにコースはざわめい ...

藤田寛之は「ぜひまたお逢いしたいな」

ベテランの賞金王には特に、中盤にシビアなホールが続いた。テレビ中継が始まる14番ホールからは、どうにか持ち直した。確かに「テレビに映り始めたところからは良かったですが、それまでは全然グリーンに乗ってない」。  ...

宮里優作が攻めに転じて、首位と3打差【インタビュー動画】

前半は「中途半端な距離ばかりが残ってしまった」と、バーディチャンスが決めきれずに、くずついているうちに、とんでもないことが起きていた。薗田峻輔が11アンダーの61をマークして、やにわに首位に浮上していた。  ...

谷原秀人が65をマーク、4位タイに【インタビュー動画】

今年は初戦から2戦のアジアシリーズで2試合連続のトップ10入り。日本に戻って、開幕戦から2戦目のつるやオープンでは4位タイにつけているが、「そういえば、そんなこともあったっけ…」。自分のゴルフに対する不満のほうが勝ってい ...

小平智は「リキんじゃった!」

大親友の猛チャージに奮起した。薗田峻輔の61に、「明日は峻輔と回りたい!」。そう思いだすと、力が入ってしまって「今日はもったいないホールがいくつかありました」と、最後の18番も、絶好のチャンスをとりこぼして「リキんじゃっ ...

ミスターに、選手たちからささやかな贈り物

いつも贈り物をもらってばかりのミスターに、選手たちから今度は心をこめて、プレゼントを贈ることに決めた。今大会の名誉会長、長嶋茂雄氏が国民栄誉賞を受賞。5月5日に、松井秀喜さんとともに臨んだ東京ドームでの授与式は、日本中に ...

DAY 2

藤田寛之が「たいしたもんです」【インタビュー動画】

初日から、2日連続の自画自賛?! いやいや、でもこの日2日目はちょっと、自虐ムードも漂って…。もともと巧者のパットも、課題のショットも両者かみ合いボギーなしの64で上がってきた初日と比べて、2日目は忙しい1日。特に後半は、2度の池。 いずれも右に押し出すミスショットだ。13番のパー5は「ティショットがフェアウェイに行ってしまったものだから…」とそれが逆に、裏目にでたか。果敢にスプーンで、23 ...

40歳と21歳の飛距離合戦、結果はいかに?!【インタビュー動画】

雄大な北海道の景色に、元気な声が響き渡る。ティショットを打つごとに、勝った負けたと無邪気な40歳。予選ラウンドは、片山晋呉と松山英樹とアマチュア時代も含めて4ラウンド目の直接対決で、楽しそうに飛ばし合い。  ...

金亨成(キムヒョンソン)は「今年はバーディ24個!」

昨年の今大会は、優勝こそ後輩の李京勲(イキョンフン)に譲ったが、4日間でイーグル2個に、15個のバーディで「長嶋茂雄賞」を獲得したのが金だ。  ...

河野祐輝(こうのゆうき)は“逆レッスン”でV争い【インタビュー動画】

この日はスタートの10番で、さっそく効果のほどを、実感できた。ティショットも真っ直ぐに気持ちよく飛んで行ったし、160ヤードの2打目はピン筋に飛んで、4メートルのバーディチャンスだ。  ...

心は全英!? 井上信(いのうえまこと)が2位タイ

ショットは絶好調。難点はパットだ。ザ・ノースカントリーゴルフクラブのグリーンは、クセが強くて読みにくいと、苦心する選手も多い中で、井上も例外ではなくて、初日から首をひねりっぱなしだ。  ...

宮里優作がベストスコアをプレゼント

雨がしとしとと降りしきる中で、良い誕生日に出来た。最後のパー5は18番で、2打目を丁寧に刻んで奥から5メートルのバーディトライをねじ込んで、2人ひそかにグータッチ。  ...

マンデー通過組! 甲斐慎太郎は「チャンスを生かす」

今週は、1日の月曜日に行われた予選会「マンデートーナメント」を10位で通過した甲斐が上々の9位タイで、決勝ラウンドに進出だ。  ...

時松隆光「改名しました」【インタビュー動画】

アマチュア時代は時松源蔵の名前でツアーに参戦していたが、昨年のプロ転向を機に「源蔵」から「隆光(りゅうこう)」に登録名を変更した。「隆光」は知り合いの住職から名前を頂いたことからだそうで、時松本人もこの登録名を気に入って ...

丸山茂樹が予選を通過

これでひとまず肩の荷が下りた。丸山が、今季初戦で決勝ラウンド進出を果たした。大会主催に名前を連ねるセガサミーホールディングスの所属プロ。  ...

DAY 1

藤田寛之が単独首位に【インタビュー動画】

一時期は、他の選手たちからも、「こんなに悪い藤田は久しぶりに見た」と言われたほど、ゴルフの状態が悪かった。「そのときの調子からすると、今日は100点満点」といつも自分に厳しい男は本当に久しぶりに、自画自賛の64。 最後の9番でも、1メートルのパーパットも、危なげなく拾った。ここザ・ノースカントリーゴルフクラブのグリーンは、今年はいつになく難解で、同い年の丸山茂樹も「ラインを読むのが難しい」と ...

ハン・リーは「北海道が大好きです」

昨年の「マイナビABCチャンピオンシップ」で悲願のツアー初優勝をあげて、初参戦を果たした世界ゴルフ選手権。「HSBCチャンピオンズ」で、最終日に回ったダスティン・ジョンソンの球筋が、羨ましかった。  ...

33歳のルーキー!! マイケル・ヘンドリーが好発進【インタビュー動画】

日本ツアーは33歳の“新人”。2005年のプロ転向から、豪州ツアーで10年。また、新興ツアーのワンアジアツアーで4年を過ごして、「そろそろ別の場所で、キャリアを積みたい」と、昨年のファイナルQTでランク26位につけて、日 ...

内藤寛太郎は「いまは1試合、1試合が必死」【インタビュー動画】

飛躍のきっかけは、チャレンジトーナメントだった。先月の「ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント」で、バッグを担いでくれたのは、プロキャディの岡本史朗さん。レギュラーツアーでは普段、今年5月の日本プロでツアー2勝目 ...

丸山茂樹が2アンダー

これが今季初戦。「欲を言い出したらキリがない」。この日2つのバーディは、前半の17番も、1番もいずれも1メートル以内と「今日は短いのしか入らない!」。後半は4番からほぼ毎ホールでバーディチャンスも、再三逃して悔しがったが ...

PREVIOUS

丸山茂樹が今季初戦

これが今季、試合で初めて着るゴルフウェアだ。今年はこれまで“3戦”とも、すべてスーツ姿での参加だった。開幕戦の東建ホームメイトカップで“デビュー”を果たしたあとは、日本プロと全米オープン。いずれも大舞台で、披露した巧みな話術。 日本ツアーは通算10勝と、米ツアー3勝の雄ならではの視線と、ファンにも分かりやすい解説はどれも好評で、テレビ中継を見た“同業者”でもある選手たちからも「あのときの、あのコ ...

松山英樹もミスターに「会いたい」

先週は残念ながら、プロ初の予選落ちを喫して、全米オープンも含めて7試合連続のトップ10記録も途絶えてしまったが、「今週はぜひ予選を突破したい」。  ...

今年もミスターのお眼鏡にかなう選手は…!?

今年もセガサミーカップは、連覇ボーナス2000万円など選手たちの目の色が変わる、ビッグな特典で目白押し。そしてなんといっても、この栄誉は譲れない。  ...

昨年覇者は、あの怪物も畏れた男【インタビュー動画】

今年もミスターから直々に優勝杯を受け取る栄誉が巡ってきた。「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」は今年も、北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブで、熱い戦いを繰り広げる。  ...

大会広報「勝つのは、北海道に愛された男」【インタビュー動画】

今年で9回目の開催を向かえ、夏のビッグトーナメントとして位置づけ定着してきた。主催者であるセガサミーグループは、言わずと知れたアミューズメントに関わる施設や機器に携わる企業である。  ...

浅地洋佑が千歳市立高台小学校を訪問!

『長嶋茂雄INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント』では地域貢献活動の一環として、ジャパンゴルフツアーメンバーによる小学校訪問を実施しており、今年で4回目の開催となる。  ...

マンデートーナメントから17人が参戦

「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」では、1日月曜日に出場権をかけたマンデートーナメントを行い、参加84人中17人が、4日から始まる本戦切符をもぎ取った。  ...

広告