TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Lake Wood 2011

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

ドンファンがツアー通算2勝目

ドンファンが帰ってきた。ツアー通算2勝目は、この2年間のブランクさえ感じさせない。最後は「まっすぐの1メートル」。バーディ締めのウィニングパットで自己最多アンダーはただひとりの20台。ガッツポーズを振り上げて、短く咆えた。 響き渡った雄叫びも、「本当は、もっと大きな声で叫びたかった。それくらいに嬉しかった」と、2年分の喜びを爆発させた。 今年1月までかかった2年と1ヶ月の兵役の任務は、「人 ...

2年のブランクも、ドンファンの優勝スピーチが素晴らしかった訳

これで今季は14試合が終わって、韓国出身のチャンピオンは6人目。しかし他の選手や、ドンファンを良く知る関係者には、また韓国選手が勝った、という意識は薄い。  ...

津曲泰弦(つまがりたいげん)は「優勝はまだ早いってこと」

リーダーに2打差以上は離させない。ドンファンと、最後まで好戦を演じた。自慢の飛距離を武器に最終日こそ、「攻めるゴルフは出来たと思う」。14番でいよいよ追いついた。  ...

宮本勝昌がコースレコードを更新

13番でこの日9つめのバーディを奪ってその時点で通算17アンダー。首位に2打差まで詰め寄って、ちらりと頭をよぎったのは勝てばツアー通算9勝目となる優勝スピーチのこと。  ...

ホストプロたちの結果は・・・

決勝ラウンドに進んだ3人のホストプロ。主催のトーシンとスポンサー契約を結ぶ選手たちもそれぞれの4日間を終えた。  ...

週末は地元小学生が大活躍!!

最終日は地元小学生が、大会の盛り上げに一役買ってくれました。前日3日目に、プロのプレーが終わってから、会場のトーシンレイクウッドゴルフクラブの1番ホールを使用して行われた「第1回 津市スナッグゴルフ大会 TOSHINカッ ...

DAY 3

ドンファンが単独首位に

最終日を前に、首位が入れ替わった。韓国のドンファンが2打差をつけて躍り出た。この日3日目は同組の津曲泰弦(つまがりたいげん)が、1番パー4で2打目を直接入れるイーグルで、いきなり4打差つけられた。 度肝を抜かれたが、「でもまだ3日目」。序盤はパットも決まらなかったが、焦らなかった。4番で下りフックの1.5メートルを外したが、「それで気持ちが切り替えられた」とミスを逆に発奮材料にして、反撃の時 ...

2位に後退した津曲泰弦(つまがりたいげん)は「明日は攻めます」

407ヤードの1番で、第2打がカップイン。ウェッジの110ヤードを直接入れた。パー4でのイーグルに、敵にはこれ以上ない先制パンチも、本人にはかえってブレーキになったのか。  ...

宮里聖志は3打差3位に踏みとどまった

最終18番パー5は、グリーン左のラフまで持ってきた3打目を1メートルにつけてバーディ締めに、どうにか3打差3位に踏みとどまって、そのあと珍しく練習場に足を向けた。  ...

額賀が、小平が!! ホストプロが躍進を誓った

出場した8人のホストプロのうち、決勝ラウンドに進んだのは3人。原口鉄也と額賀辰徳(ぬかがたつのり)と、ルーキーの小平智(こだいらさとし)だ。  ...

河井博大(かわいひろお)がホールインワンを達成

前半の193ヤードの17番パー3は、最初に持った7番アイアンでは「ギリギリ、グリーンに届くか届かないかというところ」。  ...

「第1回津市スナッグゴルフ大会TOSHINカップ」を開催

つい先ほどまで、プロの選手が白熱したプレーを展開していた、1番ホールのフェアウェイを利用して、「第1回津市スナッグゴルフ大会TOSHINカップ」が開催され、市内の小学校から20名の元気な子どもたちが参加し、美しく輝く緑の ...

テレビ放送に関するお知らせ

ジャパンゴルフツアー第14戦「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Lake Wood 」のテレビ放映時間のお知らせです。  ...

ユーストリーミングで、1番ホールの模様をライブ中継中!

ただ今、1番ホールのティーショットの模様を、ユーストリーミングにてライブ中継しております。 男子ツアープレーヤーたちの豪快なショットを、是非ご覧ください。 1番ホール中継は、こちら ...

DAY 2

津曲泰弦(つまがりたいげん)はライバル心を力に変えて

胸の底にたぎる闘志がますます刺激された。午後スタートの2日目は、スコアボードの上位にこの人の名前を見付けて、火がついた。 午前組の諸藤将次(もろふじまさつぐ)が、64の8アンダーを出していた。 「絶対にあの人には負けたくない」。 と、思う矢先にちょうどホールアウトしてきたその人とばったり出会って、冗談交じりにすごまれた。 「津曲、なんだよおまえ、俺がむかつくって?」。 前日初 ...

宮里聖志は一歩後退

前日より「ショットは曲がっていた」とはいうが、前向きな気持ちはそのままだった。初日に大会レコード新の63をマークした宮里が、引き続き好調をキープ。  ...

冨山聡(とみやまさとし)が63をマーク

前日初日に続いて、またもや大会コースレコードタイ記録が出た。今季はファイナルQTランク3位の資格でツアーに出ている冨山(とみやま)が、1日9アンダーの大爆発だ。  ...

ぶっつけ本番のドンファンが好位置

2日目のトーシンレイクウッドゴルフクラブ(三重県)の天気は朝からどんよりと雨模様。  ...

2週連続Vがかかる諸藤将次は「今度は72ホールで勝ちたい」

524ヤードの13番パー5のイーグルも、「ガッカリしました」と、テンションが低い。8番アイアンで打った168ヤードの第2打は、「ラインに乗って、入りかけたのがはっきり見えた」。  ...

岩井亮磨(いわいりょうま)がホールインワンを達成

まだアマチュア時代の東北アマに続いて自身2度目の快挙は171ヤードの2番パー3。7番アイアンで打ったティショットは「左狙い」のフェードボールでみごとピン手前20センチを捕らえると、1度弾んでカップに消えた。  ...

小平智(こだいらさとし)は「出来るだけ上を目指す」

今大会主催のトーシンとサポート契約を結ぶ出場選手は8人。そのうちもっとも上位につけたのが、“ルーキー”の小平だ。  ...

DAY 1

宮里聖志が大会レコードの63をマーク

約1年ぶり9回目の兄弟対決での9アンダーは、兄が取りも取ったり63。序盤こそ、弟の優作も張り合ってはいたのだが、後半から「僕は対象的に、チャンスをボロボロと外してしまって」。4番のイーグルで完全に弟を突き放した。右ドッグレッグのティショットが突き抜けて、左のラフに行くなど「ショットは、ものすごく良いわけではない。でもパットが“まん入り”」と、ここでも7メートルの下りのフックがカップに沈んだ。  ...

兼本貴司は「まだまだ、こわいこわい」

この日初日はボギーなしの64というスコアが、本人には信じられない。以前から感じていたという「スイングのずれ」は前日水曜日に丸山大輔に、見てもらったばかりだった。  ...

津曲泰弦(つまがりたいげん)は、「分かってますよ」

持ち前の豪打も、アイアンも、課題だったパッティングも「久しぶりにすべてが噛み合った」と、6アンダーは66に「先週の刺激が来てます」と、この日は単独4位のスタートも、何よりその1点に尽きる。  ...

増田伸洋は「勝つに越したことはない」

この日初日は4つのパー5で、すべてバーディが取れたことで、まずは及第点。大会が始まるまではどうなることか、心配だった。「ショットがしっちゃかめっちゃかで」。しかも、昨年は記念の第1回大会で、やはり初日に60台をマークして ...

谷口拓也は「一生懸命頑張ります」

ボギーなしの67に、満足そうに頷いた。「今日はほとんどフェアウェイも外さず」。ドライバーを握って、ラフに入れたホールは1回だけ。「それも、キックが悪かっただけだし」。  ...

H・T・キムは「今週も韓国人が・・・」

先週まで13試合が終了して、韓国選手のチャンピオンはすでに6人。うち5人が初優勝でもうひとり、金庚泰(キムキョンテ)は昨年の賞金王である。  ...

池田勇太が出遅れ

ディフェンディングチャンピオンがまさかの出遅れだ。前半の2番で「思い通りにいったバーディパットを外して運が去ってしまった」と、4番から3連続を含む4つのボギーは、フロントナインでひとつもスコアを縮められないまま。  ...

PREVIOUS

連覇を狙う、池田勇太

背部痛のため、欠場した先週から、1週間ぶりに元気な姿を見せた。台風の影響もあって、「外にもほとんど出られない」。クラブもほとんど握らずに、ゆっくりと過ごせたことで、リフレッシュも出来た。8日(木)の開幕を、翌日に控えたこの日水曜日のプロアマ戦で、かねてより親交のあるプロ野球は元・中日ドラゴンズの立浪和義さんと、明るい笑い声をコースに響かせたディフェンディングチャンピオン。 偉大なる“ミスター ...

ホストプロの広田悟は「この大会をきっかけに」

2007年から今大会主催のトーシンと所属契約を結ぶホストプロ。同社の石田信文・代表取締役社長に「ぜひここで活躍を」と、昨年の第1回大会からゲキを受けているだけに、恩人の期待に応えたい思いは人一倍だ。  ...

原口鉄也は「僕は非力だけれど」

プロ15年目の原口もまた、今大会のホストプロ。晴れの舞台はいよいよ開幕を翌日に控えたこの日水曜日のプロアマ戦も、原口には気がかりなことがある。  ...

諸藤将次は「恥ずかしくないプレーを」

歓喜の初Vから、一夜明けた月曜日。9月5日はさっそく恩人のもとに駆けつけた。都内のトレーニングジムは昨季から師事を受ける大川達也トレーナーに優勝報告。  ...

今週は、ホストプロが続々!! 飛ばし屋の額賀辰徳(ぬかがたつのり)もぜひここで恩返しを!!

「今週は最大級に意気込んでます」と、気合が入っているのが今大会主催のトーシンと所属契約を結んで2年目の額賀だ。きっかけは、チャレンジトーナメントの「トーシンチャレンジ」のプロアマ戦だった。  ...

今週のトーナメント<トーシンゴルフトーナメント イン レイクウッド>

昨年、産声を上げたばかりのトーナメントは今年も三重県のトーシンレイクウッドゴルフクラブを舞台に幕を開ける。  ...

“ルーキー”の小平智(こだいらさとし)もホストプロ

昨年のファイナルQTでランク42位につけたのと同時にプロ転向を果たした“ルーキー”は、デビュー年の今季は、序盤こそ萎縮していた。  ...

マンデートーナメントから6人が参戦

8日(木)に開幕する「トーシンゴルフトーナメント イン レイクウッド」は、大会に先駆けて、会場のトーシンレイクウッドゴルフクラブ(三重県)で本戦切符をかけた予選会「マンデートーナメント」を行い、出場74人中アマチュア1人 ...

リベンジだ、薗田峻輔!!

昨年は、恩返しをし損ねた。最終日は池田勇太との息詰まる優勝争いを演じたものの、結局3打差をつけられてみすみす譲った。  ...

広告