The Championship by LEXUS 2009

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

武藤俊憲が逆転のツアー通算3勝目!

18番で1メートルのバーディパットを沈め、ひとつ後ろの最終組で回る金との3打差に勝利を確信。思わず握ったガッツポーズ。さらに満員の客席にウィニングボールを投げ込もうとして、ふと我に返った。まだプレー中の選手を気遣って、寸前で思いとどまる。ギャラリーのどよめきを、慌てて制する姿に人柄が滲み出た。 契約を結んで2年になる小林宏平トレーナーが、「物言わぬ侍」と表現したように、普段から物静かで、どん ...

武藤俊憲のツアー通算3勝目を支えた人々は…

今シーズンは序盤に伸び悩み、「どこか悪いのか」と、周囲にも心配されたものだ。だが、日頃のトレーニングの成果で、悪いどころか体はすこぶる元気だし、ゴルフも絶好調。  ...

単独2位に終わった金庚泰 (キム キョンテ)は「優勝したい」

しぶとく首位を守っていたが、終盤の武藤の追い上げに倒れた。  ...

丸山茂樹は単独3位に「ナイスジョブでしょ」

日本ツアーで9勝をあげたあと、さらに3勝を飾った米ツアーからから帰国して丸1年。  ...

鈴木亨が「第2章の始まりです!」

最終18番で、バーディパットを沈めて通算11アンダーは、単独4位フィニッシュには開口一番、「届かなかった……!」。  ...

矢野東が渡米前の6位タイ

18番パー5でバーディパットを決めて、同組の選手たちと労いの握手を交わしたあとに、ほんの一瞬だけコースのほうに向き直った。  ...

増田伸洋がシード権の確保に成功

前夜は、親友の阿部慎之助さんが捕手をつとめる読売ジャイアンツが日本一に輝いた余韻のまま、増田が来季のシード権を決めた。  ...

DAY 3

丸山茂樹が首位タイに返り咲き

この日4バーディの68で、初日に引き続き再び首位に立った丸山は、「うちのお父さんが、久しぶりにいい仕事をしました」。 応援に駆け付けた、コーチで父の護さん。 ドライバーの不振に悩む息子に、スタート前にかけた言葉は絶大だった。 「どうせ気持ち良く振れないのなら、スティンガーショットを多めにして打っていけばいいじゃない」。 スティンガーショットとは、フォロースルーを肩の高さ程度に抑え、強く ...

日本ツアー初Vがかかる金庚泰 (キム キョンテ)

この日3日目にも同組で回った丸山がもっとも怖れたのが金だった。それは、どこからでも決めてくるパッティングもさることながら、どんな場面でも動揺など微塵も見せないポーカーフェイスだ。  ...

武藤俊憲は「最終的に、自分が一番上にいられたらいい」

最終ホールでようやくこの日の初バーディに、「あんなに嫌わなくてもいいのに」と、むくれた。  ...

桑原克典が正念場

今年もまた、厳しい季節がやってきた。賞金レースの影で繰り広げられるシード権争い。今シーズンも残り5試合となってなお、来季の出場権が与えられる上位70人の境界線上に立たされている選手たちには、胃がきりきりと痛む日々が続く。 ...

増田伸洋は「阿部くんに負けないように…!!」

現在、賞金ランキング65位は、この日同スコアにつけた桑原克典ほどはシビアではないにしろ、来季の出場権を確実にものにするには、もうひと踏ん張りが欲しいところだ。  ...

2週連続優勝がかかる鈴木亨は

先週のマイナビABCチャンピオンシップで、5打差の逃げ切りV8を達成した鈴木がその翌週に書いた「シナリオ」は、それとは真逆の「大逆転優勝」だった。  ...

DAY 2

武藤俊憲が首位浮上

昨年は、やはり2日目に首位と1打差の3位タイにつけた今大会で、今年は首位タイに浮上した。スタートの10番、11番はともに第2打を9番アイアンでピンそば2メートル内につけて連続バーディを奪い、2アンダーで折り返すと後半はボギーなしの4バーディで、この日のベストスコア(65)をマークして、「ようやく、お目覚めです」と、笑った。 今季は、ゴルフの内容はけっして悪くない。出場18試合中3試合と「ほと ...

金 庚泰 (キム キョンテ)が首位キープ

スタートの10番で、いきなりティショットを左に曲げた。ボギーを打って、「最初から、嫌な雰囲気」。さらに続く11番で、3打目を深いラフに入れ1メートルのパーパットを残した。  ...

丸山茂樹は「そのうち後光が差してくるはず」

30~40代の選手たちは、誰もがその存在をひとつの目標にしている。いま、シード権争いの渦中にいる桑原克典も「マルが上にいたから余計に頑張ろうと思った」と話しているし、スランプにあえぐ伊澤利光も、2002年のワールドカップ ...

山下和宏は「最終日に勝負をかけたい」

前日初日は由美子夫人との結婚記念日&36歳の自身の誕生日に5位タイとまずまずのスタートで自ら祝った山下が、引き続き好位置をキープした。  ...

伊澤利光が7位に浮上

歴代の賞金王にようやく明るい兆しだ。「ドライバーが良くなってくるとね。やっぱり楽しい」。  ...

矢野東が「ピンを狙うのは最終日のバックナインで」

先週のマイナビABCチャンピオンシップから、「静かなゴルフ」を貫いている。ティショットは極力ドライバーを使わずに、スプーンで安全・丁寧に打つ。ピンも無理をして、狙わない。  ...

DAY 1

首位タイの丸山茂樹は「遼くんがいないときは、僕が頑張らないと!」

米ツアー3勝の40歳が、苦笑いで言う。「練習ラウンドは、天才なんです」。しかし、ひとたびコースに出たら、うっそうと茂る大利根の林に「昔のトラウマ」が顔を出す。ティショットを大きく曲げた記憶だ。 もともとフェードヒッターは、特に左からせり出す木にも過剰反応してしまう。ティグラウンドに立つと、息が出来ないほどのプレッシャーに襲われる。 「いつ窒息するか分からないくらい……。息苦しくて死にそ ...

韓国の「キム」が揃って上位発進

首位タイで並んだ金 亨成 (キム ヒョンソン)と、金 庚泰 (キム キョンテ)と、そして5位タイにつけたH・T・キム( キム ヒョンテ)を加えて、「金・金・金コンビ!」(ヒョンテ)が揃って、好スタートを切った。  ...

首位タイのウェイン・パースキーはシード権の確保に奔走

最終18番で、カラーからパターで打ったバーディトライを決めて、5アンダーは首位タイスタートを切った豪州のウェイン・パースキーは、「今日はティショットをフェアウェーに置いて、グリーンのセンターに落とすことだけを考えてプレー ...

山下和宏が記念日に好発進

スタートの1番で、いきなり2メートルのバーディチャンスについて、「良い日になりそう」と、色気を出したのもつかの間だった。  ...

ホストプロの近藤共弘は出遅れ

前半の11番でバーディを奪い、好スタートを切ったのもつかの間、12番から5つのボギーで大きく出遅れた近藤は、「何をやってもうまくいかない。集中力のないプレーだった。思うように体が動かず、立て直し方が分からない」と、首をひ ...

PREVIOUS

今大会のホストプロ、近藤共弘が「そろそろ勝ちたい」

今週は、近藤ひとりの肩に責任がのしかかる?! ふと苦笑いで「遼ちゃんもいないしねぇ」と、本人にもその自覚がある。近藤とともに、トヨタ自動車とスポンサー契約を結ぶもうひとりのホストプロ、石川遼は世界ゴルフ選手権「HSBCチャンピオンズ」に出場のため、中国・上海にいる。 そのため、このホスト大会は近藤が倍頑張らなくてはいけないといった雰囲気だが、本人には気負いはない。 「もちろん、盛り上げ ...

2週連続優勝がかかる、鈴木亨

先週は、家族の声援に応えてツアー通算8勝目。石川遼の大会連覇を阻止して5年ぶりにマイクを握った優勝スピーチで、「僕は幸せものです」と、大観衆の前でのろけた43歳は、今週も家族愛に見送られての会場入りだ。  ...

連覇をねらう、S・K・ホ

トヨタ自動車が世界に誇る最高級車「LEXUS(レクサス)」の名を冠した「The Championship by LEXUS」は、第2回大会の今年も茨城県の大利根カントリークラブで開催。  ...

今季3勝目を狙う、藤田寛之

今週は、賞金ランクのトップ3が揃って世界ゴルフ選手権「HSBCチャンピオンズ」に挑戦。そのため、5日(木)から開幕の「The Championship by LEXUS」はランキング最上位選手としての参戦となるのが、4位 ...

米ツアー挑戦前の1勝を、矢野東

今週の「The Championship by LEXUS」のあと、いよいよ旅立つ。矢野が、米ツアーの出場権をかけたQスクールは、セカンドステージから挑戦する。  ...

広告