関西オープンゴルフ選手権 2009

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

藤田寛之が今季2勝目!

前週の全米プロから帰ったばかりの藤田が今季2勝目を飾った。昨年に引き続き、2年連続で出場権を得たメジャー戦で、初日に一時トップに立った勢いのまま、帰国第1戦でツアー通算8勝目をさらった。 なんといっても、コース新を塗り替える前日3日目の61が大きかった。首位タイに浮上して迎えた最終日は、同じ最終組で回る近藤共弘と富田雅哉と三つ巴の争いを制した。 一歩も譲らないバーディ戦は9番で1.5メート ...

藤田寛之は専属キャディの斬新(?)なアイディアと心遣いに感謝

全米プロから帰国直後は、あえて体のケアに専念。初めて回るここ宝塚ゴルフ倶楽部も、藤田がぶっつけ本番の戦いに踏み切れたのは、頼もしい相棒がいてくれたこそだった。  ...

藤田寛之「あいつが自分で教えてくださいと、言うまでは…」

優勝の瞬間に藤田のもとに駆けつけたのは、6歳になる長男の大稀(ひろき)くん。香川県坂出市の実家で吉報を待つ身重の妻・優合子さんの代わりに、おばあちゃんに連れられて応援にやってきた。  ...

18年ぶりにツアーに復活した関西オープンは…

75代目のチャンピオンに輝いた藤田寛之は優勝インタビューの中で、「経済状況が悪い中、地元のみなさんの力だけでこうして素晴らしい大会を再びトーナメントとして開催していただいたことは、僕ら選手としても非常に有り難い」とそうし ...

ローウェストアマは藤本佳則くん

今年、18年ぶりにツアー競技に復活した関西オープンで、熾烈なローウェストアマ争いを制したのは東北福祉大2年の藤本佳則くんだった。  ...

日本オープン出場権のゆくえは…

今年、18年ぶりにツアー競技に復帰した関西オープンは10月に、埼玉県の武蔵カントリークラブ 豊岡コースで行われる今年の日本オープンの出場選考会もかねていた。  ...

DAY 3

帰国早々の藤田寛之が優勝争い

11番パー4で、残り89ヤードの第2打を直接入れてイーグルを決めるなど、この日ボギーなしの10アンダーは、初日に富田雅哉が出した62をあっさり塗り替えるコース新。おまけに自己ベストを一気に2打も上回る61にも、「もっと伸ばせたかもしれない」というから恐れ入る。 1番パー5は、6メートルのイーグルチャンスを外した。4番は手前4メートルを、14番では2メートルくらいのバーディパットを外した。  ...

富田雅哉が首位キープ

1番の第2打で、暫定球を打った。ボールは確かにグリーン左の崖下に落ちていったように見えたのだ。  ...

これが復帰戦の今野康晴が6位タイの好位置に

5月の三菱ダイヤモンドカップのあと首痛で戦線離脱していた今野が、復帰第1戦のこの関西オープンで、上位争いに加わった。  ...

ディフェンディングチャンピオンは38位タイ

通算イーブンパーは、この日48位タイからスタートした石川遼は、「今日と明日で2桁アンダーにする」。そう気合いを入れてインコースから出ていったが「気を引き締めすぎて、少しのミスにもナーバスになりすぎてしまった」と振り返る。 ...

熾烈なローウェストアマ争いは…

18年ぶりに、ツアー競技に復活したこのオープン競技に出場したアマチュアは24人。うち、4人が決勝ラウンドに進出し、3日目を終えてその最上位につけるのが、東北福祉大2年の藤本佳則くんだ。  ...

DAY 2

富田雅哉が単独首位キープ

コース新の62をマークした前日初日に引き続き、2日連続の単独首位に、ファンの歓声が飛ぶ。「見せて、完全優勝で今季2勝目!」。声のするほうへ、照れ笑いで手を振った。 この日2日目は「ラッキー」を強調した。 初日にOBを打った7番で、ティショットがカート道路に跳ねて今回は助かった。 続く8番は、あわやOBライン上にボールが残っており、2ホール連続の幸運に胸をなで下ろした。 後半の15番 ...

上井邦浩が2位に浮上

相変わらず、気温30度を超える真夏日に「頭がぼーっとして……」。この日7バーディも、「自分が何個取ってるのか分からなかった」と苦笑いで指折り数えつつ、「それがかえって良かった」とも。  ...

沖野克文「優勝を狙うと混乱するから」

この日2日目も単独首位をキープした富田雅哉は、沖野と同じ広島県出身で、富田の師匠の田中秀道を中心とした練習仲間だ。  ...

アメリカ帰りの藤田寛之が7位に浮上

会場のここ宝塚ゴルフ倶楽部は、初めて回るコースだった。2年連続の予選通過を果たした先週の全米プロから帰国して、無理をしてその足で開催前日にコース入りしていれば、ハーフだけでもできないことはなかった。  ...

石川遼が執念の決勝ラウンド進出へ

どんな状況に陥っても、絶対に諦めるということをしないのだ。最後の最後まで自分を信じている。だから、奇跡が起きる。  ...

DAY 1

富田雅哉(とみだまさや)がロケットスタート!!

先週まで2週間のオフは8月7日から2日間の日程で、奈良県の阿騎野ゴルフ倶楽部で行われたツアー外競技の南都オープンに出場した。 その会場で、馴染みのボランティアの方にチクリと言われた。 「優勝してからちょっとたるんでるんじゃないの、みたいなことをけっこうキツイ関西弁でね」。 歯に衣着せぬ物言いに、普段は温厚な選手もさすがにムカっと来て、つい言い返してしまった。 「いや、これでも頑張っ ...

ツアー2勝目を狙う小田孔明が「今週は勝つつもりで来てますから」

この日コース新をマークした富田雅哉のひとつ前の組で、小田も負けじと攻めのゴルフを展開した。短いパー4は、すべてワンオン狙い。  ...

アマチュアの藤本佳則くんが好発進

今年6月に行われた関西アマチュアゴルフ選手権で7位につけて、この関西オープンの出場権を獲得した藤本くんが、初日4アンダーの好スタートを切った。  ...

7位タイの森本貴樹は「師匠の教えを守って“のほほん”と…」

インスタートの13番パー5で8メートルのイーグルパットを決めて、勢いづいた。14番は、1.5メートルにつけてバーディ。15番では一度はOBゾーンに消えたボールが、道路にはねて帰ってくるラッキーもあった。  ...

歴代チャンピオンたちが好スタート!

3アンダーの13位タイにつけた山本幸路(やまもとこうじ)も、4アンダーの6位タイでスタートした井上忠久も、今大会は歴代チャンピオンの資格で参戦。  ...

PREVIOUS

連覇を狙う、石川遼

メジャーで初の予選通過を果たした全米プロから前日火曜日に帰国。いったん埼玉の自宅に戻り、この日水曜日の正午すぎにコース入りした石川は、午後からハーフの下見ラウンドを行った。 インの9ホールを選んだのは、初日が10番ティからのスタートだから。 フェアウェー幅がぐっと絞られている上に、左右にOB杭も目につくコースでも、あえて「刻むのは14番(367ヤード)のパー4くらい」と、改めてこだわりのド ...

開催コース所属の中土靖(なかつちやすし)さんは「平常心でやれるかどうか…」

関西ゴルフ連盟(KGU)主催の関西オープンゴルフ選手権は、ツアープレーヤー120人のほかに、24人のアマチュア枠をもうけている。  ...

ツアー初Vを狙う、地元・関西出身の山下和宏

近頃とみに、周囲の声が大きくなった。「そろそろツアーで初優勝を」。先のサン・クロレラ クラシックで優勝争いの末に、自己ベストの4位タイ。  ...

ツアーに復活、関西オープンゴルフ選手権

1926年に産声をあげたトーナメントが帰ってくる。一度はツアーから外れた関西オープンゴルフ選手権が、今年18年ぶりにジャパンゴルフツアーの賞金ランキング加算競技として復活する。  ...

広告