ANAオープン 2008

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

矢野東が3年ぶりのツアー通算2勝目

18番グリーン奥に、応援に駆けつけたプロ仲間を見つけるや涙ぐみ、我を忘れて狂喜乱舞したのは3年前。ツアー初優勝は「フロック的に、何がなんだか訳も分らないまま勝ってしまった」。 しかし次の2勝目は、「最後まで予想外に冷静だった」。 無意識に出たという14番や15番、そして優勝を決めた瞬間以外はガッツポーズもあえて封印。 同組で回る片山に教えられた。 「追いかける立場なのに、ピンを狙っ ...

矢野東「今日はさすがに呑ませてください!」

20代のころはゴルフ一色の人生に、どこかで抵抗する気持ちがあった。「一生懸命が、かっこ悪いという思いもあって。どこか“なあなあ”でやっていた」と、矢野は言う。  ...

中嶋常幸が2位

ジャンボ尾崎が55歳と7ヶ月29日の史上最年長優勝をあげたのは、2002年の今大会。同じ舞台でそれに次ぐ、53歳と11ヶ月1日の記録をかけた「オールドマンドリーム」を目指していた中嶋だったが「正夢にはならなかったよ」と苦 ...

武藤俊憲「もうトップ10はいらない」

12番のバーディで、首位と1打差。矢野を大いに揺さぶった武藤だったが、15番のパー4で痛恨のダブルボギーだ。残り152ヤードの第2打は、「普段は9番アイアンで届く距離じゃないんですが・・・」。  ...

片山晋呉はまたしても・・・

永久シード権が与えられるツアー通算25勝にあと1勝と迫る片山は、前回のフジサンケイクラシックに続き、2試合連続のチャンスを迎えた。  ...

ゴルフ北海道スイングはデービッド・スメイル!!

道内で行われる3トーナメントの各順位をもとに換算されるポイントランキングの最上位者に、賞金100万円と海外ツアーの出場権が与えられる「ゴルフ北海道スイング」はANAオープンが最終戦。  ...

丸山茂樹が8位タイでフィニッシュ

決して諦めないという決意が全身からほとばしっていた。535ヤードの12番パー5で残り61ヤードからの第3打を直接入れてイーグルを奪うなど、この日6アンダー。  ...

キッズエスコートに地元の子どもたちが参加

ANAオープンゴルフトーナメントの最終日に、子どもたちが選手をティグラウンドに導く、キッズエスコートが行われた。  ...

DAY 3

矢野東が単独首位に

3打差の2位で忍び寄る片山晋呉は、「追いかける立場のほうが楽」と言ったが、矢野の考えは少し違う。 「最終日はストローク差があったほうが、絶対に有利だと思う」。 先の2戦で痛感した。 8月のバナH杯KBCオーガスタは3日目に2打差の3位タイ。 次のフジサンケイクラシックは、3打差の5位タイ。 逆転Vをもくろんだがけっきょく追いつけず、「スタート前のストローク差はアドバンテージになる。や ...

片山晋呉が「決めた!」

18番でティショットを大きく右に曲げた。  ...

ゴルフ北海道スイングはいよいよ最終戦

3日目にして大本命が浮上した。道内3戦でポイントランキングの最上位につければ賞金100万円と、海外ツアーの出場権がもらえるゴルフ北海道スイング。  ...

3位タイの武藤俊憲は持ち前の爆発力に・・・

爆発力には定評がある。なんといっても2005年、ツアー初優勝のマンシングウェアオープンKSBカップは、7打差からの大逆転だった。  ...

韓国の金庚泰 (キムキョンテー)がホールインワンを達成

試合では自身初の快挙達成は嬉しさよりも、驚きと安堵が先になった。13番でダブルボギー。さらに14番から連続ボギー。  ...

今季国内2戦目の丸山茂樹は「明るく頑張る」

この日5つのボギーに「相変らずショットの悪さが出てしまいました」と丸山。しかし、「落ち込んではいられない」。  ...

DAY 2

矢野東「もう優勝だけしかしたくない」

今年になって、もう何本のパターを持ち替えただろう。「10本以上はいっている」。ショットは絶好調。「ボギーを打つ気がしない。もう、いつ勝ってもおかしくないくらい」。しかしパットが入らない。 8月のバナH杯KBCオーガスタは3日目に3位。 先のフジサンケイクラシックは初日2位。 「・・・パットさえ入れば、もうとっくに勝っているのに」。 勝負を分けるミスパットに泣いてきた。 悔しさに唇を噛 ...

韓国の金庚泰 (キムキョンテー)が首位を死守

初出場の今大会で、初日にいきなりの単独首位でスタートした金だったがこの日はパッティングが決まらない。  ...

藤田寛之「答えはまだ見つからない」

輪厚には因縁がある。2002年。ジャンボ尾崎が55歳7ヶ月と29日のツアー最年長での大会7勝目をあげたときだ。  ...

宮里優作「今度こそ、見届けてもらう側に」

これまで何人の優勝シーンに駆けつけただろう。特に東北福祉勢。先輩の星野英正に始まり、谷原秀人、谷口拓也・・・。中でも、いろんな意味で身に染みたのが、先のフジサンケイクラシックだ。  ...

片山晋呉「中嶋さんからパワーをもらった」。

前半こそ伸び悩んだが午後から強風が吹き荒れる中、粘りに粘ってイーブンパー。「今日は難しいってもんじゃなかったから。74くらい打ってもいいような中で、良いゴルフが出来たと思う」。  ...

市原建彦「祝杯をあげます」

通算5アンダーでホールアウトするなり、次々と握手を求める人だかり。中には「おめでとう!」と声をかけた人までいる。本人も安堵の笑みで「今日はささやかな祝杯をあげたいと思います」と、まるで優勝したかのな騒ぎも、これが今季初の ...

石川遼は予選落ち

2日間で輪厚を去ったが、たくさんの置き土産を残した。中嶋常幸は今週、30年ぶりにグリップをインターロッキングに戻したが、実はそれは、石川にヒントを得たという。  ...

DAY 1

韓国の金庚泰 (キムキョンテー)が単独首位に

午後スタートのこの日初日は強い風が吹き荒れたが「パー5のホールはほぼフォロー。セカンドで全部、3番アイアンが持てた」という。 前半の12番と5番でいずれも4メートルのイーグルパットを決めると、最後の9番パー5のセカンドも、やっぱり3番アイアンで手前7メートルのイーグルチャンスにつけた。 夕闇が迫る中、あわや1日3イーグルこそ逃したが、余裕のバーディフィニッシュ。 7アンダーは単独首位 ...

中嶋常幸が2位タイ

この日初日は同組の片山晋呉に「闘志メラメラ」。まして舞台は過去3勝(※全4勝)の実績がある輪厚コースだ。「攻め方が見えてくる」という相性の良いコースで、ツアー通算48勝のベテランが一昨年の賞金王とバーディ合戦。  ...

細川和彦「遼くんの活躍がプラス」

ここ輪厚には、良いイメージしかない。99年のチャンピオンという以外にも、昨年の最終日は強い風が吹き荒れる中で、ベストスコアの68をマーク。  ...

ツアー通算25勝まであとひとつの片山晋呉が

「シンゴに闘志メラメラ」と、ライバル心をむき出された片山は、その中嶋に感心しきりだ。ベテランの技に目を見張る。  ...

39歳の藤田寛之が「遼くんがまぶしい」

またまた師匠に大感謝だ。出場権がないにもかかわらずコースに駆けつけた芹澤信雄にみっちりと指導を受けたのは今週火曜日。  ...

津曲泰弦(つまがりたいげん)「得意な北海道で決めちゃいたい」

道内で行われる3戦でもっとも好成績をあげれば、賞金100万円と海外ツアー2戦の出場権が贈られるゴルフ北海道スイング。  ...

今季国内2戦目の丸山茂樹は2アンダー

この日初日のプレーを振り返ってひとこと。「こんだけ曲がって2アンダーなら立派だろう・・・って感じかな」と、苦笑した。  ...

PREVIOUS

ハッピーバースデー遼!!

昨年までは、家族でこじんまりと祝った誕生日。それが今では数え切れないほどのメールを受け取り、会場では道行く人がみな声をかけて行きすぎる。 「お誕生日おめでとう!」。 戸惑いを感じるのはこんなときだ。 「自分のことを知っている人が、これだけいるんだな、と・・・」。 コースで目の前の1打に集中しているときにはそれほど感じない、自分を注目する人々の無数の視線。 その多さをこの日17日に、改 ...

丸山茂樹が9年ぶりに輪厚に登場

心は揺れている。今年9年目の米ツアーは3勝の実績がありながらここ2年間、成績不振に苦しむ。親しく話す選手が増えたとはいっても言葉、文化の違いには完全に馴染めるわけもなく「9年いても夜、一緒にご飯を食べようかというところま ...

篠崎紀夫「そろそろエンジンをかけたい」

思い出の舞台に戻ってきたディフェンディングチャンピオンが、しみじみとつぶやいた。「1年て、ほんっとに早いスね~」。プレーオフ5ホールの死闘を制し、悲願のツアー初優勝に涙した日のことは「昨日のように思い出される」。  ...

今週のトーナメント<ANAオープン>

全日本空輸株式会社主催のANAオープンは、今年も北海道北広島市の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースで開催。18日(木)より36回大会の幕が上がる。  ...

マンデートーナメントから16人が本戦進出

敬老の日の9月15日(月)、北海道北広島市の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースでANAオープンの出場権をかけた予選会・マンデートーナメントが行われ、出場104人(うちアマ8人)という狭き門を突破して、16人の選手が18日(木) ...

いよいよ最終戦、ゴルフ北海道スイング

“初戦”でツアー通算3勝目をあげたインドのジーブ・ミルカ・シンは、“2戦目”に予選落ち。1000万円のビッグボーナスのチャンスは消えたが、熱い戦いは続いている。  ...

<イベント紹介>ANAオープン恒例!! はじめての観戦ガイドツアー

トーナメント観戦初心者を対象に、プロゴルファーの親切・丁寧な解説つきで会場をまわれる“ANAオープンはじめての観戦ガイドツアー”は、今年も牧野 裕、大町昭義、青山薫、植田浩史の4人のプロをガイド役に迎え、みなさまをトーナ ...

トーナメントが3倍楽しめる!! 大町昭義の18番 超実況LIVE

ANAオープン会場の札幌ゴルフクラブ輪厚コースの18番ホールには、お客様への楽しい仕掛けが、用意されています。それが「大町昭義の18番 超実況LIVE」。  ...

ANAオープンは、楽しいイベントが盛りだくさん!!

北海道の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースで開幕するANAオープン。会場は、ご家族一緒に楽しめるイベントが目白押し! その一部をご紹介します。  ...

広告