ゴルフ日本シリーズJTカップ 2006

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

今年の最優秀選手はインドのジーブ・ミルカ・シンに決定!!

ロッカールームで泣き崩れたのは2003年。日本ツアー参戦3年目にシード落ちを喫した。一見、強面だが実は繊細な性格。プレッシャーがかかった場面でOBを打つ。大事なパットは必ずショートする。 そんな自分の弱さを嘆いていた3年前。 翌年の2004年12月。アジア・ジャパン沖縄オープンでは3日目に4打差つけて単独首位に立ちながら宮里聖志に逆転負けした。 そのときもやはり、しばらく立ち直れないほど ...

<ファイナルQT情報> ファイナルラウンドの上位通過者の顔ぶれ

本日、ファイナルクォリファイングトーナメントのファイナルラウンドが行われ、  ...

ジーブ・ミルカ・シン「みんなも世界に出て戦おう!」

今年4月の欧州とアジア共催のボルボチャイナオープンで、初優勝をあげた。  ...

増田伸洋「最後に、東京よみうりで勝てれば最高だったけど・・・」

今季6月のマンダムルシードよみうりオープンでツアー初優勝。開催コースは、兵庫県のよみうりカントリークラブだった。  ...

片山晋呉「青木さんに並びます」

3年連続の賞金王は、「勝って締めくくりたかった」が有終の美、とはいかなかった。4打差の7位に終わったが、存在感は最後まで際立った。  ...

谷原秀人「平塚さんと暴れてきます!」

この日最終日、持病の背筋痛が出ていたが、対処法は心得ていた。「大き目の番手で、軽めに振っていくようにした」。  ...

近藤智弘がコースレコードタイをマーク 「負けたくない意識が、向上心につながる」

開催直前の火曜日に風邪をひいた。特に腹に来る症状で、ほとんど何も食べられず水曜日のプロアマ戦もやむをえずキャンセル。  ...

今年も全員出席の表彰式 選手会長・横田真一も登場

吹っ切れた表情で、壇上に立った。今年も、18番グリーンで行われた全員出席の表彰式。ジーブ・ミルカ・シンの優勝スピーチのあと、全選手を代表してマイクを握ったのは、選手会長の横田真一だった。  ...

来季のシード権が確定

ツアー最終戦『ゴルフ日本シリーズJTカップ』が終了し、来季のシード権が確定した。今年は、規定試合数に満たない中嶋常幸(賞金ランク23位)とパドレイグ・ハリントン(同27位)と、タイガー・ウッズ(同50位)の3人をのぞく7 ...

<ファイナルQT情報> ファイナルQT5日目は岩崎孝司が17アンダーで単独トップ

茨城県の「セントラルゴルフクラブ」にて開催されているファイナルクォリファイングトーナメント(以下ファイナルQT)は5日目第5ラウンドを終了した。  ...

DAY 3

ジーブ・ミルカ・シン「ゴルフでは、エゴを貫いても上手くいかない」

1番で8メートルのバーディパットをねじ込むロケットスタート。3連続バーディでさらに2位以下を突き放そうとした矢先だった。 4番で右に曲げた第2打が、ギャラリーに直撃した。 動揺したまま打った第2打は寄せ切れず、ボギーを打った。 「申し訳なさで一杯になって・・・。最初の集中力も、そこで途切れてしまった」という。 それでも、いま絶好調の男はそんな苦境もすぐに跳ね返す。 6番パー5。残 ...

武藤俊憲「日本代表として頑張ります」

2位以下が伸び悩み、順位がどんどん上がっていく。結局、通算6アンダーは3位タイグループに落ち着いた。  ...

増田伸洋「最終日も攻めていく」

増田伸洋が17番で見事なイーグルを奪い通算6アンダーの3位タイに浮上してきた。日本シリーズ初出場で「木曜日はさすがに緊張しました」(増田)というが、それでも初日は69の1アンダーで12位タイの発進。  ...

賞金レースはいよいよ佳境へ!!

賞金王はすでに先週、3年連続で片山晋呉に落ち着いたが、2位以下の争いはまだ終わっていない。  ...

横尾要「おもちゃがたくさん買ってもらえると・・・」

東京都出身の今大会地元プレーヤーが、復調のきざしだ。今年最後の頂上決戦で、前日2日目は完全敗北宣言。  ...

今年も全員出席します!

昨年の最終日。18番ホールで行われた表彰式は史上初、出場選手が全員出席してファンのみなさんへ感謝の気持ちを表しました。  ...

ジャパンゴルフツアーの内助の功!!

髙橋竜彦と市原建彦。ツアー界の「たつひこ・コンビ」は、クラブ契約が同じダンロップということもあり、公私共に仲が良い。  ...

<ファイナルQT情報> ファイナルQT4日目、イーブンパー88位タイまでの103名が予選通過

茨城県の「セントラルゴルフクラブ」にて開催されているファイナルクォリファイングトーナメント(以下ファイナルQT)は一昨日の雷雨の影響による進行のしわ寄せにより、昨日の第3ラウンドを日没サスペンデッドとした東コースアウトス ...

DAY 2

片山晋呉が首位浮上

賞金王にとって「ゴルフは趣味」だ。さらに言えば、「ゴルフで優勝争いをすることが趣味」なのだ。 「優勝争いの中にしか、上達の秘訣はない」というのが持論。 そう考えるようになったのは一昨年前、2度目の賞金王についたころからだった。 練習場でいくら球を打っても、初日、2日目にどんな良いショットが出来ても意味がない。 「3日目、4日目の優勝争いの中で試して、実践できたことしか身にならない」 ...

ジーブ・ミルカ・シン「今週も勝ちたい」

本気で考えている。「来年、グリーンジャケットに袖を通すのは俺だ」。現在、世界ランク55位。この年末までに、50位に食い込めばインド人として初のマスターズに出場できるが、ジーブのゴールは、そこにはない。  ...

深堀圭一郎、悲願の大会初制覇へ!!

2位と3打差の単独首位で迎えた2001年大会。最終日に一時4打差つけながら、ダブルボギーを打って4位に沈んだ。  ...

来季欧州ツアーに参戦! 手嶋多一「目標は1億円です」

先月行われた欧州ツアーのファイナルQスクールで、ランク19位につけて来季の出場権を手に入れた。  ...

日本代表ペアがこの日、同組ラウンド

予選落ちのない今大会は2日目から成績順にペアリングが組まれる。次週7日(木)から始まる、世界ゴルフ選手権「バルバドスワールドカップ」の日本代表ペアが、たまたま同じ組でラウンドすることになった。  ...

真板潔が途中棄権

今季未勝利ながら、賞金ランク22位(国内のみの獲得賞金)につけて6年ぶり2度目に掴んだ今大会の出場権。  ...

<ファイナルQT情報> ファイナルQT競技再開!そして第4Rも同時進行中!

一昨日の雷雨の影響による進行のしわ寄せにより、昨日の第3ラウンドを日没サスペンデッドとした東コースアウトスタート組のラスト3組12名。大会4日目の朝7時29分に競技再開された。また第3ラウンドと組み合わせを変更せずにスタ ...

DAY 1

藤田寛之「僕から頑張ってください、なんて言えないから」

昨年の覇者と今年のツアー優勝者と、賞金ランク25位までしか出場できないこの頂上決戦。初日の朝スタート前に行われる開会式。 お揃いのベンチコートを羽織って選手全員が横一列に並び、ひとりひとり名前を呼ばれ、花束が贈られるのがならわしだ。 未勝利ながら、藤田は今年賞金ランク14位(国内のみの獲得賞金)につけた。 2年連続6度目の出場を果たし、この晴れ舞台に立てたことはもちろん光栄だ。 し ...

ウェイン・パースキー「子供たちに、優勝カップを持って帰りたい」

ここ数ヶ月間、不安を抱えていたドライバーショットが、ここに来て一気に昇り調子だ。「今年、課題として取り組んできたことの成果が今週出ている」とパースキー。  ...

中嶋常幸「いつまでも中年のアイドルでいたいんだ」

4年ぶりの日本シリーズは、82年と93年のチャンピオン。1番ティに飾られた優勝カップをまじまじと見つめた。  ...

片山晋呉「最終日の9ホールで、どれだけ余裕を残しておけるか」

スタートの1番でティショットを左ガケの下に落とした。いきなりボギーを打ったが、気にしない。  ...

深堀圭一郎、現在イーグル率賞でトップ

この最終戦は優勝争いや賞金レースのほかにもうひとつ、平均ストロークや平均パット数、総合力を示すユニシスポイントランキング賞などの“部門別ランキング”が決まる大会でもある。  ...

宮本勝昌「じっとしてる場合じゃない」

この大会過去2度の優勝経験がある宮本は初日をイーブンパーの16位タイで終了。本大会の4番ホール、11番ホールは本年度から500ヤードを越えるタフなパー4に生まれ変わり、難易度が上がった。  ...

<ファイナルQT情報> ファイナルQT第3ラウンドは日没サスペンデッド

茨城県の「セントラルゴルフクラブ」にて開催されているファイナルクォリファイングトーナメント(以下ファイナルQT)は大会3日目、昨日の第2ラウンドサスペンデッド残り組を午前7時18分より競技再開し、8時31分に第2ラウンド ...

PREVIOUS

最年長・中嶋常幸、4年ぶりの頂上決戦

4年ぶりのこの舞台。「この前のでもう、シリーズは最後だと思っていたのに。まさか今年、出られるなんて思わなかった」。 実際に、すでにこの週は早くから仕事を入れていたくらいだ。 「嬉しい誤算といっていいのか。『ほんとうに申し訳ありません。シリーズに出られるようになりました』って断るのに大変で」と苦笑した。 11月の三井住友VISA太平洋マスターズで、史上3人目の年長記録でツアー通算48勝 ...

片山晋呉「勝つつもりでやります」

昨年、2日目に途中棄権せざるをえなかった。それでも2年連続の賞金王を決めて、最終日のインタビューで報道陣に指摘を受けた。  ...

ディフェンディングチャンピオン今野康晴

先週のカシオワールドオープンは、気持ちが揺れ動いた。当時賞金ランクは89位。シード権争いのほとんどの選手が事実上の最終戦を迎える中で、今野ひとりだけ翌週の出場権を持っていたからだ。  ...

今大会初出場!! 武藤俊憲と市原竜彦

昨年覇者と、今年のツアー優勝者と賞金ランク25位までの者にしか許されない。  ...

今年の出場選手

報知新聞社、読売新聞社、日本テレビ放送網主催、特別協賛JTの今季ツアー最終戦は、ディフェンディングチャンピオンと、今年のツアー優勝者と賞金ランク25位までの選手にしか出場権がない。  ...

注目の賞金レース

いよいよ、今年の最終戦。先週のうちに、賞金王の栄冠は3年連続で片山晋呉の頭上に輝いたが、賞金レースは終わったわけではない。2位以下の熾烈な争いは続いている。  ...

<ファイナルQT> ファイナルQT2日目は日没サスペンデッド

茨城県の「セントラルゴルフクラブ」にて開催されているファイナルクォリファイングトーナメント(以下ファイナルQT)は2日目トップスタート7時20分より第2ラウンドを行なったが、雲行きが怪しくなった11時02分突然の雷により ...

2006 ファイナルQT 初日7アンダーで4人がトップ発進!

来シーズンの出場権をかけた最後の戦い"ファイナルクォリファイングトーナメント(以下ファイナルQT)が前回の会場となった熊本県から茨城県の『セントラルゴルフクラブ』に舞台を移し、11月29日(水)から12月2日(土)の4日 ...

来季の出場権をかけたファイナルQTは、29日(水)からスタート

昨年のゴルフ日本シリーズJTカップ、最終日の表彰式は史上初の全員参加。そこには、2日目に背筋痛で途中棄権した片山晋呉の顔さえあった。  ...

広告