ゴルフ日本シリーズJTカップ 2004

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

今季最後の頂上決戦を制したのは、 オーストラリアのポール・シーハン

今季最後の29人目のチャンピオンは、底抜けなプラス思考を持つ陽気なオージーだった。 これで、外国人選手の優勝は、11月のアサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルから、5試合連続。年間を通して数えると、ツアー史上過去最多の15勝(1980年以降のデータ)。 今大会が始まる前から日本人プレーヤーたちは、「打倒・外国人選手」を声高らかに宣言していた。 首位と1打差の最終組で迎えた最終日は、「ギャ ...

2004年のキング誕生!!

台風27号から変化した低気圧は、5日早朝、首都圏に台風並みの激しい風と雨をもたらしたあと、夏日のような暖かさを残していった。  ...

谷口徹 逆転の賞金王かなわず

谷口は逆転の賞金王どころか、Y・E・ヤンが優勝争いをしたために賞金ランク2位の座も、危うかった。もし、ヤンがこの大会で単独2位に入っていれば、完全に明け渡していたところだが、ヤンが18番のバーディチャンスを外して、約20 ...

2位の宮本勝昌、4位の深堀圭一郎、加瀬秀樹は6位

11番でダブルボギー、さらに13番でボギーを打って、「苦しくなってしまった」とは宮本。  ...

2004 Japan Golf Tour ファイナル・クォリファイング終了。

5日目が日没サスペンデッドとなった為、最終組は第5ラウンドの残り7ホールを7:40からプレー。その第5ラウンドでは+4(76)と順位も2位タイから6位タイに落とした前田雄大。しかし最終ラウンドに入ると前半で5バーティ、後 ...

2004 Japan Golf Tour ファイナルクォリファイング 5Rは日没サスペンデッド

12月5日(日)第5ラウンドは17:02日没サスペンデッドとなりました。第5ラウンドの残りは12月6日(月)7:40より再開予定。この日ホールアウトしたのは Out 9 組、In 9 組。(計54名)サスペンデッドでホー ...

DAY 3

深堀圭一郎が、混戦からひとつ抜け出し単独首位

その瞬間、「独特な感覚がした」と、深堀は表現した。1番パー4。打ち上げになったグリーンは、セカンド地点からピンの根元が確認できない。 が、打った瞬間、そのままカップインすることが予感できた。 ピッチングウェッジで打った残り107ヤードの第2打は、ピン手前で小さくバウンドし、最後のひと転がりでコロン、とカップに落ちた。 天に轟くばかりのギャラリーの大歓声で、本当に入ったんだと分かった。 チッ ...

加瀬秀樹「最後には、自分が一番でいたい」

15番パー3でティショットをグリーン右に外した。アプローチも、ピンを大きくオーバーしてボギーを打った。その瞬間、加瀬の脳裏には、長男・哲弘君の顔が浮かんでいた。  ...

宮本勝昌「この大会は、サバイバルゲーム」

日大同期の片山晋呉と並んで、今年で7年連続7度目となるこの頂上決戦。  ...

賞金レースの行方

賞金王争いは、現在賞金ランク1位の片山が、この日1イーグル4バーディ、1ボギーの65。ベストスコアでまわって通算1アンダー15位タイまで順位をあげ、同ランク2位の谷口徹が、通算2アンダー14位と低迷したままであることから ...

2004 Japan Golf Tour ファイナルクォリファイング 第4ラウンドは9:03終了。

12月4日(土)第4ラウンドは荒天によるコースコンディション不良の為、15:29 中断・サスペンデッドとなり、12月5日(日)に第4ラウンドの残りが行われた。29名の選手が朝7:40よりスタートし9:03に競技終了。87 ...

2004 Japan Golf Tour ファイナルクォリファイング4日目

12月4日(土)の第4ラウンドは荒天によるコースコンディション不良の為、15:29中断・サスペンデッドとなった。第4ラウンドの残りは12月5日(日)7:40再開(予定)。コース上では黒潮コースのOut後ろ3組(9名)、I ...

DAY 2

加瀬秀樹、ブレンダン・ジョーンズが首位で並んだ

グリーン奥から、急激な下り傾斜の18番パー3。227ヤードとたっぷり距離もある、東京よみうりの最難関ホールで、加瀬が思わずへたりこんだ。 グリーン手前からのアプローチは、カップのまわりをクルリと半回転して、OK距離で止まった。 それまで首位を走っていた豪州のブレンダン・ジョーンズが右バンカーに入れてダブルボギーを打っていただけに、ひとつ逆転する絶好のチャンスを逃して、45歳が感情豊かに悔しがっ ...

深堀圭一郎が通算6アンダー、3位タイ浮上

この日2日目の9番ティグラウンド。深堀は、思わずゴルフの神様に祈りを捧げた。「なんとか、パーで行かせてください」。  ...

賞金レースの行方

賞金ランクトップの片山は、体調不良の影響で、低迷したまま。同2位で、追う谷口も通算1オーバー18位と奮わない。がぜんビッグチャンスが出てきたのは、賞金ランク4位のY・E・ヤンだ。  ...

2004 Japan Golf Tour ファイナルクォリファイング 3日目

グレゴリーマイヤー(パールCC)が2日目のベストスコア67、通算9アンダーとスコアを伸ばしトップに立った。2日目終了時通算8アンダーでトップの宮里聖志(ベルビーチGC)はイーブンパーとスコアを伸ばせず2位タイ。宮里聖志は ...

DAY 1

ブレンダン・ジョーンズが単独首位発進

今週は、トッド・ハミルトンがお手本だ。 今年8月の全米プロ。練習日に一緒にラウンドしたとき、ハミルトンが教えてくれた。 「米ツアーの選手でも、僕らと同じようなミスをする。だから失敗しても、“自分だけじゃない”と気持ちを切り替え、しっかりとリカバリーしていくことが、大事なことなんだよ」。 今年の全英オープンの優勝インタビューで、ハミルトンが自身のプレースタイルについて語った「アグリーゴルフ ...

加瀬秀樹 「中年の俺が頑張って、なんとかファンを引き寄せたい」

45歳の誕生日を迎えた前日1日水曜日の夜、ふと考えた。  ...

葉偉志 2アンダー6位タイ 「パパは、頑張ってますよ!」

先週木曜日、パパになった。待望の第一子は元気な女の子。本当なら、今大会が終わってから故郷・台湾に戻る予定でいたが、この月曜日にきゅうきょ、里帰りして赤ちゃんの顔を見てきた。  ...

賞金レースの行方は…

賞金ランク1位の片山晋呉は、体調不良をおしてこの日初日を迎えたが、やはり「相当な無理があったのだと思う」(賞金ランク2位の谷口徹)。3オーバー21位と大きく出遅れた上に、ホールアウト後は蒼白な表情で、「明日は…ほんとうに ...

2004 Japan Golf Tour ファイナルクォリファイング 2日目 宮里聖志がトップ

初日、2日目と穏やかな秋晴れとなったKochi黒潮カントリークラブだが、来年のツアー出場権を狙う207名のツアープレーヤーたちにとってQTファイナルは最後の戦場。ツアーでは4日間72ホール、しかしファイナルは6日間108 ...

PREVIOUS

谷口徹、いよいよ逆転・賞金王へのラストチャンス 「責任は、感じている。…頑張りたい」

先週まで、4試合連続で外国人プレーヤーが勝った。対する女子ツアーは、不動裕理、宮里藍両選手の賞金女王争いで大いに盛り上がって先週、幕を閉じた。 男子ツアーの視聴率やギャラリー数の低下などが世間で取り沙汰されるたびに、現在、賞金ランク2位につける谷口の胸は痛む。 「…賞金王争いも、僕が先週あたりに逆転して、もっと盛り上がっている予定だったのですが…。責任は、感じています」。何より、ゴルフ界の ...

片山晋呉(現在賞金ランクトップ) 「元気よく、1番ホールで谷口さんと握手できれば」

追われる身の片山は今週、出場の危機だ。先週の金曜日に体調を崩したまま、いまも身体に力が入らない。顔には湿疹が出て、立っているのもやっとの状態だ。  ...

それぞれの思いを胸に… ゴルフ日本シリーズJTカップは2日(木)いよいよティオフ

選ばれし者しか出場できない、この頂上決戦への“切符”を手に入れたのは26人。うち、初出場を果たしたのは、Y・E・ヤン、神山隆志、谷口拓也、三橋達也、井上信、チャワリット・プラポール、アンドレ・ストルツの7人だ。  ...

2004 Japan Golf Tour ファイナルクォリファイング

2005年度ジャパンゴルフツアーの出場権をかけたファイナル・クォリファイング・トーナメントが12月1日-6日の6日間、高知県のKochi黒潮カントリークラブで開始された。今年ファイナルに進出した選手は208名、4日間終了 ...

新・羽田ターミナルが12月1日にオープン!

日本ゴルフツアー機構オフィシャルサプライヤーのANA(全日本空輸株式会社)は、12月1日からの新・羽田ターミナルのオープンに伴い、羽田第2旅客ターミナルへ移転し、「簡単・便利を追及したサービス」の提供と、「更にグレードア ...

ゴルフ日本シリーズJTカップ、出場選手一覧

1 片山 晋呉  7年連続7回目  ...

今週の舞台<東京よみうりカントリークラブ>

名匠・井上誠一が多摩川の右岸、多摩丘陵の起伏を巧みに生かしてデザインした起伏のある18ホールは、距離感のジャッジが攻略のカギとなる一方、フェアウェイはゆったりと広く、豪快かつ大胆な攻めも必要といった、戦略性の高いレイアウ ...

ゴルフ日本シリーズJTカップ出場選手決定

今季のツアーチャンピオンと、先週終了時点の賞金ランキング25位までの選手だけが出場できる頂上決戦。今年は26人の精鋭が出揃った。  ...

広告