ANAオープン 2004

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

タイ出身のチャンピオン第1号!! チャワリット・プラポールが日本ツアー初優勝

最後の最後に、襲いかかった激しいプレッシャー。2打差2位で迎えた18番パー4で、フェアウェーからの第2打を大きくショートさせた。ラフからの第3打もグリーンに届かず、ラフとセミラフの境目に落ちた第4打も、寄せきれなかった。 「何しろ、僕にとっては久しぶりの優勝で・・・」最後は、3メートルのボギーパット。2位のヤンが、バーディチャンスを決め損ねたのがせめてもの救いだった。 外せばプレーオフ、運命の ...

チャワリット・プラポール「今週、僕を支えてくれたすべての人に感謝したい」

プラポールの奉仕の精神は、プレー中にも随所に見られた。  ...

Y・E・ヤン 通算16アンダー単独2位 今井克宗、谷原秀人は通算14アンダー3位タイ

<Y・E・ヤン>「今日は前日までと大違い。2バーディはまったく満足できないですよ。同じ組のプラポール選手がたくさんバーディを取っていたのでなかなか追いつけませんでした。  ...

49歳・倉本昌弘は単独5位 ホストプレーヤー・伊沢利光は6位タイ

<倉本昌弘>「今日は2位狙いでした。ヤンさんと伊沢選手を捕まえられれば・・・という気持ちでプレーしていたのですが、最後はダブルボギーを打ってしまった。  ...

DAY 3

タイのチャワリット・プラポールが単独首位キープ! ANAオープンは、混戦模様のまま最終日に突入

タイでは、ローマ字の『L』は『ン』と発音するそうだ。だから母国の人々は『Plaphol』のことを『プラポン』と呼ぶ。 この日3日目、ロープの外から聞こえてきた声援も、「頑張って、プラポン!!」。 懐かしい響きに、プラポールの顔が思わずほころんだ。 「僕の特別応援団なんです」。 今週、バッグを担ぐ山下成自さん(北海道在住)の妻がタイ人。その友人知人が揃って会場に駆けつけてくれた。 地元 ...

Y・E・ヤン この日3日目の単独2位より価値あるもの?!17番のイーグル賞100万円

ピンまで15ヤードのグリーンエッジから、パターでねじ込んだ。イーグル奪取にピョンピョンと小躍りしながらボールを拾い上げて戻ってきたヤンに、今季からバッグを担ぐキャディのジャレット・ラブさんが耳打ちする。  ...

伊沢利光が単独3位に浮上「今の状態なら間違いなく、優勝争いに加われる」

思わず、大きくパターを突き上げた。17番パー5。右から5メートルのイーグルパットがカップに沈んだ。昨年の賞金王が、ようやく元気を取り戻した。  ...

倉本昌弘「僕ら刺身のツマだって、絶対になくてはらないもの」

3位の伊沢利光は36歳、4位タイの今井克宗は32歳、近藤智弘は27歳・・・。その中で、4位タイグループに名を連ねた49歳の倉本は、「僕は刺身のツマ。あるいはわさび」と、自身をたとえた。  ...

大好評!! ANAオープン・はじめての観戦ツアー上級編

通算12勝の横島由一だからこそ話せる、戦う男たちの気持ち。それが随所に散りばめられた生・解説に、参加者のみなさんも興味津々。いまはゴルフ場で支配人をつとめる横島には、過去にツアーディレクターの経験もある。  ...

DAY 2

チャワリット・プラポール タイ出身の期待のルーキーが単独首位浮上

11番で、20メートルのバーディパットをねじ込んで勢いづいた。15番まで5連続バーディで、あっという間にリーダーボードを駆け上がる。 2位と2打差つける通算13アンダー、単独首位に浮上したのはタイ出身のチャワリット・プラポール。 ジュニア時代には、ナショナルチームのメンバーに選ばれるなど、母国タイでは“期待の選手”として注目を浴びている。 9歳のとき、8つ上の兄・スーラチャイさんの影響を受け ...

韓国のY・E・ヤン、ただいま絶好調!「チョーだいすきなんです」

8月、日本ツアー初優勝をあげたサン・クロレラクラシックも、北海道での開催。「ホッカイドウが、  ...

今井克宗「コーチにボーナスをあげたい」

昨年の初優勝で、複数年シードを手に入れた今シーズンは「スイングを、いちど全部ぶっ壊して」いちから作り直す覚悟を決めた。  ...

谷原秀人「今のところは順調ですね」

今月末に行われる世界ゴルフ選手権・アメリカンエキスプレスチャンピオンシップ(9月30-10月3日、アイルランド・マウントジュリエット)。現在、賞金ランク6位につける谷原が狙っているのはその出場権。  ...

ホストプレーヤー・伊沢利光は7位タイ

「後半10番から、2連続とかやっちゃいましたけど、2つとも、パーセーブはきついところにボールが行っちゃってましたからね。余計なのは18番の3パットくらいで、ほかは特別気になるところもないし、調子も悪くないし・・・。いまは ...

伊藤涼太君は通算1オーバーで予選落ち

この日2日目は朝からショットの調子が悪かった。スタート前に立て直そうと、練習場で懸命に球を打  ...

21年ぶり・・・ジャンボ尾崎が3試合連続の予選落ち

今大会、過去7勝を誇る尾崎将司は通算イーブンパー・62位タイ。8月の久光製薬KBCオーガスタから数えて3試合連続の予選落ちを喫した。  ...

DAY 1

伊沢利光 「今日のプレーは言うことなし」 ホストプレーヤーが4位タイの好発進

開幕戦から原因不明の微熱がひかず、今季不振が続いていた。 7月末にはとうとう神戸の病院に入院。長期の欠場を余儀なくされ、「このまま、今年はもう無理かもしれない・・・」との不安がよぎったとき、伊沢の頭に真っ先に浮かんだのは「スポンサーのみなさんに申し訳ない」という思い。 すぐに、所属契約を結んで3年目になる全日空の会長・野村吉三郎氏に詫びの電話を入れた。 そのとき、「こちらのことは気にしな ...

兼本貴司 「ミスというミスはひとつもなし。完璧なゴルフができた」

8番で、初日唯一のボギーも「気にならない」。グリーン奥へ転がり落ちたティショットは「完璧に打てたショットだったから。あまりにクリーンにあたりすぎて、飛びすぎただけ」。  ...

ドライビング王・小山内護「師匠を怒らせちゃいました・・・」

師匠が先週から、まったく口をきいてくれない。周囲の話によれば、「かなり怒っている」そうなのだが、「本人は何も言ってくれないから、謝りようもなくて・・・」困ったように頭を掻いた。  ...

手嶋多一「今週は、フレッシュな気持ちで・・・」

2週前の『ヨンピョンバーチヒルズ日韓男子対抗戦』は、ノンプレーイングキャプテン。大会週の木曜日に行われたプロアマ戦でプレーをして以来、そのあとずっとクラブを握っていなかった。  ...

インド出身のジョティ・ランダワ「大満足です」

「今日のプレーは10点中9.5点。ほとんどのショットとパットが思うように打てたけど、1つだけパットを入れ損ねた。それが0.5点分です。  ...

PREVIOUS

ディフェンディングチャンピオン葉偉志 「生まれてくる子のためにぜひ、連覇達成を・・・!!」

昨年、ANAオープン最終日の18番ホールで10メートルの長いバーディパットを決めて大逆転。 大会7勝を誇るあのジャンボ尾崎を制して、ツアー初優勝をあげた。 あのとき、あの激戦を最後までロープの外から見守って、熱い声援を送ってくれた当時・婚約者の蔡玉如さんは、ただいま妊娠6ヶ月だ。 先週のサントリーオープンでは、かなり目立ち始めたお腹を抱えて夫のプレーを見守る新妻の姿があった。 「そうなんで ...

加瀬秀樹 「新しい目標を設定したよ」

先週のサントリーオープンで、8年ぶりの復活優勝。  ...

14歳・伊藤涼太君 「今週の目標はイーブンパー」

先週、史上最年少で予選通過を果たした脅威の14歳が、2週連続でトーナメントに挑戦する。  ...

今年も開催“ANAオープンはじめての観戦ガイドツアー”

トーナメント観戦初心者を対象に、プロゴルファーの親切・丁寧な解説つきで会場をまわる“ANAオープンはじめての観戦ガイドツアー”が今年も行われます。  ...

ANAオープン18番ホールの“聞こえるんです!実況ライブ”も引き続き実施

会場の札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースの18番ホールには、お客様への楽しい仕掛けが用意されています。  ...

伊沢利光が復帰2戦目!!

今週、16日(木)に開幕するANAオープン。伊沢が、今大会主催の全日空と所属契約を結んで4年目の今年は、開幕から続いていた原因不明の体調不良からの復帰2戦目でもある。  ...

ANAオープン2004大会のみどころ

「過去に多くの兵が凌ぎを梳った札幌ゴルフ倶楽部輪厚コース。  ...

広告