カシオワールドオープン 2002

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

「最後に、何をすべきかは分かっていたから…」

18番で圧巻イーグル、この日、終始自信に満ちていたデービッド・スメイル とどめの一撃は、まるで狙いを定めてそこに舞い降りた鳥のように、フワリ、と落ちた。 2位のジョーンズと、1打差で迎えた18番パー5。 4アイアンで打った、残り208ヤードの第2打は、ピン奥3メートルの下り傾斜にピタリ。 「本当は、ピン右端めがけて、ひっかけたショット」と後で照れ笑いを浮かべたが、それは他に文句のつ ...

 「僕の勝利をきっかけに…」

今季大ブレークのオセアニア勢、デービッド・スメイルが彼らの牽引役  ...

「ジョンに心からお礼を言いたい」

通算4勝へと導いた、デービット・スメイルの名キャディ  ...

チャンピオン恒例の記念植樹

「この美しいコースに、僕が植えた樹がいつまでも成長を続けるなんて、最高だね」(デービッド・スメイル、いぶすきGC岩崎福三理事長=右=と…) ...

「これから、というときなのに…」

前半で5バーディ、一時は首位と並んだ渡辺司は通算11アンダー3位タイ  ...

賞金王争いに決着! 谷口徹が初のキングの座を決めた

「谷口さんはオールラウンドプレーヤー」ランク2位の佐藤  ...

いずれも逆転には今週の優勝が条件だった、佐藤信人と片山晋呉

最終戦を待たず、賞金レースに決着がついた。  ...

「2日間、眠れず、何も手がつかなかった…」

滑り込みで初シード入りを決めた広田悟のほか、今季のシード権争いのゆくえは…  ...

DAY 3

競技は54ホールに短縮。これで賞金王、シード権争いに影響も…

「この雨で、今年の僕の日本ツアーも残り1ラウンド。本当なら3日目に4打差くらいまで詰めておいて最終日を迎えたいと思っていたけれど、明日は8打差の大逆転をしないと、チャンスがなくなってしまいました。8打差なんて、タイガーにしかできないし、しかも僕の上には、12人も選手がいる。とてつもない差だけれど、この1年良い年にするために、残り1日も、精一杯やりたいと思っています」  ...

逆転賞金王を狙う佐藤信人は最終日、8打差の13位タイからスタート

「(競技短縮は)残念ですね。朝、クラブハウスから練習場に下りてくるころに中断のサイレンを聞いて、それから、ギャラリープラザ横の選手ラウンジで、みんなでお茶しながら(=写真)、ずっとスタートを待っていたんですけれど…。  ...

現在賞金ランク4位、逆転賞金王には今週と来週の優勝が条件の片山晋呉も8打差13位タイからスタート

「天気までは、僕にはコントロールできないからねえ…しょうがないよね。賞金加算が75%になってしまって、これで僕の賞金王の可能性は、なくなったでしょう。…え? 勝てばまだわからないって?…う~ん、でも8打差だよ。厳しいよ ...

競技は54ホールに短縮、賞金額は規定により25%カット

この日30日のいぶすきゴルフクラブは、ちょうど第1組がスタートした9時15分ころから、バケツをひっくり返したような強い雨。グリーンにはたちまち水がたまり、プレーは困難な状態に。9時33分にいったん、競技を中止して様子をみ ...

2位と3打差トップで最終日を迎えることになったブレンダン・ジョーンズ

サスペンデット決定の知らせを受けたクラブハウス前で、ジョーンズが、透明のビニール傘をさしておどけた(=写真右)。  ...

DAY 2

豪州のブレンダンジョーンズが、3打差の単独トップ 「先週、たっぷり観察したウッズに刺激を受けて、またモリモリやる気が沸いてきた。ツアー2勝目にむけ、頑張ります」

今月初めにツアー初優勝をあげたばかりのジョーンズが、ツアー2勝目のチャンス到来だ。先週、来日したタイガー・ウッズに刺激を受けている。練習場で、世界NO.1のスイングをたっぷりと観察し、「スイングの弾道、集中力、ゴルフに対する姿勢…すべてにおいて文句のつけようがなく、すべてにおいて安定している」と、感動しきり。  「頂点にいても、常に努力を怠らない…。それこそ、彼は1つ球を打つたびにスキル(技) ...

「柔軟性は、ツアーでも、5本の指に入る」

ドライビングディスタンスで今週、「ぶっちぎりのトップ」尾崎健夫が単独2位浮上  ...

「外角低めの、センター返しを打つイメージです」

今季初シード入りを決めた高山忠洋が、コースレコードタイの63をマーク、5位タイ浮上  ...

今週の予選カットラインは、通算1オーバー60位タイ、シード権争いの選手たちから、目が離せない

前日初日、ホールインワン達成に満面笑顔を浮かべた広田悟の表情が一転、この日は眉間に、深いシワが刻まれていた。  ...

「あわよくば、全ホールバーディを…そういう気持ちで、やっています」逆転賞金王を狙う佐藤信人は4アンダー、13位タイ

「調子自体は、優勝していたころとそれほど遜色ないのですが、なかなか、うまくいきません。逆転するためには、今週優勝しかない。あわよくば、全ホールでバーディをという気持ちで、ティショットはフェアウェーセンターを、アイアンはピ ...

DAY 1

渡辺司と細川和彦が、ノーボギーの67で首位発進

「僕にとって、最後の試合。心おきなく、終えたいものです」(渡辺司)  「ちょっとした遊び心をきっかけに、今年不調だったパットが復活し、成績もようやく上向き。それなのに、もうすぐシーズン終了で、今は『どうして終わっちゃうの!?あと2ヶ月はやってほしいのに!』って、気持ちなんですよ(笑)。…僕にとっては今週が、今年最後の試合。残り54ホール精一杯やって、心おきなく1年を終えたいものです」(渡辺 ...

「シャレでつけたら、思わぬ副産物が出た!」

渡辺司がパットの不調から脱却できた、ある秘密とは…  ...

「“残りもの”で、納得できる飛びが手に入った!」

先週、招待外国人選手が残していったドライバーで細川和彦が好スタート  ...

逆転賞金王を狙う佐藤信人は2アンダー18位タイ発進

「風があり、パットに苦しみながらも、まずまずのスタートが切れました。今週、僕の目標は、明確です。とにかく勝って、逆転賞金王の可能性を残して渡米すること! …一昨年前の賞金レースは、周囲の期待に応えられないと、まるで罪を犯 ...

PREVIOUS

「今週は優勝しかない。…それに対する最大限の準備は、できたかな」現在、賞金ランク2位の佐藤信人、逆転賞金王への最後のチャンス

前日火曜日、賞金ランクトップの谷口徹が体調不良を理由に、今大会の欠場を決めた。 「少なくとも、今週、谷口さんの上積みはないとわかって、余計に、自分が頑張るしかない、と思いましたね」と気合いを入れたのは佐藤信人だ。 獲得賞金1億4544万341円(海外獲得賞金含む)で、谷口とは1516万372円差のランク2位。だが、佐藤は、米ツアーの出場権をかけた最終予選会のため来週月曜日には渡米する予定で ...

「いつだって勝つために戦っているよ」

いったんは、ビジネスの道を進んだマット・クーチャー(米)、日本ツアー初参戦  ...

「エキサイティングだね!」

初日のペアリングは、55歳の尾崎将司とのラウンド(8時55分)。  ...

「全力で、ぶつかります!」残り2試合で、逆転賞金王にかける、現在、賞金ランク4位の片山晋呉

「今日はこの風の中、18番で、約2メートルのイーグルチャンスにつけましたからね。ショットは完璧。調子は、相変わらず良いです。このコースは、風のジャッジメントが上手くできるかどうかがポイント。それが出来たら僕にも、チャンス ...

今週もうひとつの戦い、賞金シード権争い

賞金シード権争いの選手にとっては、今週が、事実上の最終戦。  ...

大会みどころ

「いよいよシーズン大詰めです。  ...

広告