ゴルフ日本シリーズJTカップ 2001

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

2001年シーズン最後のチャンピオンは、宮本勝昌 98年大会から2度目のVに、「あのころより、さらに成長しての優勝です!」

 「これまでは、ゴルフの出来が100%でないと勝てなかった僕ですが、今回の優勝は、『たとえ80%の出来でも勝てるんだ』ということを、実感させてくれるものでした。技術面はともかく、98年の今大会で勝ったときよりも、気持ちや精神面で少しは自分も成長できているのかな、と感じられる、今回の優勝です。  18番グリーンで、こうして多くのファンのみなさんに迎えていただけことはプロゴルファー冥利に尽き、また、 ...

「“宮本”でごめんなさい!」

宮本勝昌が「絶対に勝てない」と自ら予想した展開からの、大逆転V  ...

「彼がいなければ、勝てなかった」

宮本勝昌、2001年最後のヒーローインタビューは、“2人”で  ...

「V争いより、そっちのほうが緊張しました」

宮本勝昌は、きゅうきょ応援にかけつけた師匠に感謝感激  ...

獲得賞金史上最多の2億1793万4583円

ジャンボも超えた、賞金王・伊沢利光  ...

「今年は、実りの多い年だった」

中嶋常幸、2位タイにも満足感  ...

「すべては、自分のせい・・・」

9番からのダボ、ボギーをきっかけに逆転負けを喫した深堀圭一郎  ...

「世界には通用しない」

4位タイの谷口徹  ...

「アメリカで我慢することを学んだ」

満足いかないゴルフながら7位タイ、丸山茂樹  ...

「現実だから仕方ない」

1981年シーズン以来の勝ち星なしに終わった尾崎将司  ...

「今年を象徴する終わり方!」

ディフェンディングチャンピオン片山晋呉、ベストスコアをマーク  ...

紅白のリボンをつけてプレー

 前日の内親王のご誕生に祝意を表し、最終日は出場選手全員が、紅白のリボンをつけてプレー。丸山が、「おめでとうございます!」と、東宮御所に向かってお祝いを述べてからティオフするなど、会場は祝福ムードに沸いていた。  ...

DAY 3

「明日は自分の力で、初の日本タイトルを!」(3打差首位の深堀圭一郎)

 その瞬間、大ギャラリーに埋もれた友人のサインが、はっきり見えた。17番、535ヤードのパー5。  打とうとした瞬間に、前組の伊沢がチップインイーグルを奪ったどよめきが起き、ティショットをミス。バンカーに打ち込んで、3打目でグリーンをとらえて迎えた、手前6メートルのバーディパット。  「ちょうどそのとき、彼の『頑張れ』ってしぐさが視界に入ってきたんです」  これをねじこみ、伊沢の猛追を3打引 ...

「雅子さま、おめでとうございます!」

女児ご誕生の日の首位に「光栄です」と深堀圭一郎  ...

「僕にもまだ、運がある」

賞金王・伊沢利光が今季最後に狙うは、師匠超え  ...

「大ピンチも気にしない」

3位タイの谷口徹  ...

「最終日は崩れない!」

初出場の平石武則、5位タイ  ...

「18番のバーディ逃しは、明日への戒め」

17番でイーグルで上位に踏みとどまった中嶋常幸  ...

「日本ゴルフ、経験不足」

丸山茂樹は伸び悩み  ...

「5バーディでヨシとするかな・・・」

ディフェンディングチャンピオン片山晋呉  ...

DAY 2

「会場に、応援しにきてくれる人だけじゃなく、テレビの向こうのファンのためにも・・・」(2打差トップの深堀圭一郎)

 前日の東尾理子にかわって、この日応援にかけつけてくれたのは、明大中野高校の後輩、栃東(とちあずま)関。1年前から親交を深めてきた後輩から、スタート前にエールを贈られ、「第一線で活躍している人は、パワーみたいなものを発散していて、そばにいてくれるだけで落ち着く」と、常に、存在を意識しながらプレー。鬼門の13番こそ、この日唯一のボギーとしたが、前半は5つのバーディを積み上げてターン。そして、224ヤ ...

「自分でも、変わったもんやな、と・・・」

41歳にして今大会初出場の平石武則が単独2位  ...

「今日は僕の日じゃなかった」

谷口徹は3位に後退  ...

「オーガスタの17番を想定すると・・・」

クラブに調整を加えた伊沢利光が、5位タイ浮上  ...

「明日もちゃらんぽらんで・・・」

98年度のチャンピオン宮本勝昌  ...

「ええ感じでいってたのに・・・」

今大会最多出場の23回を誇る尾崎将司は17位タイ  ...

「清原さんに、“来ないで”って言おうかな・・・」

ディフェンディングチャンピオン片山晋呉は、25位にため息。  ...

DAY 1

「今週は、今年のすべてを出し尽くすゴルフを」(首位の谷口徹)

 1年のうっぷんを、吐き出さんばかりのラウンドだ。  5番、6番で連続バーディを奪うと、7番、479ヤードのパー4では、残り120ヤードの第2打を9番アイアンで、カップイン。チップインイーグルを決めて、谷口が吠えた。  「今日は出だしのボギーにもめげず、前向きにプレーできた結果です。久々に、やる気が戻ってきました」遅ればせながら、ようやくエンジン全開だ。  最終戦まで賞金レースの主役とし ...

「久々にドキドキ。だって47歳のルーキーだから」

5年ぶりの出場、中嶋常幸が2位  ...

「芝の違いで、ナーバスになっている」

2年ぶりの出場の丸山茂樹、4位タイ  ...

「空振りもしそうな勢い」

腰痛と戦いながらのプレー、溝口英二  ...

「楽しんで、やってます」

今大会初出場の平石武則、6位タイの好発進  ...

「今年の運を使い果たしたかな・・・」

伊沢利光、2001年度の賞金王決定!  ...

記念撮影

 シリーズ恒例のスタート前の開幕セレモニー後、記念撮影に収まる選手たち。伏見勝大会会長の宣誓のもと、26人のプレーヤーたちは、大会への意気込みを新たにティオフしていった。  ...

PREVIOUS

「やっぱり“一番”で締めたいですね、最後ですから」(伊沢利光)

 先週は、夏に痛めて治療中だった左手親指付け根部分がテーピングでかぶれ、大事をとって欠場した。1週間、自宅で休養を取り、今週復帰。  「かぶれもないし、痛み止めものんでないし、かなり元気いっぱいです」と、快挙にむけ、体調は万全だ。  ツアー最終戦の今大会で、海外メジャーをあわせて今季の出場数20試合目。ツアーの義務試合数をクリアして、今週、伊沢が晴れて初の賞金王の座につく。  しかも、今 ...

「今週は、勝つ。それしかないでしょう」

ディフェンディングチャンピオン、片山晋呉  ...

「今週は、思いがけないプレゼント」

丸山茂樹が、2年ぶりの出場  ...

「キャディのほうが、エラそうかも・・・」

横田真一が、久保谷健一をキャディに起用  ...

第38回ゴルフ日本シリーズJTカップ出場26選手の顔ぶれ

 今年から、ジャパンゴルフツアーの最終戦となった第38回ゴルフ日本シリーズJTカップは、11月29日~12月3日の4日間、東京よみうりカントリークラブで開催される。大会には、(1)前年度ゴルフ日本シリーズJTカップ優勝者 ...

大会みどころと今年のコースセッティング

山中博史JGTO競技運営ディレクター  ...

今年の『ゴルフ日本シリーズJTカップ』

新たに3選手が出場権を獲得  ...

広告