宇部興産オープン 2001

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

「たくさんの応援、ドウモ、アリガト」(第30回宇部興産オープンチャンピオン、ディーン・ウィルソン)

 「僕が長いのを入れても、すぐに入れ返されて・・・今日は後半から、手嶋さんとのマッチプレーのような展開になり、とても楽しめたと同時に、とてもきついゲームでした。  結局、17番で、手嶋さんがダボを打って僕が逆転できたわけですが、手嶋さんも非常に良いプレーをしていただけに、なんだか、申し訳ないような気もします・・・。  今年は、日本プロ、日本マッチプレー、そして今大会で3勝目。良い成績を残し、賞 ...

「興奮してて・・・何も覚えていない」

ポーカーフェイスのディーン・ウィルソンさえ、熱くなったこの日のゲーム展開  ...

キャディバッグに『HIROSHI』の文字

ディーン・ウィルソン、第2の故郷で今季3度目の栄冠  ...

「準備万端、臨みたい」

第2の故郷・日本から世界へ、ディーン・ウィルソンの挑戦  ...

「少し自信が湧いてきた」

マッチレースを繰り広げるウィルソン、手嶋に挟まれながらも善戦、3位の飯合肇  ...

「まだまだ、もうひとつ」

中嶋常幸は5位タイ  ...

「追いつけなかったのが自分のミス」

ディフェンディングチャンピオン、深堀圭一郎は5位タイ  ...

「あぁ・・・ほんとに良かった・・・」

原田三夫、5位タイで今季のシード権確定  ...

DAY 3

「運も実力、と思うタイプじゃないけれど・・・それがなければ勝てないのも事実」(単独首位の手嶋多一)

 12番、548ヤードのパー5。  右にプッシュアウトしたティショットはカート道を跳ね、グリーン手前190ヤード地点まで転がった。この日は土砂降りの雨。普段なら260ヤード以上は残り「絶対に届かない」グリーンを、4番アイアンで捕らえ、2パットで楽々バーディ。  「超ラッキーでしたね」と、照れ笑いの手嶋。  ほかにも、ピンチを切り抜けた10番、11番など「僕のゴルフはラッキーばっかりで・・・」 ...

▼ 3日目、トピックス 「明日はスマートなプレーを」

単独2位のディーン・ウィルソン  ...

「今日は我慢の日」

3位タイのトッド・ハミルトン  ...

「明日は1球も、疎かにしない」

3打差5位、律子夫人とのなれそめの地で中嶋常幸が復活Vチャンス  ...

「ショットもパットも完璧」

5位タイの真板潔  ...

「手嶋君をやっつけたい!」

首位の手嶋と同級生の深堀圭一郎が、負けん気を発揮  ...

DAY 2

「今は4日間、良いゴルフをしなければ勝つことは不可能だ」(米国出身のトッド・ハミルトン、ツアータイ記録の7連続バーディで首位)

 今年の日本ツアー出場は、来週の試合で最後。「帰国したら、家族と過ごす感謝祭や友人との約束、大好きなホッケー観戦・・・楽しいことばかり考えていたら、今日はすっかりリラックスムード(笑)」いつも行う歩測や風向き、ピン位置のチェックはそっちのけ。ボールを打つ以外はキャディとの楽しいおしゃべりにふけり、気が付くと、前半18番から奪った7連続バーディは、日本ツアータイ記録。  決めれば8つめとなる7番パ ...

▼ 2日目、トピックス 「伊沢のおかげで、開けた感じ」

47歳の飯合肇が伊沢のスィングで開眼、単独2位  ...

「今日のゴルフは運一本!!」

手嶋多一が自己ベストの61でコースレコード樹立  ...

「今日は何を言えばいいのか・・・」

米国出身のディーン・ウィルソン、3位タイにも不満顔  ...

「昨日まで、クラブ選択を誤ってました」

コースの攻め方を変え、川原希が、3位タイ浮上  ...

「今日は悪いときの自分」

尾崎直道、7位に後退  ...

「情けない・・・」

青木功、12番のイーグルも甲斐なく、無念の予選落ち  ...

この日、2人のエース達成者

地元・山口県出身の松永一成と台湾の林根基  ...

DAY 1

「狙って取れる実力がある・・・とは思わないけど、意識してやりたい」シード権へ、最後のチャンスがかかった丸山大輔が尾崎直道と並んで首位に

 最後のチャンスだ。  現在、賞金ランク83位。来季のシード権獲得にむけ、丸山がスパートをかける。  前半2番でティショットを池に入れ、ボギーの出だし。だが、すぐに3番で6メートルを沈めると、盛り返した。後半、15番からの3連続バーディを含む64は、「自己ベストタイスコア」。直道とともに首位発進を果たし、「狙って取れる実力はないけれど・・・シード権、今週は意識してやりたいですね」と表情を引き締 ...

「勝てば疲れが取れるはず」

3位タイの鈴木亨  ...

「ここにあり、ってショットを見せたいね」

引退の危機を乗り越え、尾崎健夫が好発進  ...

「飛距離では負けなくなかったけど・・・」

青木との久々のラウンドに発奮、友利勝良が3位タイ  ...

「ジェットさんにつられていきたい」

3位タイの久保谷健一  ...

「色気を出すのは決勝から・・・

「代打」出場の藤木三郎が好スタート  ...

「今週も、いつもと同じ」

3位タイのディーン・ウィルソン  ...

「フェアウェーキープ必須でやっている」

3位タイのトッド・ハミルトン  ...

「明日から巻き返したい」

ディフェンディングチャンピオン・深堀圭一郎  ...

伊沢利光が体調不良のため大会を棄権

 現在、賞金ランクトップを走る伊沢利光が、体調不良のため前半のインコース終了後、大会を棄権した。前日水曜日も、福岡県飯塚市の自宅で点滴を打つなど回復に努めたが、この日初日は12番で池に入れるなど、体のだるさで思うようにク ...

PREVIOUS

「ゴルフが、僕の人生だから」(今大会11年ぶりに出場の青木功)

 今週、2ラウンド半目になるプロアマ戦を終えると、練習場に直行。クラブの感触を確かめながら球を打つ青木に、次々とツアープレーヤーたちが、“ゴキゲン”を伺いにやってくる。  その一人一人に、ちょっぴり乱暴でも、愛情のこもった言葉で返し、そのたびに、にぎやかな笑い声が起きる。  「挨拶に行ってふざけてたら、ボールで頭叩かれましたよお(笑)」(ディフェンディングチャンピオン・深堀圭一郎)  11年 ...

▼ 開幕直前、トピックス 「今週は、頑張りますよ」

ディフェンディングチャンピオン・深堀圭一郎  ...

「俺の人生、こんなもんかな・・・」

今季未勝利。約1年ぶりの青木との再会にも「人を意識するまで、行ってないよ!」と弱気な尾崎将司  ...

「眼中にないよ」

今季絶好調の中嶋常幸、約1年ぶりのAON揃い踏みにも「私はひたすら突き進むから!」  ...

今週のコースとみどころ

遠藤誠JGTO競技運営ディレクター  ...

広告