ISPSハンダグローバルカップ 2016

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 06/26 15:18
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -17 朴 ジュンウォン 4
-5 FIN 66 67 68 66 267 ¥20,000,000
2 -17 E・グリジョ 31
-3 FIN 65 67 67 68 267 ¥10,000,000
3 -15 B・ケネディ 13
-4 FIN 68 69 65 67 269 ¥5,800,000
-15 T・クロンパ 15
-2 FIN 66 67 67 69 269 ¥5,800,000
5 -13 @C・ラック -
-7 FIN 70 68 69 64 271 ¥0
大会名称
ISPSハンダグローバルカップ
開催回数
第2回
開催期間
2016年06月23日~06月26日
開催コース
朱鷺の台カントリークラブ
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
ISPS
特別協賛

協賛

後援
公益財団法人日本ゴルフ協会/中部ゴルフ連盟/一般社団法人日本ゴルフトーナメント振興協会/石川県/羽咋市/羽咋市教育委員会/羽咋市体育協会/羽咋市商工会/羽咋市観光協会/北國新聞社/一般社団法人能登半島広域観光協会/毎日新聞社/スポーツニッポン新聞社/報知新聞社/デイリースポーツ/東京スポーツ新聞社/日刊スポーツ新聞社/産経新聞社
特別後援

協力
石川県ゴルフ協会/石川県ゴルフ場支配人協議会/朱鷺の台株式会社
特別協力

賞金総額
100,000,000円
優勝賞金
20,000,000円
優勝副賞
優勝兜 グリーン羽織 提供:ISPS
ヤーマン&ストゥービ製 機械式時計 提供:株式会社ミスズ
BMW 118i 提供:ISPS
生酛(きもと)本醸造4斗樽1丁 提供:菊正宗酒造株式会社
能登米コシヒカリ3俵(180Kg) 提供:JAはくい
ローアマ

特別賞
  • ホールインワン賞
    No.17H(180yds/Par3)※決勝ラウンドのみ
    \1,000,000- (複数均等割) 提供:たちばな出版
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:2Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス

出場選手
150名

前売り券

各日共通・4枚綴り(譲渡可:期間中4日間来場もしくは同日4名での来場可能)
【価格】 6,000円

当日券

予選ラウンド・6/23(木)/24(金) 2,000円
決勝ラウンド・6/25(土)/26(日) 3,000円

※高校生以下入場無料(大人同伴の場合に限る。同伴者は有料となります)
※障害者手帳掲示で入場料無料(付き添いがいる場合に限る。付き添いは1名まで無料)

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2016年06月25日 17:00~17:55 Round 3 BSフジ
2016年06月26日 17:00~18:55 Round 4 BSフジ

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 曇り

2.7
22.2
1,296人
DAY2: 曇り

3.4
23.0
1,544人
DAY3: 曇り
南西
5.4
24.3
2,011人
DAY4: 晴れ
西南西
4.2
23.0
3,220人

第2回大会は韓国の朴ジュンウォンがツアー初優勝

第2回大会も、まさにグローバルカップになった。最終日は、韓国とアルゼンチンの一騎打ちとなった。「今日はプレーオフより、本戦の18番のほうが緊張した」。今季は、再三のV争いも今一歩、手が届かないのは「早く勝とうといつも欲を出したせい」。前夜、たまたま閲覧したネットニュースで韓国女子のチョン・インジ選手も言っていた。 「優勝を、意識したときに限って勝てない、と。僕も、明日は優勝を意識しないでやろ ...

DAY4

エミリアノ・グリジョは「1週間じゃ物足りない」

土壇場で再び、追いついた。16番からの連続バーディで、朴を捉えた。「今日はプレーの内容が悪くて、前半なかなかチャンスにつけることが出来なかったが、なんとかプレーオフに持ち込むことは出来た」。  ...

DAY4

ぎっくり腰の44歳が日本勢としてただ1人のトップ10入り

韓国の朴が初優勝を飾った2回大会で、ただ一人トップ10に食い込んだのは、44歳のベテランだった。しかも、平塚はぎっくり腰を抱えていた。スタート直前にパッティンググリーンで「ズキンと来た」と、ツアーに帯同する成瀬克弘トレー ...

DAY4

ベストアマチュアはオーストラリアの新星

モジャモジャおひげに、遠目にはすっかりベテランの風情も、まだ19歳である。ベストアマチュア賞に輝いたカーティス・ラック。「童顔に見られるのが嫌だから、生やしているんだ」と、見かけも気になるお年頃も、今年秋のプロ転向を控え ...

DAY4

ホストプロ! 塩見好輝(しおみこうき)は「来年までに結果を残す」

決勝ラウンド2日間をシャール・シュワーツェルと回った宮本勝昌は、「本当に良い経験をさせてもらった」と、半田晴久会長に感謝したそうだ。45歳のベテランでさえ、得るものが多かったというのだから、まだ25歳のホストプロには尚更 ...

» 前日までの記事をみる

Photo Gallery / DAY4

広告