日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2015

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 05/17 14:33
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -16 A・ブランド 1
+1 FIN 64 68 64 72 268 ¥30,000,000
2 -13 李尚熹(イサンヒ) 5
-3 FIN 66 70 67 68 271 ¥15,000,000
3 -12 藤本 佳則 6
-3 FIN 66 69 69 68 272 ¥10,200,000
4 -11 冨山 聡 18
-3 FIN 67 68 70 68 273 ¥5,625,000
-11 金亨成(キムヒョンソン) 12
-3 FIN 68 71 66 68 273 ¥5,625,000
大会名称
日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯
開催回数
第83回
開催期間
2015年05月14日~05月17日
開催コース
太平洋クラブ 江南コース
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
公益社団法人 日本プロゴルフ協会
特別協賛
日清食品ホールディングス株式会社
協賛
株式会社太平洋クラブ
後援
文部科学省/埼玉県/熊谷市/深谷市/熊谷市教育委員会/熊谷商工会議所/くまがや市商工会/くまがや農業協同組合/日本テレビ放送網株式会社/読売新聞社/報知新聞社
特別後援

協力
一般社団法人日本ゴルフ用品協会/日本ゴルフ写真家協会
特別協力

賞金総額
150,000,000円
優勝賞金
30,000,000円
優勝副賞
日清カップヌードル 10年分 提供:日清食品株式会社
熊谷染額絵「櫻詠む人」、熊谷祝賀花火打ち上げ券 提供:熊谷市
熊谷産「キヌヒカリ」3俵 提供:くまがや農業協同組合
ローアマ

特別賞
  • ホールインワン賞
    No.17H(188yds/Par3)※決勝ラウンドのみ
    \2,000,000- (複数均等割り) 提供:TV協賛各社
  • ベストスコア賞
    決勝ラウンド2日間
    \500,000- (複数均等割り) 提供:株式会社太平洋クラブ
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:1Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
04番ホール 13番ホール
出場選手
144名

前売り券

指定練習日入場券:1枚、各日共通券:4枚
特典1:2015シーズンの「PGAシニアツアー競技」が全試合観戦無料!
特典2:太平洋クラブ16コースで平日に特別価格でプレーができる!

【価格】 10,000円

当日券

練習ラウンド(5/13) 2,000円
予選ラウンド(5/14,5/15) 4,000円
決勝ラウンド(5/16,5/17) 6,000円

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2015年05月14日 15:30~17:00 Round 1 CS・日テレG+(9番ホール生中継)
2015年05月15日 07:15~11:30 Round 2 CS・日テレG+(1番・9番ホール生中継)
2015年05月15日 12:00~14:00 Round 2 CS・ゴルフネットワーク生中継
2015年05月16日 08:30~12:30 Round 3 CS・ゴルフネットワーク(1番ホール生中継)
2015年05月16日 12:30~15:30 Round 3 CS・日テレNEWS24(9番ホール+後半生中継)
2015年05月16日 15:30~16:55 Round 3 日本テレビ系22局ネット(生中継)
2015年05月16日 27:00~28:30 Round 4 BS地上波・VTR
2015年05月17日 07:30~10:00 Round 4 CS・ゴルフネットワーク(1番ホール生中継)
2015年05月17日 10:00~12:00 Round 4 CS・日テレNEWS24(9番ホール+生中継)
2015年05月17日 15:00~16:25 Round 4 日本テレビ系31局ネット
2015年05月17日 27:00~28:30 Round 4 BS地上波・VTR

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 快晴
南南東
2.8
28.7
2,385人
DAY2: 晴れ
南東
3.8
27.5
2,618人
DAY3: 曇り
北西
2.5
21.7
3,661人
DAY4: 晴れ

4.9
27.8
6,749人

第83代目のプロ日本一は大会史上初のレフティ、アダム・ブランド!!

最初の6打差を糧に、最後は余裕で逃げ切った。豪州出身の32歳が、83代目のプロ日本一に輝いた。大会主催の公益社団法人日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長が「彼は称号にふさわしいゴルフをした」。3日目に築いた独走態勢が、主催者を本気にさせた。 ツアー通算30勝の永久シード選手でもある倉本会長は「プレッシャーがかかったときに、彼がどういうミスをするか。僕が一番分かっている」。いくつかのホールでそれを想定 ...

DAY4

単独2位には韓国の李尚熹 (イサンヒ)

これで、開幕から3大会連続で外国人選手が優勝を果たし(※)、続く単独2位には韓国の23歳がつけた。最終ホールで、奥からのバーディチャンスを沈めてガッツポーズを握った李は、昨年の「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Sh ...

DAY4

これで3大会連続で外国人選手の優勝も

これで、開幕から3大会連続で外国人選手が席巻して倉本会長は「日本人選手を含め、ブランド選手を追いかける二番手の選手が出て欲しかった」と、圧勝を許した点では残念がったが、若い選手たちの話を聞いていると、あまりそのあたりのこ ...

DAY4

冨山聡は、もう土壇場の男と言わせない!!

最終日のイーグル発進が、今季の活躍を予言してくれるようだ。「奥のラフから58度で打ったアプローチがジャストタッチで入っちゃいました」と、20ヤードの3打目をチップイン。「良い流れで次の2番もバーディで。ヨシっと思ったら3 ...

DAY4

小林伸太郎が「僕のゴルフ人生で最高順位」の4位タイに

今季ツアーは、ファイナルQTランク7位の資格で自身初の本格参戦の小林が、プロ日本一の舞台で大躍進だ。最終日に回ったのは東北福祉大の先輩、後輩。6歳上の優作や、3つ下の藤本とは「昔話をしながら回った」と、リラックスした空気 ...

» 前日までの記事をみる

Photo Gallery / DAY4

広告