アジアパシフィック パナソニックオープン 2011

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 09/25 14:48
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -8 平塚 哲二 5
-4 FIN 69 72 68 67 276 ¥30,000,000
2 -5 金度勲(キムドフン)(大邱) 16
-3 FIN 69 69 73 68 279 ¥14,025,000
-5 S・K・ホ 18
+2 FIN 67 66 73 73 279 ¥14,025,000
4 -4 武藤 俊憲 15
-2 FIN 68 71 72 69 280 ¥5,490,000
-4 J・M・シン 79T
0 FIN 71 68 70 71 280 ¥5,490,000
大会名称
アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン
開催回数
第4回
開催期間
2011年09月22日~09月25日
開催コース
琵琶湖カントリー倶楽部 栗東・三上コース
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
アジア太平洋ゴルフ連盟(APGC)、パナソニック株式会社、財団法人日本ゴルフ協会

特別協賛

協賛

後援
文部科学省、滋賀県、栗東市、草津市、TBSテレビ
特別後援

協力
琵琶湖カントリー倶楽部、関西ゴルフ連盟、滋賀県ゴルフ連盟、毎日放送
特別協力
社団法人日本ゴルフツアー機構、アジアンツアー
賞金総額
150,000,000円
優勝賞金
30,000,000円
優勝副賞
パナソニック製品一式 
提供:パナソニック株式会社
賞杯:パナソニック杯 アジアパシフィックオープン杯
ローアマ
■パナソニック杯 アジアパシフィックオープン杯
セカンドアマチュア/アジアパシフィックオープン銀皿
サードアマチュア/アジアパシフィックオープン銀皿
特別賞
  • ホールインワン賞
    第3・第4ラウンド 17番ホール/200y(該当者全員)
    太陽光発電システム HIT230(4.14kw)
    提供:パナソニック株式会社
  • アルバトロス賞
    第3・第4ラウンド 5,10,16番ホール(該当者全員)
    家庭用燃料電池 エネファーム
    提供:パナソニック株式会社
  • ベストスコア賞
    期間中を通してベストスコアの者(複数均等割り)
    賞金:¥500,000 
    提供:琵琶湖カントリー倶楽部
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:2Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
04番ホール 05番ホール
出場選手
132名

※高校生以下無料(ご入場の際、学生証をご提示いただきます。)

前売り券

各日共通券4枚綴り

【価格】 10,000円

当日券

9月22日(木)・9月23日(金・祝) 3,000円
9月24日(土)・9月25日(日) 4,000円

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2011年09月24日 14:00~15:24 Round 3 TBS系全国ネット
2011年09月25日 15:30~16:54 Round 4 TBS系全国ネット

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 曇り時々雨
西北西
2.6
22.8
4,485人
DAY2: 晴れ
北西
1.8
22.7
10,496人
DAY3: 晴れ
北東
2.5
22.8
8,463人
DAY4: 曇り
東南東
2.9
23.0
9,261人

2011年のアジア太平洋地域NO.1は平塚哲二

地元への愛が生んだ逆転劇だった。首位で並んで迎えた18番。最後は3メートルのパーセーブも「打つ前から入りそう」。これがウィニングパットになった。そのとき、最終組はまだ3ホールを残していたが「初めからそうしようと決めていた」。確信のガッツポーズも、ばっちりキマッた。 出身の京都から、23歳で引っ越した。大会の地元・滋賀県は、コース近隣の甲賀カントリー倶楽部の所属。会場の琵琶湖カントリー倶楽部は ...

DAY4

平塚哲二は日本代表ペアと「これで心おきなく行けるね」と

平塚の地元Vに、この選手も祝福に駆けつけた。池田勇太は、16番で平塚の5メートルのバーディパットを知って、慌ててコースに引き返してきた。  ...

DAY4

藤本佳則さんが12位タイ、ローアマチュア獲得にも「満足してたらいかん」

今大会では2年ぶり2度目のローアマチュア賞は、12位タイで獲得だ。前日3日目には、池田勇太と石川遼の2人のスターに挟まれてのラウンドにも、大ギャラリーにも物怖じすることなく、また最終日は難条件にも、危なげないゴルフで通算 ...

DAY4

石川遼は34位タイに終わる

ホストプロの4日間は、この一言に尽きる。「ゴルフをさせてもらえなかった」。深いラフに、絞ったフェアウェイ。傾斜のきついグリーン。シビアなピン位置。しかし、この日最終日もあいかわらず、ティショットが散らばったまま。「フェア ...

DAY4

タイの“遼クン”が奮闘・・・!!

15歳が難コースで4日間を戦い抜いた。昨年11月にプロ転向したタイ・バンコク出身のアティウィット・ジェーンワタノナンドが、65位タイで大会を終えた。  ...

DAY4

パナソニックオープンは、これからも子供たちの夢と希望を育てます

今年4回目を迎えた「アジアパシフィック パナソニックオープン」は次世代を担う子供たちの健やかな成長を願って、今年も期間中にさまざまなジュニアイベントが開かれました。  ...

» 前日までの記事をみる

広告