フジサンケイクラシック 2008

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 09/07 14:15
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -13 藤島 豊和 15
-3 FIN 64 68 71 68 271 ¥30,000,000
2 -13 岩田 寛 8
-6 FIN 69 68 69 65 271 ¥15,000,000
3 -12 梁津萬(リャンウェンチョン) 17
-5 FIN 71 71 64 66 272 ¥7,800,000
-12 片山 晋呉 2
-1 FIN 68 67 67 70 272 ¥7,800,000
-12 久保谷 健一 24
-2 FIN 70 66 67 69 272 ¥7,800,000
大会名称
フジサンケイクラシック
開催回数
第36回
開催期間
2008年09月04日~09月07日
開催コース
富士桜カントリー倶楽部
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
フジテレビ
産経新聞
サンケイスポーツ
文化放送
ニッポン放送
BSフジ
特別協賛

協賛
東芝
Yakult
アサヒビール
鹿島建設
ABC-MART
日本生命
Audi Japan
ツムラ
SRIスポーツ
後援
日本ゴルフ協会
日本プロゴルフ協会
日本ゴルフトーナメント振興協会
山梨県
富士河口湖町
夕刊フジ
サンケイリビング新聞
フジサンケイ ビジネスアイ
SPA!
SANKEI EXPRESS
特別後援

協力
富士吉田市
鳴沢村
富士五湖観光連盟
河口湖観光協会
河口湖温泉旅館組合
山梨県ゴルフ協会
特別協力
富士観光開発
富士急行
山梨放送
賞金総額
150,000,000円
優勝賞金
30,000,000円
優勝副賞
液晶TV「REGZA(レグザ)ZH500シリーズ」をはじめ東芝製品200万円相当 提供:東芝
New Audi A4 Avant 3.2 FSI quattro 提供:Audi Japan
山梨県の季節の果物20万円相当 提供:山梨県
ローアマ
楯(フジサンケイクラシック賞)
特別賞
  • ホールインワン賞
    No.16H(187yds/Par 3)・4日間
    ¥5,000,000-(複数均等割り) 提供:東芝
  • 富士桜賞
    予選・決勝4日間を通じてのベストスコア
    ¥300,000-(複数均等割り) 提供:富士桜CC
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:2Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
05番ホール 15番ホール
出場選手
120名

前売り券


当日券

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2008年09月04日 25:45~26:40 Round 1 フジテレビ/BSフジ(14:00-15:55;LIVE)
2008年09月05日 25:50~26:45 Round 2 フジテレビ/BSフジ(14:00-15:55;LIVE)
2008年09月06日 14:40~15:55 Round 3 フジテレビ系列全国ネット(LIVE)/BSフジ(21:00-22:15)
2008年09月07日 13:30~15:00 Round 4 フジテレビ系列全国ネット(VTR)/BSフジ(21:30-23:00)

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 曇り
南東
3.0
24.0
1,358人
DAY2: 曇り
東北東
1.0
23.5
1,505人
DAY3: 曇り
南西
1.0
25.7
3,079人
DAY4: 晴れ
東南東
2.0
27.0
3,964人

プロ5年目の藤島豊和がツアー初優勝!!

大混戦をかいくぐり、迎えた18番ホールで最後に立ちはだかったのは、永久シードを狙う片山晋呉ではなく、東北福祉大のひとつ先輩。通算13アンダーで、先にホールアウトしていた岩田寛との一騎打ちとなった。 ともに初優勝をかけたプレーオフ。1ホール目はティショット、第2打とバンカーを渡り歩いて覚悟した。 「7割方はもう負けた、と」。 だが藤島は、残り3割の可能性に賭けた。 脳裏にあったのは、あの ...

DAY4

藤島兄弟がいつかツアーを席巻する!?

九州・熊本の藤島家と言えば、地元では有名なゴルフ一家だ。姉の妃呂子さんを筆頭に、長男・豊和が2004年に。弟の晴雄は一昨年、三男の征次は昨年と、みなプロ入りを果たしている。  ...

DAY4

チャンピオン藤島豊和の素顔は

兄の初優勝を労った兄弟をはじめ、東北福祉大の先輩・谷口拓也や宮里優作、友人、知人、プロキャディの面々と、18番グリーンにはお祝いに駆けつける人が後を絶たなかった。  ...

DAY4

岩田寛「何でこんな勝てないのか」

本人は「引きずってはいない」と言うが残念なのは、なんと言っても本戦の18番だ。1メートルもない短いバーディパット。  ...

DAY4

永久シードはまたしても・・・

片山にしては、信じられないようなミスだった。1打差の単独首位で迎えた9番パー4。フェアウェイからの第2打は、グリーンを大きくオーバー。さらに、奥のラフからのアプローチは砲台グリーンの傾斜を登り切らずに転がり落ちたが池の淵 ...

DAY4

2001年大会のチャンピオンが快挙達成

富士桜カントリー倶楽部の16番パー3(187ヤード)にかけられた東芝提供のホールインワン賞は、該当者がなければ毎年、賞金が繰り越されていくしくみだ。  ...

» 前日までの記事をみる

広告