長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ 2008

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 07/27 14:15
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -13 J・M・シン 4
-6 FIN 67 74 68 66 275 ¥30,000,000
2 -11 すし 石垣 20
0 FIN 69 67 69 72 277 ¥15,000,000
3 -9 石川 遼 34
-5 FIN 72 70 70 67 279 ¥7,200,000
-9 津曲 泰弦 48
-4 FIN 71 72 68 68 279 ¥7,200,000
-9 貞方 章男 40
-3 FIN 70 69 71 69 279 ¥7,200,000
大会名称
長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント
開催回数
第4回
開催期間
2008年07月24日~07月27日
開催コース
ザ・ノースカントリーゴルフクラブ
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
セガサミーグループ
特別協賛

協賛

後援
北海道、千歳市、千歳市教育委員会、(財)千歳市体育協会、北海道ゴルフ連盟、
(財)日本ゴルフ協会、(社)日本ゴルフトーナメント振興協会、北海道新聞社、毎日新聞社、
日刊スポーツ新聞社、スポーツニッポン新聞社、苫小牧民報社

特別後援

協力
北海道ゴルフ練習場連盟、千歳実行委員会
特別協力
HBC北海道放送

賞金総額
150,000,000円
優勝賞金
30,000,000円
優勝副賞
千歳市長賞 提供:千歳市
賞品:田園倶楽部のフルーツトマトジュース(1,000ml)1年分相当
ローアマ
ベストアマチュア賞 
4日間を通じてのベストアマ 賞品:トロフィー 提供:セガサミーグループ
特別賞
  • 長嶋茂雄賞
    4日間を通じて、最も多くのポイント獲得者
    ※アルバトロス10P/ホールインワン8P/イーグル6P/バーディ1P
    賞金:100万円  提供:セガサミーグループ
    イーグル奪取数、バーディ奪取数をポイント化し、大会期間中、最も多くのポイントを獲得した(アグレッシブなプレーを見せてくれた)選手が受賞者となります。
  • 連覇ボーナス賞
    2年連続優勝者(対象者:谷口徹)
    賞金:2、000万円   提供:セガサミーグループ
  • ホールインワン賞
    16番H/184y 決勝2日間、複数均等割り
    賞金:300万円  提供:加賀電子グループ
  • ホールインワン賞
    7番H/158y 決勝2日間、複数均等割り
    賞金:100万円  提供:日本カルミック
  • イーグル賞
    18番H/560y 決勝2日間、複数均等割り
    賞金:50万円   提供:カナモト
  • ドライビングディスタンス賞
    3番・18番  4日間を通じての1位者
    賞金:50万円   提供:日本カルミック
  • コースレコード賞
    現在のコースレコード I・J・ジャン/65s
    賞金:20万円   提供:ザ・ノースカントリーゴルフクラブ
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:2Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
03番ホール 18番ホール
出場選手
144名

前売り券

1日券 (1日券+ザ・ノースカントリーゴルフクラブ優待券)※税込
【価格】 1,000円

当日券

1日券 (1日券+ザ・ノースカントリーゴルフクラブ優待券)※税込 1,500円

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2008年07月24日 23:00~23:54 Round 1 ゴルフネットワーク(CS放送)*24(木)、25(金)
2008年07月26日 15:00~15:54 Round 3 HBC北海道放送のみ
2008年07月26日 21:00~21:54 Round 3 ゴルフネットワーク(CS放送)
2008年07月27日 15:30~16:54 Round 4 HBC北海道放送のみ
2008年07月27日 21:00~22:24 Round 4 ゴルフネットワーク(CS放送)

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 晴れ
北西
3.5
26.8
2,216人
DAY2: 晴れ

6.7
25.0
2,758人
DAY3: 晴れ
北北西
5.7
24.4
3,486人
DAY4: 曇り

5.6
21.2
5,392人

ジーブ・ミルカ・シンが逆転優勝

百戦錬磨のインドの英雄は、最後まで余裕しゃくしゃくだった。4週前の欧州ツアーで試合中に足を痛め、ドクターストップがかかっていることなど微塵も感じさせないみごとな勝ちっぷり。 3番からの連続バーディで、一気にスコアボードを駆け上がり、首位タイで迎えた最終18番は、奥から6メートルのバーディパットだ。 2003年、本格参戦3年目の日本ツアーでシード落ちを喫し、ロッカールームで泣き崩れていたジー ...

DAY4

すし石垣「先生にはまだまだだ、と」

前半の9ホールをすべてパー。絶好のバーディチャンスをいくつか外しながら、耐えに耐えてきたすしだったが、首位タイで迎えた最終18番で大トラブルだ。  ...

DAY4

石川遼「来年は長嶋さんと表彰式で会いたい」

16歳の力強い足踏みに、北の大地が確かに揺れた。560ヤードの18番パー5。第2打地点にやってきた石川が、グリーン横のスクリーンに大きく映し出されたその瞬間、満員のスタンドがどよめいた。  ...

DAY4

津曲泰弦(つまがりたいげん)が長嶋茂雄賞受賞

最終日は、予選会組の健闘が光った。自己ベストの3位タイにつけた津曲もその一人だ。今季、ファイナルQTランク24位から本格参戦している選手だが、シーズン序盤から目立っていた。  ...

DAY4

貞方章男が自己ベストの3位タイ

一時は首位に1打差まで迫る大健闘も、しかし本人には納得できなかった。「パットが上にばかりついて、攻めることもできず、苦しい展開。よくやった・・・とは思えない」と首を振った。  ...

DAY4

尾崎将司は今季初めて4日間を戦い抜いて・・・

今季初の予選通過を果たし、「今後のゴルフに対して夢が出てきた」。4日間を戦い抜いて、確かな手応えに充実感で心をいっぱいにしたまま、早足でジャンボが向かった先は、もちろんこの人のもとだった。  ...

» 前日までの記事をみる

広告