三菱ダイヤモンドカップゴルフ 2008

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 06/01 14:51
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -10 P・マークセン 6
-3 FIN 70 70 66 68 274 ¥22,000,000
2 -9 甲斐 慎太郎 9
-3 FIN 71 70 66 68 275 ¥11,000,000
3 -8 岩田 寛 12
-2 FIN 74 66 67 69 276 ¥5,720,000
-8 片山 晋呉 1
-3 FIN 69 71 68 68 276 ¥5,720,000
-8 星野 英正 20
0 FIN 65 72 68 71 276 ¥5,720,000
大会名称
三菱ダイヤモンドカップゴルフ
開催回数
第32回
開催期間
2008年05月29日~06月01日
開催コース
東広野ゴルフ倶楽部
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
三菱グループ
関西テレビ放送株式会社
SRIスポーツ株式会社

特別協賛

協賛

後援
日本ゴルフ協会 日本ゴルフトーナメント振興協会
フジテレビ 兵庫県 神戸市 三木市 神戸商工会議所
三木商工会議所 東広野ゴルフ倶楽部
特別後援
日本UNHCR協会
協力
UNHCR(国連難民高等弁務官)駐日事務所、
神戸菱友会 大阪菱友会 神戸新聞社 神戸電鉄
北神急行電鉄 神姫バス
特別協力

賞金総額
110,000,000円
優勝賞金
22,000,000円
優勝副賞
デリカ D:5 提供:三菱自動車
ロイヤルパークホテル ロイヤルスイートペア宿泊券とお食事券 提供:三菱地所
デジタルハイビジョンテレビ「REAL」LCD-52MDW100 提供:三菱電機
サルヴァトーレ フェラガモ メンズ&レディスバッグ 提供:三菱商事
キリン 一番搾り生ビール350ml 1年分 提供:KIRIN
ローアマ
銀製カップ
特別賞
  • ドライビングディスタンス賞
    No.9 & No.18 4日間通じての平均飛距離第1位者
    ¥1,000,000- 提供:三菱重工
  • イーグル賞
    No.18(決勝ラウンドのみ)
    金地金¥500,000相当(複数者均等割) 提供:三菱マテリアル
  • ベストスコア賞

    豪華客船「飛鳥Ⅱ」(9泊10日間)年末年始グアム・サイパンクルーズ ペア旅行ご招待 提供:日本郵船
  • ホールインワン賞
    No.17H(決勝ラウンドのみ)
    三菱UFJニコスギフトカード¥3,000,000分(複数均等割) 提供:三菱UFJニコス
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:1Way 4日目:1Way
ドライビングディスタンス
09番ホール 18番ホール
出場選手
144名

前売り券

前売ペア券/2日間ご観戦、もしくは同日に2名でご観戦頂けます。※税込み
【価格】 4,000円

当日券

予選ラウンド 5/29(木)、30(金)※税込み 3,000円
決勝ラウンド 5/31(土)、6/1(日)※税込み 3,500円

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2008年05月31日 01:05~01:59 Round 2 関西ローカル
2008年05月31日 14:35~15:50 Round 3 フジテレビ系列28局全国ネット(LIVE)
2008年06月01日 16:05~17:35 Round 4 フジテレビ系列28局全国ネット(VTR)

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 曇り
北東
4.0
21.6
1,246人
DAY2: 曇り
南南東
3.0
24.2
2,449人
DAY3:
--

18.1
2,395人
DAY4: 晴れ
北東
1.0
23.9
6,062人

プラヤド・マークセンが日本ツアー初優勝

優勝インタビューで、大きな瞳にうっすらと涙が浮かんだ。「今までとても長かったから。やっと勝てたんだなと思ったら嬉しくて…」。照れ笑いで、涙をぬぐった。 今年、シード8年目。これまで数え切れないほどのチャンスがありながら、なぜか日本で勝てなかった。 昨年11月のアジアンツアー「ボルボ・マスターズ・アジア」で通算6勝目。賞金ランクは5位。日本ツアーは未勝利ながら、同10位につけた。 また ...

DAY4

優勝賞金2200万円を手にしたマークセンは…

身長163センチと小柄で童顔だから、若く見えるがもう42歳。日本ツアーのシードは8年目。ベテランと呼んでもいい年齢に差し掛かったマークセンのもとには、相談を持ちかける母国の若手選手が絶えない。  ...

DAY4

甲斐慎太郎「勝ちたかった」

決まった、と一度は確信して拳を突き上げた。本当に、あともうひと転がりだった。最終18番パー5。スプーンで打った、残り263ヤードの第2打は、ピンまで20ヤードのグリーンカラー。  ...

DAY4

片山晋呉「勝負ごとだから」

17番パー3で2メートルのバーディパットを決めて、いよいよ首位に1打差と詰め寄った。  ...

DAY4

中嶋常幸がベストスコアの66

埼玉県の狭山ゴルフ・クラブで行われた2002年は、長い長いスランプを脱して7年ぶりの復活優勝。しかも、大会4勝目。今大会と絶好の相性を誇る中嶋が、この日ベストスコアの66で回って11位タイにつけた。  ...

DAY4

2人の高校生が熾烈なローアマ賞争い

今年は2人のアマチュアが決勝ラウンドに進出。東北高3年の森本雄(ゆう)くんと、クラーク記念国際高3年の徳永智也くんの2人が熾烈なローアマチュア賞争いを繰り広げた。  ...

» 前日までの記事をみる

広告