ウッドワンオープン広島 2007

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 07/08 14:27
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -15 谷口 徹 3
-1 FIN 67 64 68 70 269 ¥20,000,000
2 -15 P・マークセン 14
-5 FIN 67 68 68 66 269 ¥10,000,000
3 -12 岩田 寛 21
-4 FIN 66 71 68 67 272 ¥6,800,000
4 -10 今野 康晴 40
-3 FIN 69 69 68 68 274 ¥4,800,000
5 -9 藤田 寛之 12
-2 FIN 70 68 68 69 275 ¥3,800,000
大会名称
ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント
開催回数
第36回
開催期間
2007年07月05日~07月08日
開催コース
広島カンツリー倶楽部 八本松コース
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
広島テレビ放送株式会社
株式会社ウッドワン
特別協賛

協賛
ウッドワン
サタケ
YONEX
メルセデス・ベンツ
ブリヂストンスポーツ
カルピス
キリンビール
第一三共ヘルスケア
エービーシー・マート
サニクリーン
二階堂酒造
健康家族
損保ジャパン
テイケイ西日本
エルフル
増岡組
後援
(財)日本ゴルフ協会 中国ゴルフ連盟 東広島市
(社)日本ゴルフトーナメント振興協会
特別後援

協力
広島県ゴルフ協会 (社)広島カンツリー倶楽部
特別協力

賞金総額
100,000,000円
優勝賞金
20,000,000円
優勝副賞
ウッドワン杯
広島テレビ杯
マジックライス1年分 提供:サタケ
メルセデス・ベンツ 新型cクラス 提供:メルセデス・ベンツ
カルピスウォーター1年分とプレミアムカルピスギフト 提供:カルピス
キリン・ザ・ゴールド 提供:キリンビール
ローアマ

特別賞
  • ホールインワン賞
    No.17H(予選ラウンド)
    ¥1,000,000- (複数均等割り) 提供:二階堂酒造
  • ホールインワン賞
    No.17H(決勝ラウンド)
    ¥3,000,000- (達成者全員) 提供:ウッドワン
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:2Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス

出場選手
144名

前売り券

4枚つづり券(予選・決勝共通)
【価格】 6,000円

当日券

大会第1日・2日 2,000円
大会第3日・4日 3,000円

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2007年07月05日 16:00~17:25 Round 1 広島テレビ(生中継)
2007年07月06日 16:00~17:25 Round 2 広島テレビ
2007年07月07日 16:00~16:55 Round 3 日本テレビ系列  広島テレビ15:30~16:00
2007年07月08日 15:00~16:25 Round 4 日本テレビ系列 広島テレビ

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 曇り

3.0
26.5
2,088人
DAY2:
西北西
0.9
22.9
1,743人
DAY3: 曇り
南西
2.5
25.0
4,575人
DAY4: うす曇り
南南西
3.5
27.6
9,770人

谷口徹が今季初優勝

プレーオフ1ホール目の18番で、6メートルのバーディパットを決めてトレードマークの拳を握る。さらに2歩、3歩とステップを踏み、もう一度改めてアッパーカットのガッツポーズ。 さらに、地元広島のゴルフファンで満員のギャラリースタンドに向かって勝利の咆哮だ。 そんな夫の姿を見るにつけ、妻・亜紀さんはしみじみと思う。 「競り合って最後に勝つのがパパのスタイル。一番、彼らしい勝ち方です!」。  ...

DAY4

谷口徹 ツアー通算12勝目は「根性で勝った」

今季これまで6試合で首位に立ちながら、勝てなかった。プレーオフの末に、宮瀬博文に敗れた4月の中日クラウンズ。初日、首位に立ちながら22位に終わった5月の日本プロ。  ...

DAY4

プラヤド・マークセンはプレーオフの末に2位

勝った谷口さえも首をひねる。「なんであれほどのプレーヤーが勝てないのか」。身長162センチながら豪快なドライブと正確なアイアンショット。  ...

DAY4

今季初シードの岩田寛が単独3位

最終日は首位と6打差、3位タイからのスタートに、「上との差がありすぎていたので、スコアを気にすることはなかった」と振り返る。  ...

DAY4

地元出身の谷原秀人は5位タイ

前日3日目から、「アイアンの距離感が合わない」と訴えていた。「押さえて打っても、思ったより飛んでしまう」。原因がつかめないままこの日最終日を迎えた。  ...

» 前日までの記事をみる

広告