カシオワールドオープン 2006

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 11/26 14:54
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -16 J・M・シン 8
-4 FIN 66 69 69 68 272 ¥28,000,000
2 -14 D・スメイル 19
-4 FIN 72 67 67 68 274 ¥14,000,000
3 -12 片山 晋呉 1
-4 FIN 70 68 70 68 276 ¥6,720,000
-12 林 根基 40
-3 FIN 70 68 69 69 276 ¥6,720,000
-12 武藤 俊憲 17
-2 FIN 69 68 69 70 276 ¥6,720,000
大会名称
カシオワールドオープンゴルフトーナメント
開催回数
第26回
開催期間
2006年11月23日~11月26日
開催コース
Kochi黒潮カントリークラブ
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
カシオ計算機株式会社
黒潮観光開発株式会社
株式会社テレビ高知
特別協賛

協賛

後援
(財)日本ゴルフ協会
(社)日本ゴルフトーナメント振興協会
高知県
(財)高知県観光コンベンション協会
香南市
南国市
芸西村
(株)高知新聞社
特別後援

協力
安芸市
高知市
四国旅客鉄道(株)
土佐くろしお鉄道(株)
特別協力

賞金総額
140,000,000円
優勝賞金
28,000,000円
優勝副賞
HONDA CR-V 提供:本田技研工業(株)
テレビ高知賞 鍛金「王妃の花壷」石川充宏 作
高知県知事賞 さんご細工「出世兜」
南国市長賞 打ち刃物セット
香南市長賞 フルーツ詰め合わせ
芸西村長賞 万寿笠と地酒セット
ローアマ
ベストアマチュア賞:トロフィ
クオリファイ賞(72ホールを終了した者)銀メダル
特別賞
  • ホールインワン賞
    No.14(175y)
    ※各ラウンド・複数の場合も該当者全員
    デジタルカメラ「エクシリム」EX-Z1000
    ¥1,000,000
    提供:カシオ計算機(株)
  • ホールインワン賞
    No.2、8、11
    ※各ラウンド・複数の場合も該当者全員
    提供:TBS
  • ドライビングディスタンス賞
    No.10&18
    ※複数者均等割
    ¥500,000、フルメタルクロノグラフ電波ソーラー腕時計「オシアナス」 提供:カシオ計算機(株)
  • ベストスコア賞
    ※大会期間中該当者全員
    提供:Kochi黒潮カントリークラブ
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:2Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
10番ホール 18番ホール
出場選手
102名

前売り券

前売券4枚(予選ラウンド2枚・決勝ラウンド2枚)+Kochi黒潮CC平日優待券2枚
【価格】 10,000円

当日券

予選ラウンド券(11月23日・24日) 4,000円
決勝ラウンド券(11月25日・26日) 6,000円

中学生以下は無料。但し、父兄同伴に限ります。

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2006年11月23日 13:00~14:54 Round 1 BS-i
2006年11月24日 14:00~15:54 Round 2 BS-i
2006年11月25日 14:00~15:54 Round 3 TBS系列全国ネット
2006年11月26日 15:00~16:54 Round 4 TBS系列全国ネット

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1:

2.0
17.0
4,499人
DAY2: 晴れ
南西
3.0
17.0
3,058人
DAY3: 曇り
北東
3.0
18.0
2,567人
DAY4:

4.0
18.0
3,039人

ジーブ・ミルカ・シンが日本ツアー初優勝

今年足りないものがあったとすれば、日本ツアーでの優勝だけだった。「なんとしても勝ちたい」との熱い思いを胸に秘め、首位タイからスタートした最終日。 激しく降り続く雨の中、ニュージーランドのデービッド・スメイルの猛追にあった。 終盤で1打差まで詰め寄られる苦しい戦い。 最後は、3メートルのバーディパットを沈めて逃げ切ってホっと息をつく。 来日当初からの専属キャディで「ベストパートナー」の藤 ...

DAY4

井手口正一チャレンジトーナメントからの初シード入り

シード権争いのほとんどの選手たちにとって事実上の最終戦。このカシオワールドオープンを終えて、初シード入りが決まったのはこの8人。  ...

DAY4

シード復活組!

今年、シード復活を果たしたのは、今大会で自己最高の3位につけた原口鉄也ほか、上田諭尉(うえだゆい)やフランキー・ミノザ、河井博大(かわいひろお)や白潟英純、溝口英二や井戸木鴻樹らだ。  ...

DAY4

塚田好宣「ひょっとして、という気持ちは捨てます」

来季のシード権が確定した。ただし、一人をのぞいては・・・。塚田は、最終日に50位タイまで順位を下げて、賞金ランクは73位。もっとも怖れていた形となってしまった。  ...

DAY4

“常連”のシード落ちが目立った今年のジャパンゴルフツアー

笑顔の分だけ、涙をのむ選手たちがいる。今年は特に、長年にわたってシード権を保持してきた選手たちのシード落ちが目立つ。  ...

DAY4

横田真一「いま自分がやるべきことは、QTに出てベストを尽くすこと」

「シードを取れなかったら、ゴルファーとしてクビだと思っている」と、思いつめた表情で語ったのは今月初め。11年間守ってきたシード権の危機を迎え、あれから4試合で必死に挽回をはかったが、この事実上の最終戦でもとうとう届かなか ...

DAY4

ミシェル・ウィーがサイン会を実施

2年連続のカシオワールドオープンで、無念の予選落ちをしたミシェル・ウィーが、日曜日に再び会場に来て、中学生以下のジュニア限定に、サイン会を行った。  ...

» 前日までの記事をみる

広告