カシオワールドオープン 2005

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 11/27 14:48
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -11 谷口 徹 12
-3 FIN 70 70 68 69 277 ¥28,000,000
2 -9 金 鍾徳 37
-2 FIN 73 68 68 70 279 ¥14,000,000
3 -8 今野 康晴 4
-4 FIN 75 68 69 68 280 ¥9,520,000
4 -7 白 佳和 62
-3 FIN 72 67 73 69 281 ¥5,786,666
-7 星野 英正 11
-3 FIN 71 69 72 69 281 ¥5,786,666
大会名称
カシオワールドオープンゴルフトーナメント
開催回数
第25回
開催期間
2005年11月24日~11月27日
開催コース
Kochi黒潮カントリークラブ
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
カシオ計算機株式会社
黒潮観光開発株式会社
株式会社テレビ高知
特別協賛

協賛

後援
(財)日本ゴルフ協会
(社)日本ゴルフトーナメント振興協会
高知県
(財)高知県観光コンベンション協会
南国市
夜須町
芸西村
(株)高知新聞社
特別後援

協力
安芸市
高知市
赤岡町
香我美町
野市町
吉川村
四国旅客鉄道(株)
土佐くろしお鉄道(株)
特別協力

賞金総額
140,000,000円
優勝賞金
28,000,000円
優勝副賞
HONDA シビック・ハイブリッド 提供:ホンダ技研工業(株)
テレビ高知賞 鍛金花器「花を持つ王妃 開く」石川充宏 作
高知県知事賞 サンゴ細工「出世兜」
南国市長賞 ハンドメイド ジュエリーボックス
夜須町長賞 フルーツ詰め合わせ
芸西村長賞 万寿笠と地酒セット
ローアマ
ベストアマチュア賞:トロフィ
特別賞
  • ホールインワン賞
    No.14
    ¥1,000,000-(期間中達成者全員)提供:カシオ計算機(株)
  • ホールインワン賞
    No.2,8,11
    ¥500,000-(期間中達成者全員)提供:TBS
  • ドライビングディスタンス賞
    No.10&18
    ¥500,000-、フルメタルクロノグラフ電波ソーラー腕時計「オシアナス」(複数者均等割)提供:カシオ計算機(株)
  • ベストスコア賞
    大会期間中を通してのベストスコア
    ¥500,000- 提供:Kochi黒潮CC
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:1Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
10番ホール 18番ホール
出場選手
102名

前売り券

入場券4枚・Kochi黒潮カントリークラブ平日優待券2枚付
【価格】 10,000円

当日券

予選ラウンド 4,000円
決勝ラウンド 6,000円

※中学生以下は無料。但し父兄同伴に限ります。

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2005年11月24日 14:00~15:54 Round 1 テレビ高知・BS-i
2005年11月25日 14:00~15:54 Round 2 テレビ高知・BS-i
2005年11月26日 14:00~15:54 Round 3 TBS系全国28局ネット(生放送)
2005年11月27日 15:00~16:54 Round 4 TBS系全国28局ネット(VTR)

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 晴れ
北西
2.3
18.0
3,861人
DAY2: 晴れ
北北西
2.0
17.0
4,063人
DAY3: 晴れ
西
2.0
16.0
4,188人
DAY4: 晴れ
北北西
2.0
18.0
6,096人

谷口徹が今季初優勝!!

最終日は序盤で4打差つけながら、7番からの連続ボギーで自ら混戦模様に。 「・・・さすがに動揺したけれど。最後まで、ポジティブでいられたのがよかった。最後まで諦めないで、本当によかった」。 この大会を迎えるまでは、今季未勝利で賞金ランクは37位。ここ5年で一番の低迷も、「さらに高くジャンプするためには仕方のないこと」と、思っていた。 全米オープン、全英オープン、全米プロ。 今年、出場 ...

DAY4

賞金レースに幕

賞金ランク3位の深堀圭一郎と、同4位の今野康晴がランクトップの片山晋呉を抜いて、賞金王の座につくには、このカシオワールドオープンでの優勝が絶対条件だった。  ...

DAY4

シードのボーダー線上にいた選手たち

毎年、このカシオワールドオープン最終日に繰り広げられていたボーダー線上の逆転劇。今年は、開催前の順位とそれほど大きな変化は見られず、2005年度のシード権争いは静かに幕を閉じた。  ...

DAY4

尾崎将司、ファンの声援が原動力

ツアー制度が施行された73年に年間5勝をあげて、初の賞金王に輝いてから34年間。守り続けてきた賞金ランキングによるシード権を失った。  ...

DAY4

高見和宏 「ホールインワンを支えに頑張りたい」

昨年のこの大会で、逆転でのシード権復活。深刻な首痛を克服し、4年ぶりの返り咲きに思わず男泣きした高見は、今年もシード権争いの渦中にいた。  ...

DAY4

シード落ちした選手たち、それぞれの道

今年、賞金ランクによるシード落ちを喫し、なおかつ、永久シードなど、他の出場資格を持たない選手は井戸木鴻樹、真野佳晃、河村雅之、高見和宏、桧垣繁正、平石武則ら。  ...

» 前日までの記事をみる

広告