カシオワールドオープン 2004

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 11/28 17:07
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -12 D・スメイル 6
-1 FIN 70 66 69 71 276 ¥28,000,000
2 -11 H・メイハン 77
-2 FIN 66 70 71 70 277 ¥14,000,000
3 -9 神山 隆志 7
-1 FIN 71 69 68 71 279 ¥6,720,000
-9 川岸 良兼 16
-4 FIN 69 70 72 68 279 ¥6,720,000
-9 佐々木 久行 31
-2 FIN 68 68 73 70 279 ¥6,720,000
大会名称
カシオワールドオープンゴルフトーナメント
開催回数
第24回
開催期間
2004年11月25日~11月28日
開催コース
いぶすきゴルフクラブ 開聞コース
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
カシオ計算機(株)、岩崎グループ、南日本放送
特別協賛

協賛

後援
日本ゴルフ協会
南日本新聞社
鹿児島県
指宿市
開聞町
日本ゴルフトーナメント振興協会
特別後援

協力

特別協力

賞金総額
140,000,000円
優勝賞金
28,000,000円
優勝副賞
ホンダレジェンド/提供:本田技研工業株式会社
いぶすきゴルフクラブ賞:黒薩摩長太郎焼花瓶
南日本放送賞:尾前喜八郎作 釉彩四方鉢(ゆうさいしきしほうばち)
鹿児島県賞:本場奄美大島紬(白大島)
指宿市賞:黒薩摩長太郎焼優勝カップ
開聞町賞:薩摩切子優勝カップ
ローアマ
・トロフィ
・クオリファイ賞(72ホールを終了した者):銀メダル
特別賞
  • ホールインワン賞
    No.17
    〔各ラウンド・複数の場合も該当者全員〕
    薄型デジタルカメラ[エクシリム ズーム]EX-Z55
    ¥1,000,000 提供:カシオ計算機(株)
  • ホールインワン賞
    No.4、6、12
    〔各ラウンド・複数の場合も該当者全員〕
    ¥500,000  提供:TBS
  • コースレコード賞
    現在のコースレコードを下回り、且つ本戦4日間を通じてのベストスコアをコースレコードとする。
    現在のコースレコード:「63」デービッド・イシイ(1990年)
    ¥500,000 提供:いぶすきゴルフクラブ
  • ドライビングディスタンス賞
    No.13、18 (複数均等割り)
    大会4日間の平均飛距離の最高を記録した者。
    ¥500,000 提供:岩崎グループ
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:2Way 2日目:2Way 3日目:1Way 4日目:2Way
ドライビングディスタンス
13番ホール 18番ホール
出場選手
102名

前売り券

4枚綴り
【価格】 10,000円

当日券

予選ラウンド券(11月25日・26日) 3,500円
決勝ラウンド券(11月27日・28日) 5,000円

※中学生以下は無料。ただし父兄同伴に限ります。

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2004年11月26日 16:55~17:50 Round 2 MBCローカル
2004年11月27日 14:00~15:54 Round 3 JNN系列28局ネット
2004年11月28日 15:00~16:54 Round 4 JNN系列28局ネット

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 晴れ

3.4
21.0
943人
DAY2: 晴れ
南南西
2.7
22.0
1,045人
DAY3: 晴れ
西南西
4.9
16.1
2,942人
DAY4: 晴れ
南南西
5.1
17.6
5,039人

デービッド・スメイルが大会2勝目、ツアー通算3勝目!!

ここいぶすきに来ると、「故郷に帰ってきたみたい」とスメイルは言う。 開聞岳のふもとに広がる丘陵コース、吹き荒れる強風。 どことなく、母国ニュージーランドにあるゴルフ場に、特徴が似ている。 「故郷でプレーしている気になれる。大好きなコースだから…」この週、30時間もかけて舞い戻ってきたのだ。 自身3度目の挑戦となったWGCワールドカップは先週、スペインで開催された。 クレイグ・パークス ...

DAY4

ジャンボ尾崎は自己ワーストランクで最終戦を終えた

ジャンボにとっても、このカシオワールドオープンが、事実上の今季最終戦。最終日は後半の7番で、「この1年のあくが出た」5メートルをまさかの5パットで、トリプルボギーを打って36位に沈んだ。  ...

DAY4

カシオワールドオープンは、シード権争いの選手たちにとっては事実上の最終戦

次週のツアー最終戦ゴルフ日本シリーズJTカップは今年のツアー優勝者と、賞金ランク25位までの者にしか出場権がないためシード権争いの選手たちにとっては、このカシオワールドオープンが、事実上の最終戦だった。  ...

DAY4

高見和宏が男泣き、4年ぶりのシード権復活 「みなさんに支えられ、“70番目”になりました」

深刻な首痛にたたられて、10年間守り続けてきたシード権を失ったのは2001年。つらく、苦しい4年間だった。「俺にも生活がある」と、ツアーの道をすっぱりと諦め「レッスン業で生きていこう」と、本気で決意した時期もある。  ...

DAY4

合田洋が、逆転シード入り 「苦しい10年間でした…」

肩をたたいて喜びあった。二人三脚で勝ち取ったシード権。  ...

DAY4

シード権を死守した中川勝弥、シード落ちした桧垣豪、シード復活ならず宮里聖志

18番で1メートルのバーディパットを決めて、ガッツポーズが飛び出した。  ...

» 前日までの記事をみる

広告