中日クラウンズ 2003

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -10 星野 英正
-3 FIN 69 64 70 67 270 ¥24,000,000
2 -7 手嶋 多一
+1 FIN 64 68 70 71 273 ¥8,640,000
-7 Z・モウ
-2 FIN 66 67 72 68 273 ¥8,640,000
-7 伊澤 利光
-3 FIN 68 67 71 67 273 ¥8,640,000
5 -6 谷口 徹
+1 FIN 67 67 69 71 274 ¥4,360,000
大会名称
中日クラウンズ
開催回数
第44回
開催期間
2003年05月01日~05月04日
開催コース
名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース 和合コース
公式サイト
大会ロゴ
主催
中部日本放送株式会社
中日新聞社
特別協賛

協賛

後援
名古屋ゴルフ倶楽部
中部ゴルフ連盟
財団法人 日本ゴルフ協会
日本ゴルフトーナメント振興協会
愛知県
岐阜県
三重県
名古屋市
特別後援

協力

特別協力

賞金総額
120,000,000円
優勝賞金
24,000,000円
優勝副賞

ローアマ

特別賞
  • アマチュア賞
    対象日/4日目
    対象ホール/ホールに関係なく
    対象プレイヤー/アマのみ
    賞品/ベストアマカップと高級腕時計
    提供:備考/決勝進出の2位,3位まで賞品あり
  • ホールインワン賞
    対象日/期間中
    対象ホール/13番ホール
    対象プレイヤー/全員
    賞品/ウィッシュ
    提供:備考/提供:トヨタ 但し、アマチュアの場合は、記念品
  • ホールインワン賞
    対象日/期間中
    対象ホール/17番ホール
    対象プレイヤー/全員
    賞品/ハリアー
    提供:備考/提供:トヨタ 但し、アマチュアの場合は、記念品
予選カットラウンド
Round 2
上位カットライン
上位 60位 タイ
組合せ
1日目:1Way 2日目:1Way 3日目:1Way 4日目:1Way
ドライビングディスタンス

出場選手
144名

練習日:1000円
プロアマ:1000円
予選:4000円
決勝:6000円
通し券:10000円
プログラム引換券付、海外旅行等が当る抽選券付

前売り券


当日券

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2003年04月30日 23:55~00:50 Round 1 中部日本放送(CBC)
2003年05月01日 14:00~15:55 Round 1 中部日本放送(CBC)
2003年05月02日 14:00~15:55 Round 2 中部日本放送(CBC)
2003年05月03日 14:00~15:54 Round 3 中部日本放送(CBC)
2003年05月04日 15:00~16:54 Round 4 中部日本放送(CBC)

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 晴れ
南南西
1.0
18.4
5,100人
DAY2: 晴れ
西北西
1.7
21.5
5,619人
DAY3: 晴れ
北西
3.1
25.0
9,035人
DAY4: うす曇り
西
1.8
25.9
9,360人

星野英正が涙のツアー初優勝!!

「まさか優勝できるなんて思っていなかったので、まだ実感がわきません。 デビューして4年、自分しかわからないくらいのつらい時期もあり、『いつ勝てるのかな、このまま一度も優勝することなくゴルフ界から消えていくのかな』とまで思った時期もありました。 それがこんな素晴らしい舞台での初優勝、ほんとうに嬉しいです。なかなか成績が残せない僕をいつまでも見守ってくれた両親、そしてファ ンのみなさんには心から感 ...

DAY4

『何の緊張も沸いてこない自分が不思議だった』 ノンプレッシャーで手に入れた星野英正のツアー初タイトル

14番で残り13ヤードのチップインバーディを決めて、混戦から抜け出しても、星野の心は静かに凪いでいた。  ...

DAY4

『このまま病気になるんじゃないか、と思ったことも・・・』 結果の出ない日々に星野英正は、両親に泣きついたこともあった

星野のデビュー戦は、2000年4月のキリンオープンだった。大会前日の水曜日。アマタイトル52冠、日本アマ3勝と、これ以上もないくらいの実績をひっさげて、記者会見上にあらわれた星野はキラキラと目を輝かせながらこう言い切った ...

DAY4

『彼らより先に勝てたことにもホっとした』 同期の近藤、後輩の宮里らに一歩リードの初Vに星野英正は格別の思い

苦しい時期も乗り越えて、昨年、賞金ランク52位で初シード入りを果たして迎えた今シーズン。星野はひとまわりもふたまわりも、逞しさを増していた。  ...

DAY4

<上位選手トピックス> いよいよ2年ぶりの日本ツアー優勝まぢか? 伊沢利光が2位タイフィニッシュ

「僕は今週は、ここまででしたね。ショットは先週から良かったんで、あとはパット次第という感じだったんで・・・終わりよければすべてヨシ、というところでしょうか。  ...

DAY4

<上位選手のトピックス> 『予想は当たったけど・・・』 首位スタートの手嶋多一は、3打差2位タイに

「和合は攻めるところで攻め、守るところは守らなければならないというのが、本当に顕著に出るコース。  ...

DAY4

<上位選手のトピックス> 『次は僕の番!』 チャンピオンの星野とよきライバルで友人のゾー・モウが2位タイ

「4日間、素晴らしい天気に恵まれたのは幸いだったけど、おかげで、日に日にグリーンが固くなり、特にラフにつかまったショットとパッティングに神経をつかいましたね。  ...

DAY4

<上位選手のトピックス> 『自分の初優勝を思いだした』 チャンピオン星野と同組でまわった谷口徹、5位タイ

「今日は僕にはツキがなかったね~。序盤で良いチャンスにパットをつけられなかった。  ...

DAY4

<上位選手のトピックス> 『どんな試合で勝つかは、大きな要素』 首位スタートの藤田寛之は5位タイ

「4番のボギーのあと次のホールで踏ん張れればよかったのですがボギーを打ってしまったのが痛かったバーディパットが決められなかったのも敗因です。  ...

» 前日までの記事をみる

広告