QUALIFYING TOURNAMENT NEWS

シード落ちした香妻陣一朗が8位で来年のツアー前半戦の出場優先権を獲得

  • photo1

香妻陣一朗が連日7アンダー65をマークして、通算23アンダーで8位に食い込んだ。
「疲れます」とホールアウト後の一言。「6日間ショットは良かったので、パットさえ入ればスコアは伸びる」とずっと思っていた。4日目までは「パットが入らず」スコアは伸び悩んでいたが、「昨日からそのパットが入って」スコアを伸ばすことができた。

今年はシーズン途中に苦しんでいた時期もあったが、ダンロップフェニックス、カシオワールドオープンとこの2試合で自分でも「行けるとわかっていた」とゴルフに手ごたえを感じていた。「あとは気持ちが上がってくれば行ける」という状態まで復調していた。

これで来年のツアー前半戦(第1回リランキングまで)の出場優先権を手にすることができた。「とりあえずそこに入っていれば、来年何とかなる」。もちろん目標はツアーでの「優勝」だ。「ホッとしています。また来年ツアーに戻れる」とこれは本音だろう。この後のオフのトレーニングや練習のことは考えていない。「この結果でどうなるか、わからなかったから」

これから予定を立て、来年に備える。今年は賞金ランキング70位でシードを得ることができなかった彼が、再びツアーで活躍する姿を見たい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告