QUALIFYING TOURNAMENT NEWS

川上優大が64をマークし、5位タイに浮上

  • photo1

同組の河野晃一郎も「こんなに入る人はじめてみたわ!」と驚きを隠せない。プロ2年目川上優大のパットが冴えまくり、14アンダー5位タイに急上昇した。
 その秘密はグリーン上にあった。今までボールとカップのラインだけを考えていたが、今週は、グリーン全体の形状を分析、ボールとカップがグリーンのどこに位置するかなどの様々な情報をインプットし、広い視点を持ってからパッティングに臨む。これが自分の中でピタリとはまったようで、パットが決まりまくった。さらに「何だか、感覚が冴えていて思ったところに打てています。」とパットと併せてショットの好調さもアピールした。

 QT挑戦は昨年に続き2回目。初挑戦だった去年は、「アマからプロになったばかりで色々気になったし、周りはもちろん自分より経験がある方ばかりだし」と雰囲気に呑まれ、思うようなゴルフが出来なかった。しかし今年は、仲間も増え、経験も積んできた。

 今季チャレンジトーナメント1勝を挙げ、同賞金ランクは11位となった川上優大。しかし翌年のツアー出場権が得られる順位には一つ届かず、さも歯がゆい思いしているかと思いきや「他力本願は好きではないです。自分でやれることをしたい。元々QTに来るつもりだったし」とキッパリ。
今度こそ自分の力で、出場権を掴み取る。

» 前のページに戻る

関連記事

広告