選手写真
  • 湯原 信光

  • Nobumitsu YUHARA

  • 岡藤ホールディングス/東京国際大学

プロフィール

ショット写真

日本を代表するショットメーカー。とくにアイアンショットの切れ味は、右に出るものはないと言われる。グリーンへのパーオン率は、20年守り続けたシード権を失った2000年と翌2001年の2年連続で1位となっていることで証明される。日大時代の79年に『日本アマ』を制し、翌80年秋にプロ入りすると、2年目の81年に『関東オープン』『ジュン』と2勝して、ランキング5位。83年は『フジサンケイ』で3勝目をあげて「どこまで勝ち星を伸ばすか」と注目された。しかし88年春に疲労が抜けない為、診療を受けたら肝炎で生命の危機にさらされ、93年にはスキーで右ひざを痛め、96年ツアー開幕前には右ひじ痛が発生。99年序盤は椎間板ヘルニアで7月まで戦列を離れ、特別保障制度の適用を受けるなど、ケガや疾患に悩まされ通しだった。それでもシード権は守ってきたのだから、精神力の強さは並大抵のものではない。2000年はツアーの選手会長に推され、自分のプレーより選手会運営にも心血を注いだ。こうしたことで92年『ヨネックス広島』以来、優勝から見放されてきたが、2002年夏の『KBC』で桧垣繁正、桑原克典らを押さえて10年ぶりのツアー7勝目を飾った。<2003>

選手名 湯原 信光 (ユハラ ノブミツ)
所属先 岡藤ホールディングス/東京国際大学
生年月日 1957年08月14日
出身地 東京都
身長 173cm
体重 78kg
血液型 O型
出身校 日本大学
趣味 釣り スキューバダイビング
ゴルフ歴 7歳~
スポーツ歴
得意クラブ アイアン
愛車
アマチュア時代の戦歴 1974・1975日本ジュニア 1979日本アマ 1979アジア太平洋アマ (通算27勝)
ツアープレーヤー転向 1980年09月01日
ツアーデビュー戦 1980年--月--日 全日空札幌オープン
QT受験回数 1回
師弟関係 石井 茂
ホームページ http://yuhara32.jp/

広告