選手写真

プロフィール

韓国・忠清南道の天安出身。小学校1年の時、父親に勧められて練習場に通い始めた。父親の教えで腕を上げ、小学生時代からいくつかの大会で優勝している。
 2016年にプロ転向。同年はアジアンツアー下部のADツアーを主戦場とした。17年はアジアンツアーとADツアーでプレー。アジアンツアーでの最高順位は韓国ツアーとの共催競技『Shinhan Donghae Open』の23位だった。18年は韓国下部のチャレンジツアーで2位が2度。同ツアーの賞金ランク10位につけた。
 「実力が優れた選手がたくさんいるツアーで自分の技術と強みを比較分析しながら、欠点を補完し、スキルを磨きたい」と日本ツアー参戦に照準を合わせ、18年のQTでファイナル決勝ラウンドに進出。65位に入ってツアーメンバーの資格を得た。
 セールスポイントはドライバー。17年にはアジアンツアーでドライビングディスタンス311ヤードを記録し、部門3位だった。

選手名 金 燦祐 (キム チャンウ)
所属先 フリー
生年月日 1999年11月10日
出身地 韓国
身長 182cm
体重 103kg
血液型 A型
出身校 天安高校
趣味 音楽鑑賞
ゴルフ歴 7歳~
スポーツ歴
得意クラブ ドライバー
愛車
アマチュア時代の戦歴 2017新韓東海オープン23位、2017インドネシアマスターズ25位
ツアープレーヤー転向 2016年--月--日
ツアーデビュー戦 ----年--月--日
QT受験回数 2回
師弟関係 Mike Bender
ホームページ -

広告