選手写真

プロフィール

タイ・バンコク出身。父親の影響でゴルフを始め、アマチュア時代はナショナルチームに名を連ねていた。
 2009年にプロ転向し、翌年、タイ国内ツアーの『シンハ・オール・タイランド・チャレンジ』で初優勝。母国では計2勝を挙げている。
 アジアンツアーでは12年にS・ガルシア、B・ワトソン、C・シュワーツェルらビッグネームが参戦した『タイランド選手権』で2位と健闘するなどしたが、なかなか優勝には届かなかった。アジアンツアー初優勝は16年の『バンクラデシュオープン』。2日目に単独首位に立つとその座を最後まで守り、通算21アンダーでの快勝だった。同年は『全米オープン』でメジャー初出場も果たしている。
 日本でもアジアとの共同主管競技で時折プレー。16年の『アジアパシフィックダイヤモンドカップ』では3日目まで5位と好位置につけていたが最終日は崩れて21位に終わっている。
 19年に日本のQTで14位に。本格参戦の機会を得た。

選手名 T・チュアヤプラコン (チュアヤプラコン ティティプン)
所属先 SINGHA
生年月日 1992年07月15日
出身地 タイ
身長 166cm
体重 79kg
血液型 B型
出身校 --
趣味 ビリヤード、バイク
ゴルフ歴 7歳~
スポーツ歴 サッカー
得意クラブ
愛車
アマチュア時代の戦歴
ツアープレーヤー転向 ----年--月--日
ツアーデビュー戦 ----年--月--日
QT受験回数 2回
師弟関係
ホームページ -

広告