選手写真

プロフィール

父親の影響でクラブを握り、子供のころは父親に教わっていた。ジュニア時代は大きなタイトルはないが、千葉学芸高校時代の2008年に『関東高校選手権』で2位に入っている。
 高校卒業後は茨城県の取手国際GCで研修生に。20歳の時、2度目の挑戦でプロテストに合格した。当時は縁あって細川和彦に教えてもらうこともあったという。
 15年のQTで自己最高の32位に食い込み、16年はツアー11試合に出場。『セガサミーカップ』の14位が最高成績だった。17、18年はAbemaTVツアーが主戦場。18年はパー5の累計スコアが40アンダーを記録し、部門2位だった。
 18年から星野英正に師事しており、スイング、コースマネジメントからメンタルまであらゆる面で教えを受けている。アンカリングが禁止になってから少なくなった長尺パターを高校時代から現在に至るまで使い続けている。

選手名 北川 祐生 (キタガワ ユウキ)
所属先 取手国際GC
生年月日 1990年12月04日
出身地 東京都
身長 171cm
体重 74kg
血液型 A型
出身校 千葉学芸高等学校
趣味
ゴルフ歴 9歳~
スポーツ歴
得意クラブ アイアン
愛車
アマチュア時代の戦歴
ツアープレーヤー転向 2011年--月--日
ツアーデビュー戦 2013年09月19日 ANAオープン
QT受験回数 6回
師弟関係 北川孝志、細川和彦、米原浩、星野英正
ホームページ -

広告