選手写真

アマチュア時の成績

プロフィール

ショット写真

父親の影響で2歳のころにクラブを握り、やがて横峯さくらプロの父親である良郎氏主宰の「めだかクラブ」に入り、姉で現プロの琴乃さんらとともに腕を磨いた。中学2年時に故郷の鹿児島から隣県宮崎の日章学園に移り、高校卒業まで同校に在籍。高校3年時の2012年には『九州アマ』優勝、『日本アマ』3位などの実績を残し、松山英樹らとともに『世界アマ』の代表に選ばれている。
 同年11月にプロ宣言。14年には『マイナビABCチャンピオンシップ』で初日首位発進を経験した。16年は9月にチャレンジで初優勝。ツアーでも初シードを手にした。18年は自身最終戦最終ホールで外した1mのバーディパットが響いて約63万円差でシード落ち。それでも19年は7月以降出場全試合で予選通過の安定感ですぐに復帰。ラウンドあたりの平均パットは1位だった。
 そして20年、『三井住友VISA太平洋マスターズ』で初優勝。琴乃さんも女子ツアーで優勝歴があり、史上3組目のきょうだい男女ツアー制覇を果たした。

選手名 香妻 陣一朗 (コウヅマ ジンイチロウ)
所属先 フリー
生年月日 1994年07月07日
出身地 鹿児島県
身長 165cm
体重 71kg
血液型 A型
出身校 日章学園高校
趣味 音楽鑑賞
ゴルフ歴 2歳~
スポーツ歴
得意クラブ アプローチ
愛車
アマチュア時代の戦歴 2012年日本アマチュアゴルフ選手権3位 2012年九州アマチュア優勝 2011年全国高等学校ゴルフ選手権2位
ツアープレーヤー転向 2012年11月27日
ツアーデビュー戦 2013年--月--日 つるやオープン
QT受験回数 5回
師弟関係 香妻尚樹
ホームページ -

広告