選手写真

アマチュア時の成績

プロフィール

ショット写真

心臓の手術を受けたことから父親が少しでも元気になってもらいたいとクラブを握らせた。子供のころからベースボールグリップひと筋。沖学園高校1年時の2009年に『全国高校選手権九州大会』で優勝。11年には『九州アマ』を制した。
 12年にプロ転向。本名は源蔵だが登録名は隆光とした。15年まではシードには届かなかったが16年に状況が一変する。7月にチャレンジ初優勝を飾ると、これで出場権を得た『ダンロップ・スリクソン福島オープン』でツアー初優勝までつかみ取ったのだ。翌17年は、『ブリヂストンオープン』、18年は『関西オープン』と3年連続で勝利を挙げ、トッププロの地位を築いた。
 19年は優勝こそなかったが度々上位に顔を出して賞金ランク13位に入った。ただ、『日本プロ』『ANAオープン』『日本シリーズ』と首位で最終日を迎えた試合をモノにできなかったのは惜しまれる。今季は選手会長の重責を担ってプレーする。

選手名 時松 隆光 (トキマツ リュウコウ)
所属先 筑紫ヶ丘GC
生年月日 1993年09月07日
出身地 福岡県
身長 168cm
体重 75kg
血液型 AB型
出身校 沖学園高校
趣味
ゴルフ歴 5歳~
スポーツ歴
得意クラブ
愛車
アマチュア時代の戦歴 2011年九州アマチュアゴルフ選手権 優勝
ツアープレーヤー転向 2012年03月01日
ツアーデビュー戦 2012年10月04日 キヤノンオープン
QT受験回数 4回
師弟関係 篠塚武久
ホームページ -

広告