選手写真

アマチュア時の成績

プロフィール

ショット写真

 賞金王として臨んだ2019年は初戦こそ棄権したが以降は全試合で予選を通過。『ブリヂストンオープン』『ダンロップフェニックス』での優勝を含む16試合でトップ10入りという抜群の安定感で平成、令和と時代をまたいで頂点に立った。2年連続賞金王は史上5人目の偉業。平均ストロークなど多くの部門別データが前年より良化しており、より成長していたことが分かる。
 埼玉栄高校1年時の08年『日本ジュニア』で松山英樹らを抑えて優勝し、翌09年に高校を中退して渡米。IMGゴルフアカデミーで2年間腕を磨いた。米国滞在中には『全米ジュニア』でベスト8に入っている。
 帰国後、11年にプロ転向し、チャレンジ賞金王の資格で出場権をつかんだ15年に初シードを獲得。以降の上昇度は目覚ましく17年の『関西オープン』で初優勝を飾ると18年は1勝ながら賞金王に上り詰めた。19年末時点で世界ランクは31位。東京五輪出場が現実味を帯びてきた。

選手名 今平 周吾 (イマヒラ シュウゴ)
所属先 フリー
生年月日 1992年10月02日
出身地 埼玉県
身長 165cm
体重 66kg
血液型 AB型
出身校 創学舎高等学校
趣味 音楽鑑賞
ゴルフ歴 8歳~
スポーツ歴
得意クラブ SW
愛車
アマチュア時代の戦歴 06・07関東ジュニアゴルフ選手権優勝、08日本ジュニアゴルフ選手権優勝、09全米ジュニアゴルフ選手権ベスト8
ツアープレーヤー転向 2011年12月05日
ツアーデビュー戦 ----年--月--日
QT受験回数 3回
師弟関係
ホームページ -

広告