選手写真

アマチュア時の成績

プロフィール

ショット写真

 2014年のチャレンジ賞金王が4年後にレギュラーツアー賞金王に上り詰めた。優勝は『ブリヂストンオープン』のみだったがトップ10入りが2位に「5差」をつける14試合という抜群の安定感で頂点に立った。1勝での賞金王は76年の青木功以来、2人目のことだ。
 埼玉栄高校1年時の08年『日本ジュニア』で松山英樹との“最終組対決”を制して優勝。翌09年に高校を中退して渡米。フロリダ州のIMGゴルフアカデミーで2年間腕を磨いた。米国滞在中には『全米ジュニア』でベスト8に入っている。
 帰国後、11年にプロ転向。チャレンジ賞金王の資格で出場権をつかんだ15年に初シードを獲得すると16年は未勝利ながらトップ10に8回入って賞金ランク10位と躍進。『全英オープン』で初メジャーも経験した。17年は『関西オープン』で初優勝を飾るなどして獲得賞金が1億円を突破。着実な成長の足跡が平成最後の賞金王につながった。

選手名 今平 周吾 (イマヒラ シュウゴ)
所属先 フリー
生年月日 1992年10月02日
出身地 埼玉県
身長 165cm
体重 65kg
血液型 AB型
出身校 東京国際大学
趣味 音楽鑑賞
ゴルフ歴 9歳~
スポーツ歴
得意クラブ SW
愛車
アマチュア時代の戦歴 06・07関東ジュニアゴルフ選手権優勝、08日本ジュニアゴルフ選手権優勝、09全米ジュニアゴルフ選手権ベスト8
ツアープレーヤー転向 2011年12月05日
ツアーデビュー戦 ----年--月--日
QT受験回数 3回
師弟関係
ホームページ -

広告