選手写真

プロフィール

ゴルフインストラクターの父親の影響で10歳からクラブを握る。名前の徹は父親の師匠である中山徹プロから授かったものだという。中学卒業後に吉村金八プロに弟子入りして2年間修業。2004年、21歳でプロテストに合格した。
 ツアーデビューは所属している玉名CCで開催された2005年の『日本プロ』。4日間戦って32位に入った。同年は『アンダーアーマーKBCオーガスタ』でも予選を通過している。だが、QTで思うような成績を残せず、ツアー出場権をつかめない年が続く。玉名CCでヘッドプロとしての業務をこなしながら推薦出場やローカル大会でプレーしていた。
 17年の『RIZAP KBCオーガスタ』で12年ぶりにツアーでの予選通過を記録。18年は出場2試合ともに決勝ラウンド進出とここに来て上向いている。18年はQTで4年ぶりにファイナル進出。今年はこの機会を生かしたいところだ。

選手名 新留 徹 (ニイドメ トオル)
所属先 玉名CC
生年月日 1983年06月26日
出身地 鹿児島県
身長 172cm
体重 78kg
血液型 B型
出身校 山崎中学校
趣味
ゴルフ歴 10歳~
スポーツ歴 野球、カヌー
得意クラブ ユーティリティ
愛車 レガシー
アマチュア時代の戦歴
ツアープレーヤー転向 2003年04月01日
ツアーデビュー戦 2005年--月--日 日本プロゴルフ選手権
QT受験回数 12回
師弟関係 吉村金八
ホームページ -

広告