• 重信 秀人

  • Hideto SHIGENOBU

  • フリー

プロフィール

1979年、デビュー戦の中四国オープンでいきなりの優勝。そんな重信もプロ17年目の40歳。83年の『マッチプレー選手権』で予想にもあがらなかった重信が次々に難敵を下し、中島常幸と決勝戦の名勝負を見せたこと。さらに86年の『ダンロップ』ではカゼによる発熱で「明日はダウンするかも」といいながら、強風下の最終日に上位のジャンボ尾崎、倉本、マーシュら強豪がスコアを崩す中で、手堅くイーブンパーにまとめて大逆転優勝したことなど、いまや語り草になってしまった。近大を出てプロ入り(79年)、81年からシードの常連に加わり、88年、89年と2シーズンはシード落ちしていたが、90年に返り咲いてからなんとか守り通してきた。しかし94年はその中でも最も苦しいシーズンで、35試合でベスト10入りは3試合だけ。しかも『ポカリスエット』では初日67でトップスタートを切りながら結局6位タイ。『ペプシ』では3日目の66で20位から8差の2位に上がったが、差が大き過ぎて7位タイに甘んじ、秋の『ゴルフダイジェスト』は逆に最終日67を出したものの9位がやっと。平均ストロークも93年の73.11(69位)に比べるとグンと上がって72.52(49位)にはしたが、前年同様に予選落ちが10試合を超えているのではランクアップは望めなかった。93年ツアーの終盤に、国内の高額賞金試合を捨ててまでワールドカップ代表としてフロリダに飛んだ。<1995>

選手名 重信 秀人 (シゲノブ ヒデト)
所属先 フリー
生年月日 1954年12月11日
出身地 大阪府
身長 175cm
体重 78kg
血液型 A型
出身校 大阪府立成城工高校
趣味 釣り
ゴルフ歴 18歳~
スポーツ歴
得意クラブ
愛車
アマチュア時代の戦歴
ツアープレーヤー転向 1979年08月01日
ツアーデビュー戦 ----年--月--日
QT受験回数 -
師弟関係
ホームページ -

広告