OTHER STORIES

ジャパンゴルフツアー選手会が史上初の主催試合を開催(202012月25日発表)

  • photo1

12月25日に行った、2021年JGTOツアートーナメントの日程発表に続いて、ジャパンゴルフツアー選手会が会見を開いた。

選手会長の時松隆光と、同副会長で事務局長の池田勇太が揃って、5月6日ー9日に組み込まれた2021年の新規ツアートーナメント「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP byRICHARD MILLE(ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ バイ リシャール・ミル)」の開催概要を説明した。

史上初となる、ジャパンゴルフツアー選手会の主催試合である。

男子ゴルフを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)も共催として入るが、あくまでも選手たちが主導でスポンサーを探したり、アイディアや夢を持ち寄り作り上げていく、まったく新しい形の大会となる。

「選手会は任意団体ですが、そういう団体が大会を主催するのは珍しいことではないか。これまでにない斬新なトーナメントを目指しています」と、池田。

選手たちの間で最初の構想が生まれたのは、今年の5月ごろだった。
「新型コロナウィルスが蔓延し、緊急事態宣言が出て、世界中が大変なことになりました。試合が次々と中止になる中で、自分たちツアープレーヤーの存在意味を問われた際に、自分たちの職場を自分たちで作るという考えが、選手たちの間で出始めました」(池田)。

その中で、今年は選手会のチャリティ活動でも支援を受けるリシャールミルジャパン株式会社の川﨑圭太・代表取締役社長にも相談。

「自分たちで今までにない試合を作りたい、社会貢献をしながら、男子ゴルフをアピールしていきたいという選手のみなさんの熱意を感じて、ぜひご協力したいなと思った」と、この日の会見にも出席してくださった川﨑社長。

こうして、特別協賛社の獲得からおよそ半年。どうにかこの日、25日の2021年ジャパンゴルフツアー日程発表日に合わせて、開催の公表にこぎつけた。

第1回大会の賞金総額は5000万円(優勝1000万円)。トーナメント開催規程の最下限からのスタートとなるが、池田は「ひとつのトーナメントをいちから作り上げていくことの大変さと、1試合でも試合が増えることが、どれだけありがたいことかを改めて感じています」と、謝意を述べた。

「初めてのことですので、どうなっていくか先行き不安でしかないですが、新しいことに挑戦していくというのはそういうこと。選手みんなで頑張って、とにかく5月の第1回を大成功におさめて、長い期間で続けていければ。みなさまに認めてもらえるトーナメントになればいいなと思います」と、展望を話した。

<大会名称>
JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by RICHARD MILLE
(ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ バイ リシャール・ミル)
<主催>
ジャパンゴルフツアー選手会(JGTPC)
<共催>
一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)
<特別協賛>
リシャールミルジャパン株式会社
<後援>
調整中
<協力>
ホウライ株式会社(西那須野カントリー倶楽部・ホウライカントリー倶楽部) リシャールミルジャパン基金
<開催コース>
調整中
<中継>
調整中
<運営>
株式会社ダンロップスポーツエンタープライズ
<賞金総額>
5,000万円
<優勝賞金>
1,000万円
<優勝副賞>
RICHARD MILLE腕時計
<特別賞>
調整中
<出場人数>
144名(予定)
<競技方法>
72ホールズ・ストロークプレー
※ジャパンゴルフツアー、トーナメント規程及びコロナ特別規程に則る
<開催日程>
5月3日(月)指定練習日
5月4日(火)指定練習日・(プロアマ)
5月5日(水)指定練習日・(プロアマ)
5月6日(木)第1日(予選ラウンド)
5月7日(金)第2日(予選ラウンド)
5月8日(土)第3日(決勝ラウンド)
5月9日(日)最終日(決勝ラウンド)
5月10日(月)予備日
※本大会は72ホールの終了を目指す為、予備日を設けるものとする
※①ジャパンゴルフツアー、トーナメント規程・第10条4項に従い優勝者には「その年と翌年から2年間」出場資格を付与する
※②本大会の上位3位タイまでの者は、2021年6月3日ー6日に開催されるジャパンゴルフツアー最高峰のトーナメント「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」の出場権を付与する。

» 前のページに戻る

関連記事

広告